「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

甘酒をつかって2品

 

 

先週の金曜日のごはん。

金曜日はカレーの日、、ってウチは自衛隊かっっとツッコミを入れつつ、

カレーの壺ヘビーユーザーです。

(我家はミディアムとスパイシーを半々入れてます♡)

 

大好物てんぶらのひらお風(もはや原型なし)もやしの酸っぱいのも込みで

20分で調理終了\(^o^)/

もやしの酸っぱいのも、甘みはまたも甘酒を使ってみる。

酵素を壊さないように火を止めてから。量は適当です^^

出来上がりを30分以上馴染ませることと、すりゴマと出汁が味のポイント♡

 

 

そしてこちらは、隣の畑のおばちゃんから頂いたカブを、

ヘンプシードオイルと甘酒、醤油、柚子(皮も刻んで)マリネに♡

 

こちらもしばらく馴染ませると、

やわらかな甘みと旨みがしっかり感じられるので、

お正月の料理も甘酒を使う予定です♪

 

 

うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

もやしを使って

 

 

野菜が高い時の最強助っ人もやし♡昨夜の晩ごはんは、

福岡のソウルフード「てんぷらのひらお」風もやしの旨酸っぱいナムルと、

ゴマサバのカレー味から揚げと、お味噌汁とごはん。

 

てんぷらのひらお風旨すっぱいナムルは、お出汁にホタテを使ったり、

酢ではなく柚子のしぼり汁を使ったりして、

本家のそれとはちょっと違い、かなりアレンジしています、、、。

あつあつより、しばらく寝かしせて味が馴染んだ頃が最高♡

もやし1袋では足りないので、次回は2袋で!ニラも入れてみよう。

胡麻の代わりにヘンプシードでも♪

 

うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

常備菜part3

 


昨晩のメニューは夏野菜の焼きびたし♡どーんと2日分。
先週の火曜日に買物に行って、6日分できた\(^o^)/
千切りの新しょうがをたっぷり入れて、体内にこもりがちな湿を発散。




そして、またスモークしちゃうの〜ラララ〜♪
先週の火曜日に魅惑のAコープ志摩で、
脂身の少ない糸島豚のバラブロックを見つけてしまい、
岩塩で仕込んでおいたものを水にさらして塩分を抜き、
風乾させ、政岡さんのスモーク土鍋でつくりました。
もう、うますぎる・・・♡

こんなにスモークするのは我家くらいだろうと思っていたら、
先日スモーク土鍋をご購入くださったご近所さんは、
なんと、1日に4回スモークしたとのこと!ま、負けた・・・(笑)


うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

酵素蜜を使って

 


いつもお世話になっているご近所さんから、
『酵素蜜』をいただいたので、
酵素だけに加熱するより生がいいよね?と、
常備菜に使ってみました。
甘みがマイルドで、和えものにぴったり!
アミノ酸も豊富だそうで、ダイエットにも良さそうです♡



昨日、田植えをサボらせてもらったので、
代わりに買物をがんばり(笑)
一番田舎(物産所)〜志摩の四季(物産所)〜イオン〜Aコープ志摩を周って、
4〜5日分買い込んできました。

Aコープ志摩で、脂身のすくない糸島豚のバラブロックを見つけてしまい、
またもスモーク用に購入♡
大好物の豚なんこつは、根菜や、一番田舎で見つけた干しタケノコなどで煮物に。

常備菜は、高野豆腐は毎度味がバシッと決まらないなあ。。。
うちの母はすごく上手だったのに。元気な時に教わっておくんだった。



うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

常備菜

 
福岡県人だけど、ホークス応援してるけど、
日ハムの陽選手に♡♡♡
実際に行った時も思ったけど台湾は長身のイケメン多いなー
台北市内で谷原章介そっくりな男子も見かけたし。
(昨夜のホークス選手による、日ハム稲葉選手の胴上げに感動!)

