「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

美味しいいただきもの

 

 

 

ご近所さんからの美味しい頂きものいろいろ。

ハンナのおやつから英国王室御用達のものまで。

そして、立派なりんごは、あの木村秋則さんの奇跡のりんご🍎だそう!

 

#美味しい頂きもの #ありがとうございます

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

みつばちおうちえんの長屋まつり

 

 

今日は10時〜15時まで、

ご近所さんの「みつばちおうちえんの長屋まつり」の日でした♫

ちびっこたちがお庭やワークショップでのびのび遊べて、

庭には美味しいお店も並んでいます😊

穏やかな雰囲気で海までもすぐなので、おとなも五感を開放できそう!

 

かれこれ糸島に18年半住んでいますが、やっぱり糸島っていいな❤

おとなも子どももイキイキしていて日々を思いきり表現してる。

糸島はおもしろい。みんな優しく温かい。

それはそれぞれが自分を満たせているからだと思います。

溢れ出るものは周りに還元できる。そして巡る。

そんなまちとひとが大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

今季1杯目

 

 

今朝、今季1杯目!見つけたのはハンナ。

昨年から立派な猟犬ならぬ漁犬になったなあ〜。でかした!

この地域では、巨大イカを獲った人はご近所におすそ分けする風習が

あります。食べてみたい方はどうぞー♪

 

追記:

今回のソデイカは全ておすそ分けしました。

 

追記2:

昨夜お刺身とガーリック炒めにしたら外側コリコリ内側やわらかで

美味でした。大きすぎると身が固くてあんまり美味しくないのですが、

これくらいのサイズまではやわらかで◎

また次回見つけたらおすそ分けしますね。

 

動画はこちら(インスタ)

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

5歳

 

 

昨日はハンナ5歳の推定誕生日❤おめでとう!

夜は妹や妹のお店の女の子たちも来て、みんなでお祝い。

うれしそ〜なハンナでした。

 

 

 

 

 

わんこのこと | permalink | - | -

本当の自分に気づく

 

ちょうど、福岡自己批判のところに、

物事がうまく回るには【自分から何かしらを差し出す】と書いたので続きを。

 

以前このブログにも「わたしはわたしになる」と書きました。

他の誰かではない、わたしになる。

 

巷の自己啓発系本に「誰か目指す人や憧れの人を完コピする」

という件をよく見かけるけど、これはわたしにとって違和感でしかない。

自分でない誰かになってどうするの?それで自分は心から満足するの?

周りにそんな人が2名いるけれど、傍から見ていると苦しそうで仕方ない。

 

違和感があるならやめたらいいのに。

もっと自分らしさを伸ばせばいいのに。

ふたりとも、キラリと光る部分があるのにもったいない。

そこに気づいていないのか、憧れの人がまぶしすぎるのか。

でも、その人はあなたではありません。

あなたにはあなたの光る部分があります。

 

・・・と言いたいけれど言っていない。

これはいつかご自身で気づくことだから。

(経験上、何事も自分で気づくまで試練として何度もやってくる)

 

例えば、接客業など直接的に人と関わる仕事をしている人というのは、

根本的に「人のお世話が好き」な人です。

でも「人からお世話されるのを待っている人」や「人からお世話されたい

人」が、誰かに憧れてその仕事をすると、うまく回るはずがないのです。

 

そもそも、なぜその仕事をしようと思ったのかを掘り下げると、

純粋に「その仕事をしたいから」ではなく、そこには承認欲求が隠れて

いることが多い。憧れの誰かになることで承認されたいという欲求。

 

自分の奥底にある【本当の自分】に気づいてあげて、

そこを伸ばし、真ん中に据えることで本来の輝きを取り戻せるのに。

もっとご自身の奥底を見てあげてほしい。

そこに適性もあり、自分を満たす泉があると思います。

 

憧れの誰かを完コピするのではなくて、

憧れの誰かがやっている習慣を自分の中にも取り入れる。

 

個人的にそれが健全な道だと思います。

 

まわりを見渡してみれば、仕事も人付き合いも(仕事は人付き合い)

うまく回っているひとは、基本的に面倒見が良い人が多い。

いつも自分からなにかを差し出すことで、巡り巡って自分のもとにも、

明るいポジティブなモノやコトが還ってきて、それをまた差し出して、

健全な循環を作り出しているから。

 

きっと恋愛や結婚も同じで、

 

「相手に幸せにして欲しい」とだけ思っているのではなくて、

「一緒に幸せになる。相手も幸せにする」と思っていないと、

経験上、うまく回っていかなかった。

 

いつも「くれくれ」ではなくて「あげる」人になる。

分かち合う人になる。

 

なんとなく、今朝の新聞記事を読んでいて、

福岡人による福岡愛は、ここにあるのではないかと思ったのでした。

 

