「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

DIY

 

 

あちこち同時にガーデンフェンスが痛んできたので、作り替え中

 

3月中旬くらいから親知らず(しかも上下)は強烈に痛くなるわ、

それをかばって反対側の舌を噛んで悶絶するわ、ヨガ中に首は痛めるわ、

首から上限定で次々と不調がてんこもりな春だったけど、

やっと終わった。長かったなあ。どんなに不調でも食欲と飲酒だけはモリモリ!

この1か月で2kg太ってしまった!苦笑

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

ツンツン

 

 

近所のおばちゃんと話しこんでいたとうちゃんに、

振り向いてもらおうと、ずっと手をツンツンしてたハンナ

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

山桜と蜂のなぞ

 

 

蜂の巣箱の間に、山桜の木が。

詳しい方に聞くと蜂は山桜が好きらしい。

昨年までひ弱だったのに、巣箱を置いた途端、すごい勢いで成長し、

今年は花も咲いた。蜂と山桜は会話してるみたいだ。不思議。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

神社跡で

 

 

本日定休日。

1000年前に建立され200年前までここにあった神社跡に、

今朝もハンナと一緒に行ってみた。

 

藪を払った高台に登ってみると、立石崎(海の神様)がきれいに見えた。

わたしが拾ってきた賽銭箱の隣には、ここで出土したという石灯籠の笠が。

 

場が開けたこともあり、

ここにいると時間が穏やかに流れて本当に癒される。

蜂蜜みたいな香りがする黄色い花の木の下でしばし瞑想タイム。

 

ふとGoogleの地図を見てみたら太宰府の方を向いていた。

菅原道真公がこの神社の神様だからかな。ここに梅を植えたくなるね

 

 

ここから出土した石灯籠の笠と、

わたしが以前ここに運んだ浜に流れ着いていたお賽銭箱。

 

以前はダンチクで鬱蒼としていたのに地元の男性たちが綺麗にしてくださって、

こんなに開けました。

 

いつも、この木漏れ日の下で瞑想しています。

 

このほんのりと蜂蜜の匂いがする黄色い花の木は何と言う名前だろう?

どこか菩提樹にも似ている。

 

ハンナもこの場所が大好き。

 

 

神社跡からの帰り道、ご近所さんちの秋田犬くーちゃんと遊ぶ。

ひとり海開きなハンナのそばで、まだ海は怖そうなくーちゃん。

一生懸命ハンナの穴掘りのマネをしていました

今年の夏は一緒に泳ごうね!

 

激しく飛び込み泳ぐハンナに、ボーゼンとしているくーちゃん。

 

ハンナねえちゃんのまねっこが好きなくーちゃん。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

神聖な場所

 

 

いつもハンナと散歩に行く海辺に一ヶ所だけ神聖で、

明らかに空気が違う場所があることに気づき、

それ以来、糸島の神様と勝手に名付けて毎日手を合わせて、

瞑想したり、たまに掃除をしたりしていた。

(ここで瞑想すると、面白いように閃くから習慣になっているほど)

誰かに見られると変な人だと思われるからこっそりと

先日、ちょっと離れた場所に、どこかで盗まれたと思われる賽銭箱が

打ち上げられていたので、ここに運んでおいたのもわたし。

 

今日もハンナとここを散歩していたら、

地元の男性たちが藪を刈っているのを発見!

すぐにお尋ねすると「ここは1000年前から神社があった」とのこと!

200年前に集落の中に移築された生松天神社は元はこの場所にあり、

1000年を機に綺麗にしようという話になったのだそう。

 

しかし、「なんでここが神社って分かったと?」と驚かれたけど、

直感です、、、としか言いようがなかった。肌感覚みたいなもの。

まるで沖縄の御嶽のような神聖な空気が漂っていて、

藪が払われた高台に登ってみると、

ちょうど一直線上に立石崎(海の神様)が見えた。

平安時代から続く生松天神社。この神社の神で書の神様でもあられる

菅原道真公が教えてくださったのかな。

かつてはここで祭祀が行われていたに違いない。

夫と一緒に掃除のお手伝いをして帰りました。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

THINNING 2ndへ

 

 

山を守ることをテーマに丸太池公園で開催中のイベント「THINNING」。

第2回目の今回は朝一番からたくさんの人でにぎわっていました!