最近、夜ごはんを手抜きしたくて、
ノッている時に、作りおきしています。
40過ぎると、いつもノッていられるわけじゃないと悟る今日この頃




これは、わたしが大好きでよく作りおきしている根菜の炒め煮。
義母から「蓮根は冷凍するといろいろ使いやすい」と習って、
もっぱら冷凍派に。下湯でいらずで、あれこれ展開できて便利です♡

今、糸島の産直所には、これまた大好きな新生姜がいっぱい!
豚足みたいなでっかい新生姜がごろごろ入って200円。
蓮根、にんじん、油揚げ、うちの干し椎茸、新生姜を炒めて、
椎茸の戻し汁、酒、醤油、みりん、酢で味付け。
北伊さんの生醤油と桐酢があれば、なんでも美味しくできます♪




これは、お粥の具にしようと作った味たまご。
高山なおみさんのレシピをベースに、
紹興酒、きび砂糖、オイスターソース、ナンプラー、唐辛子で味付け。
ほんとうはしばらく置いたほうが味が染み込むのに、
昨日できたてを食べてしまった。
常備菜の意味なし。



野生の犬が出ている番組に釘付けのハンナ。
時々、テレビの後ろに彼らがいると思って、のぞいてみる(笑)
11ヶ月で体も大きくなったけど、まだまだちびっこだねー

うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

トモニのキムチ

 
今日は、2年ぶりに自家製キムチを仕込みました。
オモニ(お母さん)のキムチならぬ、トモニのキムチです。
レシピは、いつもと同じ、間違いなく美味しくできる、
ジョン・キョンファさんのものをちょっぴりアレンジしました。



今年は、畑の白菜が上手く育たなかったので、無農薬のキムチを探して買ってきました。
漬ける量は1kg。洗って、ざくざく切ったら、4%のミネラルたっぷりの岩塩にまぶして、
重石を載せて(土鍋!)しんなりさせること3時間。よく水気をきっておきます。



りんご(半分)、にんにく(4かけ)、しょうが(少々)のすりおろし、
アミの塩辛(小さじ2)、お湯(小さじ4)、イカの塩辛100g、青ネギ、
韓国産唐辛子(大さじ10)、そして・・・



今年は新たに、滋養強壮効果があり、体や皮膚・髪を潤すと言われている
松の実(←大好き)と、自家製のゆず&しょうがの蜂蜜漬けを刻んで入れました。
これが大正解の味に五味が揃っているからかな。



できあがったキムチヤンニョムと、水切りした白菜を混ぜ合わせて完成!
しばらく常温に置いてから、冷蔵庫に入れて保存します。
キムチは、体を温めてくれる上に乳酸菌たっぷりなので、
お腹にもやさしく、免疫力もUPしてくれて、風邪予防にもよいそう。

今年のキムチは、できあがってすぐ食べても美味しい
味見のつもりが、ごはんと一緒に食べだすと止まらない〜
この調子だとすぐなくなってしまいそうです。


うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

干し野菜(えのき編)

 

 実店舗の企画展が終わって、ほっとひと息。
 今日は、てくてく堂のみどりさんが来てくださって、
 お客様と一緒に楽しい1日でしたDocomo80
 みどりさんからお土産に頂いた「屋根に花壇のあるお店」の
 ピタパンサンドがすんごく美味しくて感動でしたkyu

 我家の畑の唐辛子はものすごい出来ようです。
 冬はキムチをいっぱい漬けるぞー
 そして、干し野菜の新作(?)は、えのき。
 久留米の空豆さんのえのき星も美味しかったし、
 夫の実家でも作っているそうで、
 とっても楽しみな干しえのき。
 最近ではダイエットにも良いのだそう!

うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

自家製みそを使って


 ある日の晩ごはん用に、志摩の四季で買った
 朝獲れの船越湾産サワラを西京焼き風に
 我家の自家製味噌と酒、みりん、
 ちょっぴりオイスターソースを混ぜて、
 サワラに漬け込みました。
 半日だと、ちょっとトゲがある味ですが、
 ひと晩寝かせると、とろりまろやかで
 本当に美味しくなりますDocomo80おつまみにも◎
 一尾500円で2日分。
 オトク感もいっぱいですあひょうパンダ

