「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大島さん?

 

夜中、福山雅治に髪をカットしてもらう夢を見た。

彼のことはファンではないけど、妙に嬉しかったので、女ってやつは、、、

と思っていたら、いい感じのとこで夫がハンナを連れて迎えにきた。

なんと仕上がってないのに帰るハメに

 

夢の中のそのヘアスタイルがすごく気に入っていたので、

実際に朝起きてから自分で切ってみたら、意外とそれなりに出来て驚いた

福山雅治ありがとう。

 

追記:

朝出掛けていた夫が帰宅し、わたしの髪を見てひとこと。

『森三中の大島さん?』

・・・気分はベリーショート時代の榮倉奈々だったんだけど。笑

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

これが理想

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

植えた覚えが全くないのに、

いつの間にか、こんなにでっかい冬瓜がなっていた

これが理想の自給自足スタイル。笑

全ての野菜がそうあってくれたら言うことナス。

 

・・・いかん、この冬瓜に顔描きたくなってきた!

 

我家の菜園だより | permalink | - | -

サーチュイン遺伝子?

 

寒さや空腹など危機的状態のときにサーチュイン遺伝子が発動するように、

なぜか暑い夏や、辛いときほど次々にアイディアが閃いたり、

停滞していたことが急に動き出したりする。

今日は長いこと時間がかかっていたある件の山を越えた。

もうちょっとだ、がんばるぞ。

 

思い起こせば、

子どもの頃、両親の不仲で、家庭はいつも危機的状況だったので、

小学生が常にどうやって生きていくのかを考えていたり、

自分で何でも出来なければならないと思っていた。

 

いつも不機嫌だった母がさらに不機嫌にならないように、

テストで悪い点を取らないように、あれこれ怒られないように、

良い子ちゃんを演じていた気がするけど、

それが自分と妹の身を助けてきたのも事実。

追い詰められるから、危機的状況を知っているから、

何かのスイッチが入って、気づけば、あれこれ出来てしまっていた。

 

ただ、中学生の時に、思いっきり反抗期に入ってしまったので、

良い子ちゃんは簡単に卒業したけれど、

 

今も何かに【安心】なんてしたことないし、

何かあれば自分ひとりで解決しなければならない、

自分の身は自分で守らないといけないと思っている。

夫のことも戸籍上は夫婦だけれど、正直なところ感覚は【他人】だ。

文字にすると淋しいけれど、これは仕方の無いことだと思っている。

 

この豊かで満たされた平成に、

こんな人間はどれくらいいるか分からないけれど、

結局のところ、親の育て方だったと思う。

この年齢で親のせいにするのはどうこう、、、という人がいるけれど、

親から受ける影響は、無意識の部分で、いくつになっても続くのだ。

これは経験した人にしかわからない。

 

だけど、もう今更変わろうとも思っていない。

逆にこういう人間だから、いざという時は自分でも驚くようなパワーと

集中力が出るし、頭も冴え、根拠のない自信も湧いてくる。

 

人生はそんなに長くない。

特にわたしはそんなに長生きしないと思っている。

(遺伝子検査でわたしのテロメアは長いという結果だったけど)

自分の欠点をあれこれ考えたり、ひねくれている暇はない。

同じ努力をするなら、欠点をプラスにする方法を探すほうがいい。

もし力があるのなら、その力の出し惜しみはしない。

 

ひとりごと | permalink | - | -

オバマ元大統領の広島演説

 

自動代替テキストはありません。

 

NHK 高校生からはじめる現代英語8月号、オバマ大統領広島演説が終わった。

分からない単語が多く、文章も格調高くしんどかったけれど、

当時大統領であり、ひとりのアメリカ人、ひとりの心優しき父親であるオバマ氏

の気持ちを垣間見れた気がして、やって良かったと思った。

 

英文中のスラッシュは、スピーチ中のオバマ前大統領のブレスに合わせて

引いたもの。英語は苦手だったけれど、ちょっとずつ読めるようになってきた。

ちょっとでも読めるようになると、苦痛でなくなってくる。

 