 

今年も同じ紙漉思考室さんのブースでばったり会ったチカちゃん一家

偶然にも、その後ろにハナトライフの石川さん一家も写り込んでいる!笑

池のほとりに咲いている桜も満開。

お客さんも出店者さんもあちこちで笑顔いっぱいで、

わたしもおしゃべり&お買物して楽しい朝でした

糸島のお店チームは自分のお店の営業があるので足早に会場を後に

 

山の問題をマーケットやワークショップを通して、楽しく知ってもらうと

いうこのイベント。つくづく良いイベントだと思うし、今後も長く続けて

もらいたいなあ〜と思います❤

 

 

 

 

ノースフェイスさんのブースでは、今年も大人気のワークショップを開催。

 

 

杉の木クラフトさんと、うちのとうちゃんは、

蜂の巣箱の前で蜂談義。

今回のイベントから、養蜂用の巣箱が販売されています。

アクリル窓付きなので中の様子が分かります!1台10000円

 

 

ドライフラワーのスワッグ屋さんも大人気❤

 

 

かわいいブローチ屋さんで、ビオラのブローチを購入❤

 

 

鳥飼に実店舗をオープンしたミドルさん。

 

 

音楽に合わせて大人顔負けのけん玉を披露する少女が登場!

 

 

今日は暑かったので、ロイターマーケットさんも大賑わい♪

わが家もマンゴーのソルベを❤いつもながら、ジューシーで美味しい!

 

 

池のほとりの桜並木を帰ります。

もうハラハラと散り始めていて、なんとも風情がありました。

 

 

 

いろんな和紙を扱ってきたけど、

七山の紙漉思考室さんの和紙がわたしの手には一番馴染んでいます。

今日も新しくプリーツする和紙や、唐津の土を漉き込んだ和紙など、

創作意欲を掻き立てる和紙との出合いがあり購入。

光に透けると水玉模様に見える和紙は、この透け感を生かした何かを作りたいな。

 

 

今日購入したプリーツ用の和紙柔らかな和紙にババジの言葉を書きました。

ババジの言葉は生の本質。子宮の中のイメージしました。

・・が、これをどうやって展示用に仕立てよう、、、この柔らかさを生かしたいけれど。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

草刈り

 

 

 

いつも無農薬の美味しい野菜をくれるご近所さん。
ささやかなお礼に草刈りでお返しそして、またニラをもらっている夫

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

以心伝心

 

 

先日、サーフトリップでインドネシアへ行っていた順子さんから頂いたお土産。

何に驚いたかって、毎日ピーナッツを食べない日がないというほどの

大ピーナッツ党の夫の大好物と、今日本で売ってないから、

今度行く台湾で必ず買ってこようと思っていたタイガーバームの白がある

じゃありませんか花粉症から親知らずまで効きまくるタイガーバームの白。

以心伝心だね!順子さん、ありがとうー!

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

薪取り海へ山へ

 

 

朝、海から帰ってきたハンナ。お天気良くてごきげん

 

 

本日定休日。

同じ集落のおじちゃんにお声を掛けて頂いて近くの山へ薪取りに。

暑くて汗だくここが終わったら第2現場へ!

同じ集落の皆さんがいつも気に掛けてくださるので、本当にありがたいです❤

 

 

車2台半分くらいありました。

久々の薪取り作業で、横腹と腰がギシギシいってます。笑

 

 

わが家の薪取りが終わった頃、

同じ糸島在住の平川家が近所の海にSUPで登場!

 

海の現場は、砂浜と岩場で車が入らないから運ぶのが大変。

体力が乏しいわが家にはムリだ、、と平川家にバトンタッチしたのでした。

しかし、まさかのSUPを運搬に使うとは、さすがサーフショップ経営の平川家

だね大きな薪もスーイスイ!

