「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

悩みがあるということ

 

この番組は録画してSHIHOちゃんのとこだけ見たけど、

後半で、華やかにしか見えないSHIHOちゃんにもたくさんのご苦労が

あったのだろうなあ、、、と思い、思わずこちらまでもらい泣きしそう

になった。

https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180712-i245.html

 

いつも彼女を見ていて思うのは、

とても今にまっすぐで、人生を真剣に生きている。

だから時に悩み、心を痛め、涙する。華やかに見える人の裏側には、

並々ならぬ努力と運の強さと素直さがあるのだと思った。

SHIHOちゃんにはハワイがぴったりだ。

彼女は日本にいたら辛いことが多いかも知れない。

 

上手く書けないけど、

悩みがあるということは人生を真剣に生きている証拠だ。

 

 

 

40すぎたら惑わないはずがさらに惑い、

いつもわたしの人生はこれでいいのかと考え続けていた。

他にやらなければならないことがあるんじゃないか、

もっとやりたいことがあるんじゃないか、

そんなことばかり考え続けていた。

 

44歳の今なりに出ている結論は、

「今やりたいことを後先考えずやる」しかないということ。

わたしの場合は先のことばかり考えている時の結果は良くなかった。

ある程度、未来に想像をめぐらすことは大事だけど、

そこに固執している間は何の結果も出なかった。

 

わたしが人生を惑いはじめたのは、結婚(入籍)して2週間経ったころ。

ろくに料理もしたこともない若造が仕事も家のこともで生活が一変して、

心から「しまった」と思った。

 

あれから24年。

その間、心が通っていない気がして正直何度も離婚しようと思ったし、

今も時々ものすごく疲れることがある。

 

たぶん人生が終わる時に、その意味がわかるような気がするんだけど、

わたしは途中で、相手に自分の理想を求めたり期待するのをやめた。

そして自分の人生は自分で追求していこうと決めた。

可愛げも思いやりもない人間だろうけど、そうしないとたぶん、

わたしは今ここに生きていないと思う。

 

自分の人生を追求するのは孤独な作業の繰り返しだ。

わたしはいつも孤独だったけど、やる気に溢れていた。

そして孤独はへなちょこすぎた自分を少し強くもしてくれた。

 

でも時々、

温泉のような懐で何も考えず深い眠りにつきたいと思うこともある。

これはきっとわたしの中にまだ小さく小さくカスカスに残っている女の

部分がそう思わせているのかも知れない。

 

金銭的にもその他も夫の協力なしに今のわたしはないけれど、

今も相変わらず何の結果も出しておらず、怒られてばかりの日もあるけど、

人が遊んでいる時に仕事や勉強したりしてきた今までの自分のことは、

自分の手で褒めてやりたい。よくがんばった。人生あと15年。

でも、もうそろそろ惑い、がんばらなくてもいいんじゃないか。

 

・・・と思っていたら、

なんだか楽しい出会いが次から次に増えてきた。

いったい「がんばる」って何なんだ?

人はただ自分に素直でいればいいのかも知れない。

 

わたしは生きるのがとても不器用で面倒くさいやつだ。

たまにシャボン玉のようにパッと消えてなくなりたくなる。

来世とか120%遠慮したい、生きるのは今世かぎりで十分だから、

限りある時間、やりたいことは素直にやっておこう。

それが多少道を外すことになっても。(元々わたしの前に道はないかw)

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

ぼくちゃん、、、

 

 

こうも暑さと晴れが続くと、野菜や草花がしおれてくるので、

毎朝の水やりが欠かせなくなりました。

 

今朝も海でたくさん泳いだ帰りにおじさんから

「ぼくちゃん元気がいいね〜」とハンナ→ハナオに名前変えるかな?笑

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

かわいこちゃんたち

 

 

にぎやか土曜日。

先日ご近所に引っ越して来られたFさんご夫妻からのいただきもの。

うれしいなー♪またご近所さんが増えました

 

それにしても、お客さんもお友達もわたしの周りはかわいこちゃんだらけ❤

なんで男に生まれなかったんだろう極楽じゃーちこうよれ〜〜

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

網戸の張替えとハンナ

 

 

 

早朝、海で泳いできたハンナと、網戸張り替え中のとうちゃん。

「とうちゃん、ひとりでちゃんとできるかいな?はんなちゃんがおてつだい

せんでいい?」と心配そうに作業を見つめるハンナ😆

チミが手伝うと一瞬で新品の網戸に穴が開くからやめてーーー

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

冷汁

 

 

今日の晩ごはんは、昨日の夏野菜の焼きびたしの残りと、

頂いた茅乃舎の出汁でつくった冷汁、

そろそろ肉を食べないとエネルギー切れを起こしそうなとうちゃんのために

スペアリブのピリ辛紹興酒煮をつくる。

この冷汁は抜群に美味しい!