 ちなみに、今日の晩ごはんは、
 里芋と鶏と厚揚げの煮物、ブリカマの塩焼き。
 たんぱく質取りすぎかなー


うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

味噌づくりと畑のサラダ

毎年3〜4回行っている、我家の自家製味噌づくり。
10月の味噌づくりは、新しく購入した「ミンサー」で大豆をつぶしました。




茹で上がった大豆を容器に入れたら、ハンドルをぐるぐる回すだけ。
あっという間に大豆ミンチのできあがり!
ただ、この器具がとっても洗いにくいです...あせすぐ錆びるし。




今日の夕方、畑で野菜を採ってきてサラダに。
最近、オクラを斜めにスライスして生で食べるのがお気に入りです。




サラダほうれん草やルッコラは、
種を植えて、2〜3週間でこの大きさに育ちます。
時間差で植えると、次から次に食べられて嬉しいDocomo80
大好きなシャキシャキオクラを、1年中食べられる方法ないかなー




夫は、稲刈り前に、
かけ干し用の土台(稲架‘はざ’というらしい)づくり。
米づくりは、あれこれとやることがいっぱいです。




そんな多忙なとーちゃんの様子はつゆ知らず。
あんじは、日なたぼっこでzzz〜。




ももは、梨を目で食べそうな勢いDocomo_kao17
最近、ごはんの時間がちょっとでも遅れると、
「あの〜ごはんまだー?」と催促してくるもも&あんじ。
秋はみんな食欲旺盛です。


うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

里芋を使って

「足るを知るって大事だよね」とか言いながら、
わたしの頭は「あれしたい」「これしたい」と欲だらけ。
言い訳になるかも知れないけど、「欲」ってある意味、
生きる力になっているなと思うことがあります。




 今日の晩ごはんは、

 ・里芋と厚揚げと鶏のごま味噌煮
 ・ごぼうとセロリ、
  クレソン、新たまねぎのサラダ
 ・ヤーコンとにんじんのきんぴら
 ・ふのりとアオサなど具だくさん味噌汁
 ・ごはん、アオサ入り納豆


 です。
 昨夜、テレビ朝日の「お試しかっ!」で、
 エハラマサヨシが山崎まさよしの「セロリ」を
 何回も歌っていて(これがまた超うまい)
 今日、無意識にセロリを買ってしまった。
 明日は牛肉と炒め物にしよう...。





うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

今日の晩ごはん

真央ちゃんは残念だったけど、
元陸上選手のわたしから見て(・・・といっても三流だけど)
筋力も、脚力も、柔軟性も、ジャンプ力も、真央ちゃんが上だと思いました。
スケートのことはよく分からないけど、客観的に見て
演技のひとつひとつもメリハリがあって、しなやかで、誰よりも美しかった。
ただ、メンタル面はキム・ヨナの方が強かったのかも知れない...。
彼女は15歳の時からカナダ在住で、英語のトレーニングや、
内気な性格を変えるべく、どんどん表舞台に出したそうで、
このオリンピックに全て賭けて、照準を合わせてきたのだろうな。

真央ちゃんを思うと切なくて悲しくて、
だけど感動もして、インタビューを見てもらい泣きしてしまう。
「キム・ヨナは韓国の妹」というキャッチフレーズがついているらしいけど、
真央ちゃんだってそうだ。妹のようにかわいくて、ひとりリンクで戦う姿に、
何かしてあげられないのだろうかと本気で思うほどだった。

「負ける」ということはどういうことなのか、久々に全身で感じた1日だった。
負けは悔しい。だけど、新しいモチベーションになるし強くなる。
こういう感情は、最近の日本人に欠けていたことなのかも知れない。
それに、勝ったときよりも学ぶことは多いと思う。

勝敗はともあれ、切磋琢磨できるライバルがいるっていいな。ということも、
今回の戦いを見ていて思いました。感動をありがとうハート








 今日の晩ごはんは、かぼちゃの
 そぼろあんかけ、蓮根・ごぼう・
 春菊・かつお菜の白和え、
 菊芋のきんぴらです。

蓮根とごぼう煮は先日仕込んだ常備菜。
やや濃いめに味付けしたので、和え物や混ぜごはんにしました。
菊芋は、ちょっと前に亜樹さんから頂いてその美味しさに目覚め、
伊都安蔵里に買いに行くも売り切れ...だったところ、
今日、お隣さんから偶然お土産にいただきましたDocomo80
シャキシャキの歯ざわりと、ごぼうとじゃが芋を足したような味が大好きです。
ぜひうちでも植えたいのだけど、3m以上に育つらしく、
土の養分を吸い取ってしまうそう...。ん〜〜どうしよう。




うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

自家製キムチづくり2010





 毎年やっぱり作りたくなる自家製キムチ。
 今年は、韓国唐辛子&白菜も、
 我家で育ったものを使って、作りました。

 白菜1kg・塩大さじ5・いか塩辛100g
 アミ塩辛小さじ1・ぬるま湯大2〜3
 (アミをぬるま湯にひたしておく)
 りんご小1個・にんにく2〜3片・生姜小さじ2
 (↑すりおろす)・砂糖または蜂蜜小さじ2
 青ねぎ2〜3本・粉唐辛子大さじ10
 
 ジョン・キョンファさんのレシピを
 少しだけアレンジしました。


白菜を適当に切って塩をまぶし、
重しをのせて2〜3時間しんなりさせます。
水を切って、混ぜたキムチヤンニョムに和えるだけでできあがりDocomo80
ただ、我家で育った韓国唐辛子は、本場のものより辛〜〜い!!!
たぶん土と気候が違うからなんだろうな...。






うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

あまから保存食

今日は夕方から、晩ごはんを作りながら年末年始の保存食づくり。


 今年もキムチを漬けました。
 塩にまぶした白菜は重しをのせるのですが、
 なぜか我家はル・クルーゼの鍋で。
 例年お世話になっていた最寄のサニーには 
 今年は韓国産唐辛子&アミの塩漬けがなくて
 困り果てていたら、お隣さんが
 韓国唐辛子を2種類買ってきてくれました!
 アミとイカの塩辛は、イオンにちょうどよい
 サイズがあってホッラブキムチのレシピはこちら↓
 ひとり暮らしの息子へ―元気のでる韓国レシピ




ほかには、これもお隣さんからいただいた
無農薬の柚子でジャムを、
卵はオハコの味たまごに。
柚子は斬新な皮の剥き方&果汁のしぼり
方を偶然思いついたので、超らくちん!
ヨーグルトやパンに混ぜ込んで焼いたり
韓国風・柚子茶にします。




 今日の晩ごはんは、ブリのカマ焼きと
 うーらのオーガニックレシピ手帖
 に載っていた「春キャベツと豆腐の磯蒸し炒め」に
 肉好き夫の無言の抗議がこわくて(笑)
 つくったばかりの味たまごをトッピング。
 うーらさんの野菜たっぷりの料理は、
 シンプルで、かつとっても美味しい!
 料理のセンスがすごく良い方なんだろうな〜と
 勝手に想像したりしてます。


これから31日まで、正月用の料理づくりに忙しくなりそう。
台所が住まいのごとく立っていそうな年末です。



追記;

 今日、イオンの福銀が行列だったので、
 誰も並んでいないイオン銀行を使ってみたら、
 50円特別クーポン券がでてきました!
 しかも「じゃんけんに買ったらプラス20円」で
 闘志に火がつき、早速チャレンジするも負ける(笑)。
 これで完全にテンションが上がってしまい、
 なんと、引き出したお金を忘れて、
 そのまま立ち去ってしまいましたびっくり
 すぐに気づいたので良かったけれど、
 ゲーセン感覚のATMに、つい我を忘れてしまいました。
 こんなあたし、来月35になりや〜す猫2
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

昔ながらの製法で

どうでもいい話ですが、夏のせいか、
最近やたら目にする「アンチエイジング」という見出し。
エイジングは、別になんら恥じることも嫌がることもないぞ?
「アンチ」とか言うから「女は若さ」みたいな風潮になっちゃう。
わたしたちは堂々と年を重ねていきましょうぞ。




 今日はごはんの話がしたかったのだった。
 先日、大量に無農薬のナスをいただいたので、
 4本分もマリネにしました。
 昨夜は、うちの茹でオクラと、
 スライスしたトマトと和えて、
 おかかをたっぷり散らしてサラダ風に。
 後ろにちょこっと見ていている茶色の瓶は、
 菜の花の種を昔ながらの製法で絞って、
 和紙で漉したグリーンコープの菜たね油。
 なつかし〜い香りがして、美味しいですラブ