 

 

 

順子さんと秀峰さんががんばっている間、

ハンナは岩場でコナちゃんに遊んでもらって嬉しそう♪

今日は両家ともビールがうまいぞ!

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

キクラゲ

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、草、屋外、自然

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、木、子供、屋外、自然

 

朽ちて折れた木の枝からキクラゲが出ていたので、枝ごといただく

自生キクラゲは味が濃くてうまし。

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、屋外、自然

 

庭のスモモの花にブンブン音がしていたので、

うちのミツバチだろうな〜♪と見てみたらコバエだった、、、

せっかく植えた菜の花にもいないし、うちのハチはどこに行ってるんだ??

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

お醤油を買いに

 

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

 

いつも生醤油を買いに来る近所の漁港にある北伊醤油さん。

北伊さんとの出合いは、それこそ糸島に越してきてすぐの頃。

ご近所のおばちゃんたちに「北伊さんのお醤油が美味しいよ」と

おすすめいただいて以来のお付き合い。

 

ただ、最初は「生醤油」の存在を知らず、常温のものを使っていました。

もちろんそれも美味しいのだけど、以前当店で開催したお花見遠足で、

こちらの見学会ときき醤油をしてから、生醤油の旨みに驚き、

それ以来ずっと使い続けています。

生醤油は九州特有の甘みがなく、要冷蔵。煮物がプロの味に変わります。

(福岡県人なのに甘い料理がちょっと苦手なわたし、、、)

 

約130年前から使っている杉樽は、

天然のアミノ酸がたっぷり生きているのだそう

今日も6代目と職人さんが黙々と醤油づくりに励んでおられます。

ちなみに、こちらは醤油プリンも美味しい♪

糸島半島にあるお醤油屋さんは、どこも漁港の近く。

昔は船で運んでいたんだろうなぁ。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

脱穀機が嫁ぎました

 

 

先日の唐箕につづき、

足踏み脱穀機は同じ糸島のいとしまシェアハウスさんに嫁ぎました

「これかっこいー!」と試す猟師ちはるさん。

わが家の蜂たちとも遊んでもらって、皆でしばし養蜂談義。

暖かくなると、やりたいこといっぱいでウズウズ!

 

これで、米作りの道具たちはすべてわが家から巣立ちました。

脱穀機も唐箕も9年間大事に綺麗に使ってきたので、

新しい家族のもとで活躍してくれることでしょう。

末永くどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

彼らも養蜂をやっているので、うちの蜂や巣箱に興味津々のご様子。

うちのニホンミツバチはやんちゃ揃いなので、大丈夫かなーと見ていたら、

やっぱり、ちはるさんを取り囲んでブンブン威嚇してました。笑

ただ全く刺されなかったのがすごい!さすが山の野生女子だね!

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

もうすぐ18年

 

 

糸島半島で暮らして、まもなく丸18年。

自分たちの生活の場所を俯瞰してみて、食べるものや使うものをできるだけ

自分たちの手で作りたい、ここを暮らしと仕事のベースにするのだという

25歳の時の選択は間違っていなかったと、つくづく思う。

 

これは、何より徳島の山の中でほぼ自給自足で暮らしていた祖父母の影響を

多大に受けたからだと思う。

母は生前、あんな暮らしは無理だと言っていたけれど、

野菜作りから、家や車、家電の修理まで何でもやっていた父を見ていたし、

徳島のあの暮らしが自分の中の何かにくっきりと跡を残したのだと思う。

(それにしても、良くも悪くも両親から受ける影響は本当に大きいと思う)

 

誰とも競わない、自分のやりたいことや、やるべきことをやりながら、

自然やまわりの人たちと調和して生きていく。

 

44歳の今はそこから波状する新たなことも考えるようにもなった。

しかし、思うようにいかないことも多いし、やりたいこともほんの少しずつしか

出来ていない。それでもおおらか気持ちで受け留められるのは、

この自然のおかげだ。次の18年後は62歳。この大切な年月の間に、

わたしは、わたしたちは何が出来るのだろうか。

 

 

 

この美しい木々と陽の光を見ているだけで、

自然の中で暮らすことを選択して本当によかったと思う。

しかし、人はなぜ、こんなにも「光」に惹かれるのだろう。

 