福岡人は、あげるのが大好き。

みんなで美味しく、みんなで楽しく。

人と街がよりよく、みんなで幸せになることを潜在的に願っている。

そんな県民性のように思います。

(みんながみんなではないけどね。そういう人が多いという話)

 

誰もが褒められたい欲求なんて気にせず本当の自分になれたら、

誰かに依存することもなく、世の中はもっと絶対に良くなる。

誰かから認められることより、自分で自分を認められるほうが

パワーが強いから。これは言い切れます。

自分の良いところに気づいてあげてください。誰にでも必ずあるから。

なんならわたしが当ててみせます。(←長年の商いと人間観察生活で

身に着けた技)だから安心して、自分の良いところを認めて褒めて癒して

あげてください。自分という1本の木ができたら、そこからはじまります。

 

 

森と海 | permalink | - | -

福岡自己批判

 

 

福岡人は自意識が強く単調すぎるらしい。笑

 

わたしは福岡×徳島のハーフ?なので純粋な福岡人ではないけれど、

福岡育ちとしては、地元愛が強すぎるのは認める。

好きなんだから仕方ない。しかし、あえて福岡批判するなら、

 

その1:食にうるさすぎる

その2:文化的なものに疎い

 

大まかにこのふたつだと個人的には思うのだけど、

文化的に疎いのはお祭り好き気質によるものだと思うし、

逆を言えば伸びしろだ。

基本的におおらかで気さく、自己表現好き、裏表なく、面倒見がよく、

姉御肌、親分肌が多いと思う。

 

面倒見が良いというのは、もともと商人の町だったからかも知れないし、

物事が上手く回るには【自分から何かしらを差し出す】ことが根底に

あるので、それが巡り巡って、人を好きになり、街を愛することに繋がる

のだと思った。←この持論ものすごく自信あり!

 

来る者拒まず去る者追わずなのは、

古代から東アジアとの交易が盛んだった土地柄だと思うし、

アジアに行っても旅行した気分にあんまりならないのは気のせいか。笑

 

しかし、一見オープンだけど、その奥に見えない一線を引くところもあるのは

自分のテリトリーを守るからか何なのか、、、。

 

ま、いろいろ言っても、長所も短所もひっくるめて、福岡人は福岡が大好き

なのだ。評論家の皆さん、誰が何と言おうとこれは変わらないからそこんとこ

夜路死苦。笑

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

朝瞑想with dog

 

 

今朝はあまりの気持ちよさに瞑想したくてたまらなくなり、

自宅のウッドデッキに坐ると、ハンナも〜〜♪とうるさい。

案の定ウロウロ歩き回るし瞑想なんてできやしない、、、と思っていたら、

わたしの前にすとんと座ったハンナ。

片手をモフモフの背中に添えながら静かに瞑想しているとウトウト。。

野鳥のさえずりを子守唄に育ってきたもんね。気持ちいいのは一緒だね。

 

それにしても、犬と一緒の瞑想がこんなにも癒されるなんて新たな発見❤️

終わったあとはスッキリ!ひとりでやるより断然心地よさが違う。

それがハンナにも伝わるのか、終始リラックスしていました。

 

今日は12月に2つ開催するワークショップのことや商品の発注、

作品づくりのことなど、いろいろやることがあるのに、スッキリ順序も

タイミングもよくこなせた朝。嬉しいな〜♫

脳を休ませるとひらめきが多くなるって本当だね。

 

瞑想で使っている敷物。

背筋をきちんと伸ばすためには、

もっとしっかりとした厚みのラグがいいです。

 

 

太陽光線って、あたりまえだけど太陽から宇宙を経て届いている。

 

ハンナの瞑想は坐るでなく寝ころびながら。

なかなかの大物ぶりでよろしい。笑

飼い主のリラックスは犬にも伝わる。逆もしかり。

 

庭にはツワブキがあちこちに咲いています。

 

もうすぐ5歳になるハンナ。

この5年間はあっという間だった。

もも&あんじが亡くなってから、もう二度と犬は飼わないとか、

あの子たち以上に愛せる犬はいないとか、いろいろ思っていたけれど、

また犬も飼ったし、あの子たちと全く同じ大きさの愛情を注ぐハンナにも出逢えた❤

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

やきいもDAY

 

 

ハンナのおやつ。とうちゃんの薪焼き芋。

焚き火の音や野鳥の声もホワイトノイズ。

癒しだけでなく自然治癒力も高まるそう。

 

 

焚き火するにはぬくすぎる秋。

合間に半袖で椎茸採りしているおじさんと「おいもくでぇぇ〜〜」と

しつこいハンナ😆

 

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

ジュピター

 

 