(今度、茅乃舎さんに行ったら買ってこよう・・・と書いたあと通販サイトを

見たらなんともう完売していた。でもここのお出汁と胡麻と味噌があれば

自分でも同じ味が出せるはず、、、)

今までせっせと鯵に味噌を塗り、焼いてほぐしてきたのが切なくなる、、、

畑にちょうど青紫蘇とみょうが、キュウリもあったのでタイミングが良かった。

夏バテしそうだったけど、食欲も復活してすっかり元どおり。痩せねえ〜〜

 

 

うちのごはん | permalink | - | -

FUKUOKA Tシャツ

 

手前の【FUK】を購入。

WE WEAR OUR CITY が前面、FUKが後の腰あたりにプリントされています。

 

かわいいけど、これ着る勇気は44歳にはないばい

 

一瞬、こじゃれた福岡市役所の人かなと思った

 

または、福大っぽい 

 

 

福岡Tシャツばこうたばい!

 

今日、福重家でラーメンば食べて、そのあと木の葉モールでたまたま見かけた

福岡Tシャツ。ひとめぼれしたバッグプリント【FUK】を即買い!

これ着て空港におったらすぐ「福岡から来た人」ってばれるばい。

福岡県人って、ほんと福岡好きやね。

ちなみにITOSHIMA Tシャツもあったばい!

 

しかし、FUKUOKAは買うけどITOSHIMAだと買わない自分の不思議。

糸島で18年暮らしても移住者のままで地元感は全くないからだと思う。

たぶん、これから先何年住んでも糸島が地元とは言わないし言えない。

 

このシリーズは以前、福岡パルコにあったね。

全国でご当地Tシャツってどれくらいあるんだろう?

ほかの地域のも見てみたい。

 

中洲ジャズのTシャツも、ロゴを大きく使用するという呪縛から離れて、

デザインの自由度を増したら、もっとたくさん売れると思う。

個人的にはデザインコンペとかすればいいのに、と。

福岡とジャズを愛する多くの人たちが参加すると思います。

もちろんわたしも!(いつでも参加できるよう、すでに案は考えている)

 


追記:

帰りに寄った伊都菜彩の中にある伊都物語の直営店で買ったヨーグルト

ソフトクリームがすんごく美味しかった♪

 

 

すきなもの | permalink | - | -

夏野菜の焼きびたし(女おじさんの料理)

 

 

今朝ご近所さんから頂いた茅乃舎のお出汁は「市川團十郎御縁箱」

という歌舞伎仕様の化粧箱入り。成田屋十二代目 市川團十郎丈と、

久原本家四代目当主 河邉哲司氏が食の対談がきっかけで親交が

あるからだそう。外国の方へのプレゼントにも喜ばられそう

・・・と行っても外国の方はお出汁を使う料理をしないか。

でも、和食はユネスコ無形文化遺産に登録されたしね!

 

 

早速、今朝頂いた茅乃舎のお出汁を使って今日の晩ごはん夏野菜の

焼きびたしをつくる最近めずらしくあんまり食欲がなくお肉を欲さない

ので、これに、じゃこと青紫蘇、台湾の麻辣醤のっけの冷ややっこでいいかな。

 

この焼きびたし、食べたあとで気づいたのが、

新しょうがの千切りを入れ忘れた、、、せっかくあったのに。

なんかパンチがないと思った。こげんありますと、わたし。

 

 

じゃこと畑のモロヘイヤをごま油で炒めて、醤油麹と台湾の麻辣醤、

青紫蘇をちらしてできあがり。簡単だけど、なかなかボリューミーだ。

食欲はあんまりなくてもお酒は飲むので、毎晩のごはんはおつまみ

になるものばかりな今日も女おじさん料理。

 

女おじさん料理5ヶ条

 

1)うまい

2)簡単

3)酒に合う

4)洗いもの少ない

5)翌日もOK

 

働くおなごは忙しかとですたい。

(今どきこんなコテコテな博多弁つかう女子はいない。笑)

 

うちのごはん | permalink | - | -

風車モビール

 

 

 