 

夕方、同じ集落のおばちゃんから

「ブロッコリーと菜の花ば持って帰らんねー」と畑でたくさんいただく

今日は20℃もあって桜が咲きそうな気温。

帰り道、道端に咲いていた椿がキレイでした。春はやっぱり楽しいな♪

 

 

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

ブラックトモカ

 

先日食べてすごく美味しかったイタリア野菜サレントの種を探しに来るも、

どこにもない、、、秋根さんになかったらネットで取り寄せよう。

 

自動代替テキストはありません。

 

ホームセンターでふと目に留まったもの。

一瞬、ブラックトモカかと思ったよ

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

糸島の図書館づくり

 

自動代替テキストはありません。

 

夕方、雨の中、糸島市の図書館づくりに深く関わっておられるSさんが、

2/21-22に開催された利用者懇談会での市民の声をはじめ

数々の資料をお持ちくださいました。

 

わたしはちょうど同日、仕事で大分県竹田市に行っていて

駅近のゲストハウスqueに宿泊した際、偶然にも、Sさんの甥っ子さんも同じ

ゲストハウスに宿泊されていたのでした

 

共通の知人も多く、ご縁がご縁を呼び、わたしなりに得意なことを生かして、

糸島の図書館づくりな関われたらいいなあとあれこれ考えて、

小さな一歩を踏み出したところで

 

あちこちで何度も言っていますが、

 

本は想像力や読解力を養い、

人生を豊かにするだけでなく、

人生を変える力があります

 

そして、図書館はただ本を借りる場所だけではなくて

出会いやコミュニケーションの場であって欲しい。

龍国寺の建仁さんもおっしゃっていましたが、

 

「本来、図書館は楽しいところ」

 

なんですよね。
そして、広義で図書館はまちづくりであり、このまちづくりに参加し、

自分ごとになれば、自分の人生を他人事にしなくなる。

っと毎日が明るく開けてくる。

図書館はその可能性も秘めていることを知っているから、

みなさん熱心に活動しているのだと思います

 

もし、今考えていることが動き出したら、

ご協力を募ることもあるかも知れません。

その際はぜひお力をお貸しください。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

白豚号

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

 

活躍してくれた白豚号のエンジンが突然かからなくなってしまった!

昔懐かし押しがけしてもだめ、下りの坂道でもやってしまったので、

ついには道路に立ち往生してしまうこと一晩、、、。

 

急遽バッテリーを買いに行き、交換しただけで治ってホッと一安心。

車検受けてまだ半年だし、エンジンがやられてなくて良かった

しかし、なぜか雨漏りする車内

米作りは終わっても、まだまだ薪取りに頑張ってもらうよ〜〜

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

もうすぐ10年

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然

 

画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然

 

作ってちょうど1週間経った春のフラワーアレンジ。

つぼみだった花がどんどん咲いて、さらに大きくなったような、、、。

フリージアの匂いは10年前に亡くなった母を思い出す。

今月下旬でちょうど10年。母とはよく喧嘩していたけど、今は感謝ばかり。

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、自然、屋外

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

唐箕が嫁ぎました

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

 

9年間使ったわが家の唐箕が、ご縁あり、昨日、自然農でお米を作って

おられる方の元に嫁ぎました。荷台に載せられて坂道を降りる唐箕の

背中を見送ると、じーんとくるものが・・・。

昭和37年式のこの唐箕も、わが家に来る前に何代の手を渡ってきたのか

は分からないけれど、またこうしてバトンを渡すことができました。

 

自動代替テキストはありません。

 

荷台に乗っていたのは、昭和11年製の先輩唐箕。

怡土村と焼印がありました。

 

自動代替テキストはありません。

 

それにしても、昔の道具は本当に丈夫で長持ち。

構造はよく考えられていて無駄がなく、

自分たちで修理できるようシンプルなつくりになっています。

 

こんな道具を使っていると、

早さ、便利さは到底機械にはかなわないのだけど、

資本主義経済というものを改めて考えるきっかけになります。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

クラブ活動日

 

今朝は当店クラブ活動の日。

同じ糸島在住のチイサイハナヤのチカちゃんに「華やかな春」をテーマに

ワークショップをお願いしました

散歩から帰ってきたハンナは、大好きなみなさんに会えて大喜び❤❤❤

おひとりずつ、もれなくご挨拶中。笑

 

ちかちゃーん、いっしょにあそぼー!