店舗が休みの火曜〜木曜日はアトリエ兼工房になるKURUMIANです。

わたしの個展用のフレーム(SMサイズ)を製作中のとうちゃん。

ローズウッドやブラックウォルナットのフレームが出来つつあります。

 

 

title: Jupiter
size: F4 watson239g

拡大と幸運の星「木星」。
12年に1度のおかえり。

 

 

title: 星のはじまり
size: F8 watson239g

今度の個展はこのままだと【あお】ばかりになるのではないかと

心配になってきた。やっと描けた1枚は「星のはじまり」。

わたしたちが還りまたはじまるところ。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

定休日

 

 

本日定休日。

朝から同じ糸島のハナトライフさんにオーダーしていた作品用マット紙を

受取りに行き、朝の海の穏やかさに癒される。

壁のフレームの間に、ひっそりと美しい日本画が飾られていて、

そのたおやかな存在感に目を奪われたわたしは、

石川さんに作家さんをお尋ねすると糸島の方とのこと。

いつかお会いしたいです。いや、ご縁がればきっとお会いできるはず。

 

 

 

ハナトライフを出ると、そのまま早良区西新の画材屋さん東美へ。

一見こじんまりとしつつ画材が所狭しとぎゅうぎゅうに詰まっている

アーティストには宝探し気分な店内。

穏やかな雰囲気でありながらキレッキレのお店のスタッフさんが大好き❤

彼女もアクリル画を描かれるそうで、いつか拝見させて頂きたいです。

 

お昼は西区姪の浜の麻婆にて。

お店の方がいつも注文する担々麺の辛さまで覚えてくださってびっくり!

ここの麻婆豆腐丼を食べると頭がシャンとして元気になる!

これぞ四川の味。って四川に行ったことないけど。笑

 

最近、西新から東に行くことがないなあ。

久々に大濠公園近くの牛亭に行きたいな、、って、そこも西新からすぐやし。笑

 

 

休日の過ごしかた | permalink | - | -

明日は11/8

 

あちこちで言われているように11/8から天体が変わるということで、

自分も周りもよい感じに変化している方多し❤

 

わたしは1月生まれだけど、

第2の誕生日じゃないかと思ったほど変わったのが10/21。

この日を境にわたしの中の何かが急激に変わって、

今何をやるべきなのか瞬時にわかるようになって何も迷わなくなった。

本当に不思議。苦しんだ甲斐?があった。

 

人間のはじまりの元を辿れば宇宙に行き着くわけで、

天体の影響を受けるということも少し想像してみるとそれもそうだなと。

でも、その人が持つ性格、思考の癖、育ってきた環境や今いる環境も

ひとりひとり違うから、みんなが同じ運勢かというとそうではないけれど、

天体はこのような動きを表していますよと教えてくれる。

 

天体なんて嘘くさいと思うか、

ふむふむそんなものもあるのだなと思うかは、自分次第。

 

 

話はそれますが、

今の自分を変えたい、変わりたいと心から思うなら

 

なぜそう思うのか、

それが心底願うことならば、

その方向にある程度ストイックに進まなければ変わらない。

 

たとえば、

健康になりたい、姿勢をよくしたいからヨガをすると思ってはいても、

「ストイックだと思われるのはイヤなので月に1回だけします」

というひとが変わるかというと、変われないのは当然で、

 

本気で変わりたいなら、毎日やる。続ける。

3ヶ月くらい経つと自分で変化に気づいてくる。

これを習慣化させていくことが本当の変化なのだと経験上思います。

 

たとえを語学にすると、もっとわかりやすくて、

月に1回しか勉強しないひとが外国語をマスターするはずがない。

これと同じ。

 

本気で変わりたいなら、理由と継続。

 

月1回でとか、まわりにこう思われるとちょっと、、、などと思う間は、

ほんとうは変わりたいと思っていないか、

変わらないほうが自分にとって都合がいいことがあるか、

潜在的にはどちらかだと思います。

 

それと「変わる」と「決心」したら、

ひらめきが多くなる、解決方法がどんどん分かってくる、

勝手に情報が飛び込んでくる。ということがわたしに連続して起こっていて、

不思議だなあ、、、と思っていたら、

 

ある本にきちんと仕組みが説明されていました。

これを言語化できるということに驚き。

 

簡単に書くと「決心」したことによって原子核が増えることで、

受信・発信しやすくなるのだそうです。

(この2行を読んだだけで本のタイトルが当てられる人はすごい)

 

※は信→振。便宜上、説明が長くなるので信としました。

この辺りは量子力学系の話になるので省略。

ほんとうはこのあたりの話が劇的におもしろくて、

今自分でも実験中なのだけど、これはまちがいなく「ある」話。

 

条件を外した、本能でやりたいことに気がつくと、

必ず物事はその方面に動く。

動かないのは、なにかがおかしい。

 

