「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

女子力

 
「負けを知ったから、さらに強くなれた」

レスリング55禅蕕韮穫覇した吉田沙保里選手のインタビューを聞いて、
涙がとまらなくなった。

そのほかにも、48禅蕕両原選手もうつ病を乗り越えて金メダルを獲得し、
63禅蕕琉膨漢手も姉の引退後に葛藤があった。

メダルを獲得した人たちのインタビューや、それまでの道のりをテレビで見ていると、
皆、挫折や葛藤、心が折れそうになった(折れた)過去を持っているんだなと思った。
人は失敗や挫折から学び、強くなっていくとは言うが、
そこからどうやって強くなっていくのか、這い上がっていくのだろうか。

吉田選手は、5月のW杯で19歳のロシア人選手に敗れた時、
「またタックルを返されるんじゃないかと、怖くなった」と語っていた。
それを聞いた時、最強だと思っていたあの吉田選手も、
一般人と何ら変わらない恐怖やトラウマを感じることもあるんだなあ・・・と、
妙に親近感を覚えてしまった。

これがたった2ヶ月前のこと。
この短い間に、どうやって恐れを克服したのかは分からなかったが、
先日ある番組で、スマップの中居くんが女子レスリングの合宿道場を訪れた際、
吉田選手は安定した表情で、どっしりと構え、
インターバルの練習中、自分の番がまもなく来るにも関わらず、
ほんの数秒の時間も無駄にせず腕立て伏せをしていた。
レスリングのことだけを見て、まっすぐ突き進んでいる。
この人は金メダルを取る。と、確信した。

この時、隣にいた浜口選手のインタビューを聞いた時、
「この人はオリンピックでは、きっと勝てないだろう」と思っていたら、
残念ながら、やっぱりそうだった。その人のことをよく知らなくても、
表情や態度、言動から、滲み出るものがあるんだと思った。



「これからは、女子力の時代になっていく」

方々でそう言われるようになってきて、
オリンピックでもすでにそれが実証されてきているように思う。

男子にそれがないとは思わないけれど、女子選手はコミュニケーションが上手。
卓球や、その他チーム競技を見ていて思ったのは、
いい雰囲気、いい環境を自分達で工夫して、作ろうとしているように見えた。
ここ1番の強さだったり、環境順応力、ねばり強さ、メンタルの強さみたいなものは、
もしかしたら、男性より女性のほうが元々兼ね備えているのかも知れない・・・。


今回のオリンピックは、日の丸がまぶしい。
観客席で国旗が揺れるたび、胸が熱くなる。
こんな気持ちになったのは今回がはじめてだ。

技術だけ秀でていても、体力だけあっても、メダルは獲れない。
本当の強さは、そこにメンタルが伴っていないといけない。
まさに「心・技・体」。

スポーツは、無条件に人を熱くする。元気を与えてくれる。
結果的に勝ち・負けにこだわってしまうが、
それより、強さ。人が生きていくための強さとは何かを教えてくれる。

わたしたちは今、時代の転換期にいて、
選手たちと自分達の姿を重ね合わせているのだろう。

「努力した人だけが、メダルをもらえるんだよ」

吉田選手の父が、当時4歳の吉田沙保里に言った言葉を、
わたしたちももう一度。人生の金メダルを自分自身の首にかけるために。



余談:
これは女子力には関係ないけど、女子選手は、吹き出物ができてる人が多い。
闘争心からかテストステロン(男性ホルモン)が、どうしても多くなってしまうんだろうね。
もしかしたら、生理不順な子が多いかも・・・と、勝手に心配してしまった。


心に響いたことば | permalink | - | -

宇多田ヒカルのことば

「批判されなくなったら、自分がバカになっちゃう気がして」


先日、宇多田ヒカルがラジオで自身の活動休止について語った内容の一部。
こう言われると、批判されることがありがたいことのように思えるから不思議。
(といいつつ、実際言われたらカチンとくるんだろうけど。笑)
久々にグッときました。