 

前日、ひょんなことからウェディングモデル犬をしてきたハンナは、

カメラを向けられるとキメ顔をするようになりました。笑

 

ハンナははじめましてのUさんのことも大好きみたいで、

ずっとそばを離れませんでした♪

 

おかーちゃーん!と見せかけて、、、、、

 

だいすきなYさんのところにいくんだもんねー!(この嬉しそうな顔)

 

チューしちゃうぞー

 

 

さっそく本題です。

今回は難易度高めということで、花材を見た途端一瞬フリーズ!笑

花材はこのほかに、木蓮や梅、桜、金柑、アイビーベリーなど盛りだくさん!

 

 

燦燦と朝の陽が降り注ぐ中、集中しつつも穏やかで気持ちのよい時間。

 

 

トモカ作。
タイトル: 男の船出

 

今回は和洋の花をふんだんに使って、いけばなのようなフラワーアレンジ。

皆さん女子度が高く美しい中、

なぜかわたしだけ毎度舟盛りのような形になってしまう、、、

チカちゃん曰く「生命力が強い」とのことです

 

 

【男の船出】の場所を変えてみたらしっくり❤️

 

講師のチイサイハナヤのチカちゃんは、

いつもあっと驚く花材や課題を与えてくれる。

自分では選ばない花、名も知らない花もあり、

戸惑いつつ形にしていく時間は、まるで人生のようだ。

自分が好きなこと、得意なことだけをする人生もいいけれど、

あえて未知のものにも触れ、普段使わない部分の脳を使えば、

未知なものにも柔らかく接することがきっと出来るようになるはず

新しい引出しが増えていくこの感じはいくつになっても楽しいな。

 

ワークショップ中の動画はこちら

https://www.instagram.com/p/BfkQwB8ng5X/?taken-by=kurumian_tomoka

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

初つぼみ菜

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

今年初つぼみ菜。

ガーリックとハーブソルトで炒めて、最後に北伊さんの生醤油を少々。

つぼみ菜が大好きなので、2つの畑に種をたくさん蒔きました

苦味のある野菜は毒を出してくれるそうで、

春に陥りがちなもやもやとした不調はこれで解消❤

(確かに昨年つぼみ菜をたくさん食べたら春は珍しく快調でした)

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

頂いたベーコンで2品

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

先週末のお昼は、

ご近所のいとの森の歯科室の院長先生お手製の自家製ベーコンのサンド❤

塩加減といい燻製具合いといい絶品でした!

歯科医院と一緒にぜひともベーコン屋さんもやって頂きたいです

「わーシアワセ、わーシアワセ」を連発しながらのお昼ごはんでした

 

そしてその残り半分はスープに❤

一切の添加物が使われていない自家製ベーコンから滲み出るお出しの

美味しいこと!大きめに切った畑のかぶ、じゃがいも、玉ねぎ、セロリ、

にんにく、キャベツと盛りだくさん♪

味つけは、塩、こしょう、少しの北伊さんの生醤油だけで

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

雪犬

 

 

昨日の朝、雨戸を開けたら真っ白な庭に、きょとん顔のハンナ!

庭に出したら、絶対どろどろになるぞ〜〜と出してみた。笑

 

動画を撮ったものの、このブログにはUPできないようなので、

掲載中の下記のリンクを貼りました。

たった5秒の動画ですが、ハンナらしさが満開です。笑

 

instsagram

www.instagram.com/p/Be1f6imHJ3L/?igref=ogexp&utm_source=fb_www_attr

 

 

庭から帰ってきたら、この格好!!!