たとえば、本能的にやりたいことではなくて、

実はそれをすることによって「すごい」と言われたいとか、

注目されるからとか(承認欲求を満たすため)

時期が早すぎるなどが問題かも知れない。

 

 

 

森と海 | permalink | - | -

ホワイトノイズ

 

 

全ての周波数の音の成分が含まれているという森の音(ホワイトノイズ)。

 

赤ちゃんが胎内にいるとき、羊水の音やお母さんの心音がホワイトノイズと

同じ周波数で赤ちゃんは記憶しているのだそう。

だから、赤ちゃんや小さい子たちがうちに来ると泣きやんだりご機嫌に

なるのかな😊

 

今日、店に来てくれた男の子は「ここにおると、めっちゃ落ち着く」と

兄弟でソファーに座ってウトウトしていた。かわいいね❤

 

ホワイトノイズは他にもあって、そよぐ風、小鳥のさえずり、小川の

せせらぎ、波の音、炎のゆらめき、星のまたたき、月の光、呼吸、

意外なものでは手づくりのものも。

 

森とホワイトノイズの動画はこちら(我家のまわりです)

 

 

森と海 | permalink | - | -

暮らしまわりを整えるということ。

 

 

今月はじめ頃、無性に寝室や洋服の片付けをしたくなり、

新しく棚をつくったり、いらないものを処分したり、

普段掃除しない奥まった場所もピカピカにしました。

 

9月の上旬に夏の疲れからか体調がすぐれない日がつづき、

言いようの無い不安感にも教われました。

きっと更年期だからかも知れませんが、

常に100%で動ける年齢ではなくなったのだなと思いました。

 

それが嫌だとか、どうしようなどと言っても仕方がないので、

それを受け入れつつ、その中で出来ることをやっていこうと思ったところに

急に片付け掃除したい病になりました。笑

 

すると不思議なことに、すーーーっと気持ちが落ち着き、

不安や焦りで上っていた「氣」が静かに下りていく感覚が確実にありました。

 

そのとき思い出したのは、30歳からはじめたヨガで聞いたチャクラのこと。

もっとも大切な第1チャクラが不安定になっているのかも知れないと。

そのチャクラを整えるには様々な方法があるそうですが、

中でも「掃除・片付け」が良いそうで、それを知らずにやった時、

身体とはなんと正直なのだろう!と思ったのでした。

それが本当のグラウンディングなのだとも。

 

まずは身近な【暮らしまわりを整える】。

 

情報過多のこの時代、自分の根元をしっかりゆるぎないものへ。

口から入れる食べ物、呼吸、睡眠、身のまわりのもの。

自分にいちばん近いものを整えれば、不安や焦りなく、

きちんと落ち着いて日々を過ごせる。

そんなことに改めて気づいたのでした。

 

 

森と海 | permalink | - | -

夫婦合作

 

ラフなブラックウォルナットを使った夫のフレーム処女作が、

わたしのSMサイズの作品にぴったりだったので、作ってもらうことにしました。

この作品には見る側との隔たりを無くしたくてガラスやアクリルを入れずに

仕上げたいなーと。思うように仕上がればいいな♡

 

 

 

 

 

 

 

店頭でいちばんお問い合わせが多いのがこの作品。

今日はハナトライフさんでマット紙をあれこれオーダー。

色を合わせたい時は実物を見ないとね。

そしてここに来ると必ず一目惚れフレームに出合う♡

いろんな額装の方法もアドバイスしてもらえて頼りになります♪

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

手帳に入れている写真

 

 

前にも書いたことがあるけれど、

やりたいことや好きなこと、フィットすることは、幼い頃の自分が教えてくれる。

 

幼い頃の自分は、誰から言われることなく無意識で行動しているので、

偽りのない本当のわたし。

 

画像は3歳の頃のわたし。

この頃からすでに初めて会う人とも話すのが好きだったし、

今でも人前で話すのが好きで緊張もしない。

画用紙はあっという間に使ってしまって、

チラシの裏に絵や字を描いて(書いて)いたし、

祖父や母がおもちゃ代わりに大量に買ってくれた絵本を日がな一日読み、

父と父方の祖父は山の暮らしを教えてくれた。

これら全てが今の源泉になっている。

 

無意識のうちに選んだことを幼い頃は当たり前にやってきたのに、

年齢を重ねるにつれて、あれこれと条件的な理由を付けて、

本来とは違うものを選んでいく・・・。

 

それを選択したことが苦しくなければいい。

ただ、中には病んでしまうほど苦しむひともいる。

 

そんな時は一度立ち止まって、

内なる自分の声に耳を傾けてみる時間が必要だ。

 

わたしは幼い頃、なにが好きだった?

なにをしている時が、いちばん楽しい?

意識せずとも、思わずやりたいことはなに?

 

答えは全部自分の中にある。

 

 

森と海 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成