英語と中国語はどんなに忙しいときも欠かさずやっているので、自分でも不思議

だなあ、、、と思っていたけど、なぜか、先々必ず使う時が来ると確信している

から。未来のわたしが「なんでやっておかなかったんだ!このばかちんが!」と

怒っている様子さえ目に浮かぶ、、、

 

 

中国語のほうは、このレベルに付いていくのが精一杯!な感じ。

文章を読めても、発音を覚えきれないから、まだ実践では使えない。

やればやるほど、なんでこの語順なんだ?どうしてそうなる?と戸惑うこと

度々、、、。英語も中国語もネイティブの人の国民的性格、特徴を想像しながら

やってるけれど、中国語はわからん。笑

 

努力して覚えるというよりも、わたしの場合「とりあえず頭に入れとけ」という

スタイルなので、そんなに苦痛がないのかも知れない。とりあえず頭に入れて

おけば、後で思い出したり、2度目に見る時に「あーこれ見たことある」と定着

するから。43歳にもなると、1度で覚えようとしてはいけません。笑

 

ひとりごと | permalink | - | -

藍染め染色家の手

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ

 

昨日、わたしの作品に使用する藍染め糸を納品に来てくださった、

同じ糸島の染色家Sさん。この糸を染めたときに染みたのだろうな。

 

画像に含まれている可能性があるもの:靴

 

この藍染め糸はSさんが、糸島市内の畑で自ら育てた綿花を藍染めし、

天然の蜜蝋で蝋引きしてくださいました。正真正銘のメイドイン糸島。

大切に使います。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

阿波蓼藍染和紙

 

自動代替テキストはありません。

 

ご先祖に祈りを込めて。

 

#阿波 #藍染め #和紙 #藍染和紙 #阿波蓼藍染め #県指定無形文化財 

#あわつち#artwork #indigo #awa

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

「わからないもの」から

 

自動代替テキストはありません。

8/18西日本新聞朝刊より

 

これは、フェイクニュース、メディアについての対談だけど

『分からない』を新鮮に思う、かえって考えさせられるというのは

芸術も同じ。

 

分かりやすいものが支持される時代に、

思考を深めることの大切さ、それが何に繋がるのか、

見えている人には見えている。

 

分かりやすいものだけが、世の中を覆ったらどうなるのか。

人は自ら考えなくなり、より強そうなものへ影響されていく。

メディアの担うものと責任は大きいし、芸術家も同じだ。

 

でも、わたしは「わからない」ものへ計り知れない面白みを感じる。

人間の思考は誰からも邪魔されることがない、自由と無限だもの。

 

新聞記事 | permalink | - | -

本=人

 

自動代替テキストはありません。

 

好きな本、得意なジャンルばかり読んでいると、

時々それに外れる本に出合うと受付なくなることがある。

 

時間は貴重だと思っているので、我慢し続けて読む必要はないけれど、

ふと、本=人、人間関係も似ているなと思った。

嫌いな人への免疫力がどんどんなくなっていく。

 

わたしのようにエネルギーが少ない人間は、

効率的、合理的に生きたくなるけれど、

それは自分を取り巻く様々なものを狭めているのかも知れない。

 

実は、その『受付けない本』の中にキラッと光るものがあった!

必要や縁あって、その本を手に取ったんだなあ、、、と、

その時つくづく思った。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

美しき捕食

 

画像に含まれている可能性があるもの:鳥

 

カマキリがいる所へ、なぜか吸い寄せられるようにやってきたアブラゼミ。

カマキリはそれを見逃すはずもなく、一瞬で仕留めた姿は、もはや芸術の域。

ハンナもその様子を息を殺して静かに見つめていました。

 

数時間後。

食事を終えたカマキリのお腹がぽんぽこりん!

食べられたアブラゼミは羽だけを残し、カマキリのお腹の中へ。

これだけ丁寧に食べられたら成仏できる。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

青空シャンプー

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、犬、屋外

 

毎日、海で遊んでどろどろのハンナを青空シャンプー。

シャンプー好きなハンナは、終わるまで置物のように、ジーーッとしてます

終わったら乾かして、耳掃除して終了(ᵔᴥᵔ)

そして、夕方またどろどろになるんだろうなー

 

 

わんこのこと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成