昨日Cちゃんから頂いた手づくりの風車モビール。

さっそく自宅のリビングに飾ったら癒される、、、はずが、

この動画の最後にハンナが巨大なゲップをします。笑

(おやつにスイカを食べたあとだったので)

 

動画はこちら

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

中華風アクアパッツア

 

 

ある日の晩ごはんは、

志摩の四季で2匹400円のオニオコゼの中華風アクアパッツァ。

切込みを入れた表面に岩塩を擦りこんでこんがり焼き目をつけたら、

エノキ、トマト、ニンニク、ピーマンと紹興酒をかけて蒸焼きして完成。

(画像は蒸焼きする直前)

先日ご近所さんから頂いたスダチをたっぷりかけたら懐かしの味❤

 

父が徳島出身で、祖父母は麻植郡美郷村という山中で、養蚕、果物、

お茶、野菜のほかにスダチも栽培していたので、この季節になると

ダンボールいっぱい送ってくれていたのでした。秋刀魚にスダチ、

鯖の塩焼きにスダチ、レモンの代わりにはちみつスダチ、

スダチだらけで育ったのでした

 

 

4月の中旬頃だったか、それくらいからはじめたトレーニングも、

めずらしく続いている。最近はこれにフリーダイバーがやっているらしい

呼吸法もプラスして、ヨガを毎朝45分、夜15分、プラスハンナの散歩。

残念ながら1kg太ったり、1kg痩せたりで、プラマイゼロだけども、

なにより体調がすこぶる良い。あの更年期の辛さはなんだったんだ?と

思うくらい、今すっかり調子がいい。

 

振り返ってみると、やはり自律神経が整ったのだと思われます。

(自律神経が整うと自然に痩せてくるらしい、、いつだ)

 

過去、ゆるいことばかりやっていても全く変わらなかったので、

ある程度負荷をかけないといけないなと思いました。

これって仕事も同じだなあ。

 

そして、いつかのブログに書いた「朝から気分をアゲる方法」は、

今も変わらず続行中。

 

大好きなあの人の曲を嫌いになるくらいめちゃくちゃ聞く。

そして、一緒に歌う。ただこれだけ。

これだけでほんとうに気分がアガる。

アガると日々の作業のパフォーマンスがすこぶる良くなるし、

この方法で、今勉強中の中国語も上達したい。

だけど大好きな人は韓国人、、、困ったな。笑

 

 

うちのごはん | permalink | - | -

G.Bじゃないよ

 

 

形はどう見てもゴキブ◯と一緒だよね😆

でも買うと2000円くらいするのもあるらしい。

捕まえとけばよかった!笑
 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

2日連続で

 

 

2日連続で肉を茹でる。

鶏もも肉は1度茹でこぼし、酒と塩を足して丁寧に茹でる。

そのまま冷ましてしっとりと

安い鶏肉はシンプルな料理にすればするほど臭みが気になるので、

丁寧に下ごしらえしないといけない。

 

ソースは酢、醤油、みりん、紹興酒、にんにく、生姜、長ネギ、

唐辛子、ごま油を煮詰めたもの。ごま油は香りが飛ばないように最後に。

・・・と書いておきながら、長ネギを入れるタイミングが悪くて、

なかなか煮詰まらなかった。料理上手なお友達に聞いてみると、

「最初に炒めるか、最後に生のまま」だそう。今度そうしよう!

 

副菜は畑の空芯菜のニンニクナンプラー炒め。

わが家の食事は、にんにくとナンプラーがあればなんとかなる。

翌日のお昼はこの茹で鶏のスープとほぐした身をナンプラー、トマト、

溶き卵で東南アジア風の雑炊にします。

 

うちのごはん | permalink | - | -

豚肩ロースと気の抜けた炭酸で

 

 

中途半端な量の豚肩ロースブロックと、

これまた中途半端に気の抜けた炭酸があったら、これを作るしかない。

フライパンでできるチャーシュー。

短時間でも炭酸で柔らか、脂も抜けてさっぱり。

一緒に茹でた薄切り生姜と食べると、これまた美味。

ふと思いついたけど、ソースにクローブを何本か入れたらどうだろう?