久々に、密かに存在しているブログ「薬膳ごはん練習帳」にも書きましたが、
いつも拝見し、保存しているメールマガジン
「心と体の相談薬剤師、りえぴょんの治癒力アップ養生法」から、
ココロにぐっと響いた文章を、こちらにも掲載します。


私達は、動物や植物の命をいただいて、
それを取り込んで生きています。
旬の食べ物を味わい、目で見て、香りをかぎ、舌で味わい、
人間らしい情緒や生きるエネルギーを作ってゆくのです。



わかっていたつもりのことも、
こうやって、改めて文章として読むと、
胸に鐘が鳴るように、響き渡るから不思議です。




お知らせ:
-------------------------------------------------------------------------
すっかり告知が遅くなりましたが(スミマセン〜)
8/31(日)朝10時から、志摩町初の「ふれあい」にて、
ヨガレッスン、チャリティーバザー、ライブ、フラ・ワークショップなど、
もりだくさんのイベント「カルマヨガ・チャリティーイベント」が
開催されるそうです!参加費は1500円、キッズスペースもあり。
詳しくは、こちらからご覧ください。

海辺YOGA-STUDIO LOTUS
http://yogalotus.jp/lotus/

うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

夜更けにひっそり


 夜更けのうす暗〜い台所にて。
 淋しくひっそりと、干し椎茸を千切り中。
 最近、ときどき寝坊してしまうので、
 翌朝のごはんを前の晩から準備中。
 何を作っているかと言うと、これまた地味な
 「ごぼうと椎茸のきんぴら」です。
 昆布と干し椎茸でしっかり出汁をとって
 珍しく濃い目に味付けをしました。
 それは翌日の夜、別の一品に変身させるためです。
 晩ごはんには、高山なおみさんのレシピを思い出して
 白和えにしました。 


 いつものように、水切りした木綿豆腐は、
 すり鉢でなめらかにはせず、細かくつぶす程度に。
 濃い目に味付けしたつもりが、
 思ったより薄かったので(味見するのわすれた)
 練り白ごま、藻塩、醤油を足しました。
 唐辛子入りでちょっとピリ辛です。いつも思うのは、
 白和えの味って、なぜかホッとするので、
 忙しい日こそカラダが欲する気がします。

 先日仕込んだ味噌は、半分を夫の実家へ。
 そしてまたいつものように、煮しめ&おはぎと交換。
 

 夫の母は現在70歳ですが、今も佐賀市内にある
 店の惣菜コーナーを任されています。
 いつだったか、とても楽しそうに仕事をしている姿を
 こっそりと(笑)店の隅から見たことがあり、
 お昼すぎには、ほとんどの惣菜が売れていたので、
 この味を毎日楽しみにしてくださっている方が
 他にもたくさんいるのかなあ、と嬉しくなりました。
 義母はどう思っているのか分からないけれど、
 元気が続くかぎり、ずっと現役でいて欲しいと
 思う嫁なのであります。
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

食欲みそ

こうも暑いと、キッチンに立つのがおっくうというより、
毎日のごはんを考えるところまで頭が回らない日々。
夏好きのわたしも、今年は波も全然ないし、
遊んでないしで、ちょっとしんどい今日この頃です。

せめて料理だけでも楽したいと、
トモカライブラリーの料理コーナーにある本をひっぱり出し
あれこれ見ていると、高山なおみさんの本に「食欲みそ」がありました。
葉しょうがも、みょうがもないけれど、とりあえず家にある
にんにく&しょうが&青しそ&長ねぎ、味噌&酒&みりんで作ってみたら
いろいろ使えて便利な、名前の通り食欲そそるお味噌ができました。



ある日は、すりこぎで叩いたキュウリに添えて
ある日は、ゆで鶏につけて(ゆで汁は翌朝、鶏雑炊にしました)

ゆで豚でも、おにぎりに入れても美味しそう!ビールもすすみます。
ただ、美味しいからとつけすぎると、後でやたら喉が渇くので要注意(苦笑)