雪で遊びすぎて、足が冷たかったみたい。笑

4歳女子、未だ恥じらいなしです。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

「ヒマラヤ巡礼」

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

 

欲しいけど、なかなか手が出ずにいた写真集「ヒマラヤ巡礼」。

今日の西日本新聞朝刊の読書館でお名前を拝見してビックリ!

著者の大矢統士さんは糸島在住 、以前、龍国寺のおとな寺子屋でお会いした

ことがある方で、そこでDVDを購入してました!

それも昨日、今月下旬におとな寺子屋に登壇するタツイシくんに大矢さんの

ことをお話したばかり。。。

 

#ヒマラヤ巡礼 #大矢統士 #ヒマラヤ #Himalaya #Himalayapilgrimage 

#喜马拉雅山朝圣 #喜马拉雅山

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

ブローチ

 

 

近くの海で拾ったフジツボみたいなもの3つ。

お気に入りのカーキのコートの胸元に当てたら、驚くほど似合っていた。

これをなんとかブローチに出来ないものかと思案中。

 

この季節になると、

目の前に書類の山がそびえていて、げんなりする。早く開放されたい。

そして年々益々シンプルに暮らしたいと切に願う。

同じ山は山でもヒマラヤで原始の暮らしをはじめた彼らを羨ましく思う。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

畑にて

 

 

気温1℃にも慣れてきて、ハンナとの散歩から帰ってきたあとは、

先日藁をまいた自宅の畑に薪ストーブの灰をまく。

周りの木々の枝が赤みを増してきて、まるで血が通う血管のよう。

本格的な春を迎える前の、じっくりと力をためるこの季節も好きです。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

尊敬される糸島市?

 

昨日、地元ニュースで糸島市長市議選挙のある候補者が

「周りから尊敬される糸島市に!」

と熱弁を振るっていた。正直そんなことどうでもいい。

なぜなら、その候補者の目線に先に市民がいないからだ。

 

なぜ周りから尊敬されなくちゃいけないの?

市民が心から誇りを持って住める街ならば、評価は自然についてくる。

糸島市って、最近メディアにも頻繁に取り上げられているせいか、

周りからどう見られているのか、すごく意識している気がする。

 

本当の意味での住みよい街にしたいのなら、

浮ついた気分はもうそろそろ終わりにして、

目立つ案件ばかりじゃなく、地味な案件をこなしていくという、

足元を固めないといけない時期に来ていると思う。

 

市民も派手なこと、耳ざわりの良いことに流されず、

しっかりと観察眼を鍛えること。

自分の考えを持つこと。

もの言う、行動する市民になること。

自分たちの小さな力も、大きな力になると信じること。

 

選挙のたびに、毎回やるせない気持ちになる。

このずらっと並ぶ候補者の中に、

真の志を持った政治家は何人いるのだろうか?と。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

竹筒茶をめぐる

 

 

今日、ご近所のTさんが屋久島のヘイさん&アキさんを連れてご来店。

みなさん旅人なので、アジアの話で盛り上がったのだけど、

ヘイさん&アキさんは屋久島に住まいながら、ヒマラヤで村を作っている

途中なのだとか!

 

ちょうど数日前に、偶然目にした記事に、

わたしの母方のDNAグループは「エベレストを南下して中国に渡った」

と知り、地図を見ると、ヒマラヤを舐めるように、

 

ネパール〜ブータン〜ミャンマー〜ベトナム〜中国南部

 

を移動している。

行った事がないにも関わらず気になって仕方ない国々だと彼らに話していたら、

彼らも偶然、その地域に沿って旅をしたとのこと。

 

そして、それらの地域は、土が痩せているせいか発酵食文化が発達していて、

納豆のようなものや、お茶など、独自の方法で発酵させ、

それがとても美味しく、どの国も似通っているとのこと。

 

この話を興味津々で聞いていたら、あちこちを旅している(今日たまたま

糸島に帰ってきている。しかも明日から沖縄)Tさんが、

 

「そういえば、阿波(徳島)に雲南の竹筒茶と似たものがあったよ。

たしか林田さん、お父さんが徳島だったよね?」

 

ぞぞぞ〜〜〜と鳥肌が。笑

店の営業が終わり、家に戻ってすぐに本棚から1冊の本を出すと・・・・・

 

 

あった!!