 

 

うちのごはん | permalink | - | -

リセット

 

 

朝、なぜか急に蜂の巣箱が気になり見に行くと、、全滅していました

スムシにやられて、群ごとどこかへ行ってしまったものと思われます。

残念で仕方ありませんが、このまま蜂たちがいたとしても弱っていくのが

わかっていたので、そうなる前にどこか別の場所に自力で移ってくれて

良かったです。ここで巣箱を一旦リセットし、またいつか蜂たちが入居して

くれるまで、スムシに負けない養蜂家として勉強しなおします。

 

 

同じ時期にWEBも作り直して、この18年間溜めに溜めてきたものを消去。

手持ちの様々なアカウントも本当に使うものだけに絞った。

後ろ髪ひかれるものも多々あったけれど、

どうすればベストな状態になるのかを想像して作業してきた。

自分の技術不足で100%の出来ではないけれど、

いろんな面で今できるベストの状態にはもっていけたと思う。

これもひとつのリセット。それに伴い、店名も

 

「器と暮らしのもの Kurumian」→「CRAFT & ART KURUMIAN」

 

へと変更した。

途中で取材を受けた分に関して、間に合う分は変更していただいた。

意外と、店名の変更が自分に与えた影響は大きい。

アートについては、秋に開催する作品展にご期待いただきたい。

今年のはじめから数珠つなぎのように繋がっている出会いという流れに、

これからも身を任せられるよう常に正直で、自然体でいたい。

 

 

話は変わって、

タイ・チェンライの洞窟の件を見ていて思った。

そもそも雨季に洞窟入るって言い出したの誰やねんと責任を問いたくなるが、

今朝の西日本新聞5面によると、現地でそんなことを言う人は稀らしい。

 

これは、人口の9割が仏教徒というタイらしい考え方らしく、

「許し」「善行」の勧めで、その影響が大きいとのこと。

洞窟の中でコーチが子どもたちをまとめ、体力が消耗しないよう瞑想を

勧めていたとも。

 

日本では宗教というこの2文字だけで怪訝な顔をする人もいるけれど、

人がよりよく生きていくうえで正しい信仰であれば、

これほど人の心とからだを安らかに強くするものはないと思った。

 

そして、助けて欲しい時に「助けて」と周りに言える強さを持つタイ政府も

素晴らしい。そこには人命が最優先であること、やはり根底に仏教がある

からだと思った。

 

なぜ地球に人間という生物がいるのか。

それは個で生きていくことは弱さだと知り、協力・共生して生きていくことを

学ぶためではないかと。

人として健全に生きていくには、人と関わることが強さなのだと思う。

そして、芯から人と関わろうと思えば愛なしでは関われない。

 

わたしもどちらかといえば個を選びがちな人間だから、弱い。

そんな人間が店をやっているのだから、自分でも不思議に思うけど、

これは生涯を通した学びなのだと思う。

 

今、医師が著者であるひきこもりの本を読んでいるのだけど、

根底にあるものは、どんなことも全く同じ。

そこに愛があるかどうかなのだと。

 

貨幣経済主義の中では、お金さえあれば生きていけると思いがちだけど、

そうやって、壊れ傷ついた繊細な人たちもたくさんいる。

お金も必要だけど愛も同じくらい必要。

 

思考は常にフラットで多面的でありたい。

 

 

養蜂はじめました | permalink | - | -

ポツンと一軒家

 

 

毎回欠かさず観ている番組「ポツンと一軒家」。

 

先日紹介された岡山の小さな離島に1世帯だけで暮らす80代と70代の

ご夫婦に釘付けになった。

 

小高い山の頂上に住まわれているから当然不便。

畑や漁でほぼ自給自足だけど、週に一度は舟で買い出しへ。

それを運ぶ作業もひと苦労。

 

生まれも育ちもこの島という80代のご主人は島外に土地も買っていて、

いつ出てもいいとおっしゃっていたけれど、奥様が竹藪に埋もれていた

小さな神社を守るため、ここで暮らし続けるという。

 

竹藪をひとりで開墾し、道を作り、屋根を治す。畑で収穫した野菜や

ご主人が釣ってきた魚を見事な手さばきで調理していく。

奥様はその島に嫁ぐ前は洋裁店に勤めていたので、着る服はなんでも

作れる。年季の入った足踏みミシンをかけている姿の美しいこと!

何よりおふたりともおしゃれ。

 

ブレのない暮らしのスタイルを持つ人はこんなにかっこいいのか。

 

と完全に憧れの眼差しで見続けていた。

人生フルーツのつばたご夫妻も同じ。どこで何をして暮らそうと、

自分のスタイルを持つ人は本当に美しい。

先日の大雨、どうかご無事であられますように。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

小ぶりなカップと台湾茶

 

 

小ぶりなカップは台湾茶が似合う。

先日、5月に台南と高雄で買ってきた台湾茶を飲み終えてしまい、

ちょっと淋しい。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成