これは昔から感じていた疑問。
キュウリって、包丁でキレイに切ったものより、
叩いたほうが美味しく感じるのはなぜだろう?
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

夏野菜たっぷり

いつもなら揚げるところを、正直しんどいという理由で
多めのオリーブオイルで焼いて、マリネ(玄米酢、醤油、煮きりみりん)液に浸した
かぼちゃやズッキーニなど夏野菜たっぷりのおかず。
揚げたときよりさっぱりで、いくらでも食べられそう!
筋なしいんげんは甘くておいしい。
多めに作っておいたので、常備菜として明日もラブ

 

明日朝の分として焼いたパンは、久々のプレーン。
クリームチーズやチョコチップも好きだけど、
シンプルなパンは、ホシノ酵母の香ばしさをたっぷり味わえて大好きです。
濃いめに入れたミルクティーと一緒に。
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

白菜があまったら

今、糸島で白菜をまるまる1玉買うと80円。
例年になく安いので、頻繁に買ってはキムチにしたり、
お鍋に入れたり、豚バラをはさんでみたり...。
それでもあまっちゃう時は、かぶや人参と一緒に塩もみしといて
千切りした生姜、酢と砂糖、ごま油で和風のマリネに。
盛り付けたら、ブラックペッパーを効かせるのがお気に入り。



とりたてて書くほどのメニューではないけれど、
我家の場合、これで3日くらいは「あと1品」に悩まされずに済みます(笑)



今朝、犬のごはんを作りながら、たかきびを炊いてみました。
プチッとしてクセがないので、何にでも使えそう!
蒸らしたあと、犬のごはんにも入れてみたらペロっと食べていました。
ドッグフードをやめて、手づくりごはんを始めた当初から
雑穀は入れてきたので、何の抵抗もないらしい。

本によると、小分けにして冷凍しておけば
思い立ったときに使えてラクチンだそうな。ちょっとずつ使ってみます。



補足:
たかきびは、食物繊維・ミネラル・ポリフェノール・ルチンなどが豊富だそうで、
ミネラル(マグネシウム)の吸収をよくするためには、
鉄分を多く含む小豆と組み合わせるといいそうです。
「かぼちゃのそぼろあん」のように、たかきび&小豆を使っても面白そうだし、
玄米餅とぜんざいにすると、フツーに美味しそう!
また、ルチンは毛細血管を丈夫にして血流を良くする働きもあるそうなので、
血流悪すぎのわたしこそ、積極的に食べたい食材です。
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

今年も漬けます

今日は事務仕事日。ぼちぼちやっています。

冬も本番になり昨年同様、キムチづくりに励んでおります。
夕方、畑からカブをぬいてきて、めんたいベースのヤンニョムをつくり
カブのキムチを漬けました。



昨夜のごはん。
昨年末、イオンに移転した志摩の四季で
50〜60cmくらいあるサワラ(¥450)を買いました。
半分は照り焼きに、そのまた半分は味噌&みりん&醤油&砂糖に漬けて
2日後、焦げやすいのでじんわり焼いていただきました。
「簡単下ごしらえ→焼いただけ」とは思えない上品なお味。
真冬のサワラは絶品。
しかもこのお値段で2日分のごはんができてしまった。
主婦としてウレシサこの上なしです(笑)

近日中に、
今度は正統派・白菜キムチをしこたま漬ける予定。
しばらく吐息がにんにく臭い林田家に要注意たらーっ



追記:
昨年と重複になりますが、
キムチのレシピはこちらを参考にしています。

「元気のでる韓国レシピ ひとり暮らしの息子へ」
 著/ジョン・キョンファ 講談社 ¥1600

この本にある「鶏クッパプ」もおいしい!
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

秋冬の定番

冷える雨降りの午後は、ノラ・ジョーンズが似合うなあ〜と
ひさびさに聴いています。

ここのところ、毎日があっという間に過ぎていきます。
夕方にはクタクタになってしまう日々は
まとめてつくってゆっくり食べる、作り置きできるメニューばかり。


グツグツ。これからアクをすくうところ。
今年の我家産サトイモは小ぶりだった。



寒くなると、煮物系が活躍するからうれすい。
今日はル・クルーゼで「がめ煮」をたっぷりつくりました。
これさえあれば、あとは白和えとか酢の物、
畑の菜っ葉でつくるちょこっとした副菜とお味噌汁があればいいしラブ
たまにはこうやって、時間を節約するのもいいなあと思いました。