 

雲南省シーサンパンナの3つの少数民族が作っている竹筒茶。

野生の茶葉を竹筒に入れ、土の中でしばらく発酵させるとのこと。

 

徳島では調査団が雲南省に入り、徳島の阿波晩茶のルーツが

雲南省の竹筒茶ではないかと調査したとのこと。

しかし、なぜ阿波と雲南がつながるのか?という疑問が。

 

以前も書いたとおり、わたしの父方のルーツは阿波忌部で、

彼ら忌部一族は、中国南部から渡来してきたという説がある。

 

大麻、養蚕、織、紙、穀物、船舶(海洋)、建築(神宮)など、

忌部が伝えたものと言われていて、一緒に竹筒茶があっても、

なんら不思議はない。

 

この本(茶葉古道の旅/著:竹田武史)によると、

竹筒茶をつくる雲南の少数民族は、

「原始的な呪術信仰の世界に生きている」そうで、

実は忌部も、かつて天皇に仕え、伊勢神宮をはじめ日本の国家神事を

行ってきた呪術集団といわれている。

(長篠の戦いを描いた屏風には織田軍に彼らの姿も描かれていますが、

背中に六芒星のマークがあるため、忌部のルーツはユダヤという記事を

見かけますが、、、)

 

わたしは、雲南〜阿波の共通点からして、

忌部のルーツは中国南部(雲南)だと思っています。

ちなみに、わたしの祖父や父、叔父さんたちも皆もれなく器用だし、

祖父母の家では、養蚕、農業(雑穀含む)、建築など生業としていた。

ただ、母方も父方もルーツが同じ場所って、、、笑

だからこの地域が気になって仕方ないんだね。自己主張が強い遺伝子だ。

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

ソックスすごいぜ!

 

画像に含まれている可能性があるもの:火、犬

 

昨日も気温1℃の中、ハンナの散歩で近くの海へ。

相変わらず今日もサンダルだけど、靴下は重ねばきしているので全然大丈夫

ソックスすごいぜ!(昆虫すごいぜ!に感化されている)

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

真冬のサンダル

 

画像に含まれている可能性があるもの:海、空、山、犬、屋外、自然、水

 

只今の気温1.6℃。

2年前の−4℃の時よりはマシだと思い、サンダルで来てしまった、、、

すでに足の感覚がない

思わず、今日のブログはAKBの曲にありそうなタイトルを付けてしまった。笑

寒いの大好きハンナ!誰もいない砂浜を掘って掘って掘りまくる〜〜

 

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然、水

 

自動代替テキストはありません。

 

画像に含まれている可能性があるもの:靴

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -

寒波到来

 

先日放送された、さんま&玉緒の夢かなえたろかで、

チアダンが恩師にサンボマスターの生演奏で踊るという夢の企画を見て、

完全に涙腺崩壊しわんわん泣く、もうすぐ44歳のわたし。笑

懲りずに、youtubeで再度見るもまた泣くという、、、

以来、サンボマスターの「できっこないを、やらなくちゃ」が頭の中をぐるぐる

回っとります。これほど元気でる曲ないなあ〜!

 

画像に含まれている可能性があるもの:犬

 

今日は福岡にも寒波到来。

雪と風がビュービューの外を見て、

「おそとであそびたいなー」と退屈そうなハンナ。

(今日もちゃんとお散歩行ってるんですが、、、)

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、植物、屋外

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、木、屋外、自然

 

雪風の中、ガタン!と音がしたかと思ったら、

蜂の巣箱があらわな姿に、、、

しかし、蜂が入居しているのは左の巣箱だけ。

ホッと胸をなでおろしつつ、修理に向かう夫。

 

わが家のニホンミツバチたちは、

冬の間もお天気で暖かい日は、せっせと蜜を探しに行っています。

今日みたいな日は、巣箱の中で寄せ合いじーっとしているそうですが、

先日、夫がのぞいて見ると、大群に威嚇されたとのこと。

今年もなかなかたくましい猛者揃いでよい。笑

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成