*先日、実店舗とWEBSHOPにてご購入いただきましたI様から
 耐熱ふた付きドラ鉢で作っていただいた
 たかこさんレシピの「かぼちゃのチーズケーキ」
 「ラ・フランスのケーキ」をブログでご紹介いただきました。

 かぼちゃのチーズケーキ
 http://blog.so-net.ne.jp/unyo_style/2006-11-19-2

 ラ・フランスのケーキ
 http://blog.so-net.ne.jp/unyo_style/2006-11-02
 


*お問い合わせいただいております「ラ・フランスの焼きっぱなしケーキ」
 レシピについてはこちらに記載しています。
 http://tomoka.jugem.cc/?eid=647

 文中にも書いておりますが「大雑把でもいいじゃん」な方向けですので(笑)
 本格的なレシピについては、他レシピをご参考ください。

  
*天然酵母パンのレシピについては、
 国産小麦粉と外国産小麦粉では水分の分量が変わることと、
 わたしの場合、酵母は「大さじ○」というカンジなので
 うちのレシピはご参考にならないかも知れません。
 一応、プレーンなパン生地レシピをご紹介します。

<材料>
・強力粉(国産):300g
・水分:150g〜160g
(同じ国産でも‘はるゆたか’‘春よ恋’で分量を変えていますがおよそこれ位)
・ホシノ丹沢酵母種:大さじ2
・塩:少々
・発酵バター:10g〜20g前後(つくるパンによって変えてます)
・きび砂糖:10〜30g(つくるパンによって変えています)

<発酵時間>
使用酵母、気温によって異なります。ホシノ丹沢酵母で15〜20℃の場合、
1次発酵:約7〜8時間
2次発酵:約1時間

オーブンの時間は電気・ガス・機種、パンの大きさ・形で異なります。
我家のオーブンの場合
パウンド型で山型パンの場合は180℃で30分ですが
耐熱ドラ鉢使用の場合は、ゆっくりと熱が回るため
もっと長く焼いた方がいいようです。



余談:



ずいぶん前の画像ですが(今、DASH村を見て思い出した)
シイタケの駒菌を打ち込んでいる様子。今年は15本。
1本1本ドリルで穴を開け、400個の菌を埋め込みました。
(その後、夫は腰がイタイと言っておりました、笑)
今埋め込んで収穫予定は2年後。でもキノコづくりは楽しいラブ
(なぜそのとなりに椅子やテーブルがあるかというと、直前に修理をしたから)
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -

忙しい日のもう1品

仕事であたまがいっぱいの日は‘今日の晩ごはん’が全然思いつかない...。
そんな自分のために、常備菜をメモしておくことにしました。



20代前半の頃、ある香港料理店で食べた「薬膳味たまご」は
食べるだけで元気になりそうな漢方味(笑)。
もっと気軽に簡単に、サラダやお粥、麺ものに入れたいと思ってつくった、
我家の「あじたま」は、漬けダレにぴりりと唐辛子を2本いれています。
(黄身は半熟が最高においしいラブ



我家の野菜室には、必ずといっていいほど「アボカド」が入ってます。
茹でたエビと、半月にスライスしたアボカドを
マヨネーズ&レモン汁&わさび&粒マスタードで和えるだけの簡単さ。
今日はエビなしだけど、濃厚さは変わらず、これはこれで美味しいから大好き。
ガラスのうつわは、みよさんの「うたかた鉢」です。


そして、隣に写っているもう一品。

困ったときの「糸島あげ」だのみ(笑)
いつものトマト&舞茸炒めに、今日はルッコラを足して卵でとじ、
ソテーしておいた糸島あげにのっけました。
にんにく&ナンプラー&黒胡椒の風味がたまりません。
灰釉舟皿は「スライスしたものを並べて、上からなにかのっける」
というのも得意みたい。使いまわせる1客です。
うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成