心に響いたことば | permalink | - | -

グッときた台詞・その2

主人公が、あんまりタイプではないということで(笑)
そんなに真剣に観ていなかった大王世宗(テワンセジョン)。
(ちなみに夫は毎回まじめに観てます)

久々に最初からちゃんと観ていた昨日の39話では、
グッとくる台詞に思わず感動。

ちょっぴりヘタレの世子(←セジャ・三男なんだけど将来王になる息子)が、
問題を解決しようと、不眠不休、ご飯もろくに食べず倒れてしまい、
それを知った父親である王が言った言葉。


「例え兄弟を殺しても、民が飢え死にしても、
 王とは、どんな時も食べ、寝なければならない。
 王とは朝鮮そのものだからだ」


・・・例えが極端ですが、仕事人(経営者)として、とても印象的で、
父親の深い愛情も感じる、いい台詞だな〜と思いました。





それから、随分前に録画していた「おくりびと」も先日観ました。
事前にどんなストーリーかは一切読まずに観ましたが、
モッくんのほかには、山崎努さんや、余貴美子さんなどなど、
ステキな俳優さんばかりで、とってもいい映画でした。

なぜか1番ココロに残ったのは、火葬場の職員である笹野高史さんの


「ここは、この世からあの世へ渡る門。私は門番です」


という台詞でした。その後、杉本哲太さんが火葬されるお母さんを
ガラス越しに見ながら、職員さんがスイッチを押すシーンには、
思わず涙がこぼれてしまいました。

私も昨年、母を突然亡くしたとき、看取ることができなかったことや、
それを知るまでに、時間がかかって寂しい思いをさせたこと、
納棺師さんのお世話にならなかったこと、
そして、火葬されるのを嫌がっているのかと思うほど、
棺が何度もレールに引っかかって、職員さん3人がかりで中に押し込んだこと、
ちゃんと「さようなら」も言えず、あの世におくってしまったこと...。

当時のことをいろいろと思い出してしまった。

母とはいつもケンカばかりだったのは、杉本哲太さんみたいだし、
たぶん今も健在の生き別れた父のことは、モッくんみたいだと、
シンクロさせてしまう所も多かった。


モッくんが、一人前の納棺師に成長していく姿、所作の美しさはもちろん、
文字が無かった頃、自分の思いに似た石を相手に渡すという、
「石文」のはなしも感動的だったし、
一見タブーのようにも思える「死」というものを、
きちんと正面からとらえて、変に色づけすることもなく、
自然で美しい映画だと思いました。

観ている間、いろいろな思いや感情が交差はしたけれど、
母は、必ずどこかで、わたしたちのことを守ってくれていると実感することが、
この1年半の間多々あり、これからもきっとそうだと思う。
例え、折れてしまいそうな日があっても、
わたしには、やりたいことと、やらなくちゃいけないことがいっぱいある。
いつか虹の橋で再会する日まで、この世でしっかり生きようと思いました。
心に響いたことば | permalink | - | -

高校生に教わったこと

今朝、めざましテレビを見ていたら、
岩手県の花巻東高校の投手が紹介されていました。

練習の様子がでるのかな?と思いつつ、
なぜかトイレ掃除のシーンが多い。なぜ?


「みんなが嫌なトイレ掃除を行うことで、
マウンドでピンチに立った時も、負けない精神力を養うため」



という理由からなんだそう。それを聞いて、
「おとなになると、つい自分がしたいことばっかりやっちゃうなー」
とか、いろんなことがぐるぐる思い浮かんだ。

ピンチを乗り越えられないというのは、
ひょっとしたら、過去に辛いことやイヤなこと、
面倒なことを避けてきた結果なのかも知れない。
ラクなことや、心地いいことばかりを選択してきたら、
いざというとき簡単に折れる。
いつも思うけど、これもバランスが大事なんだろうな。


TVを見ながら背筋が伸びて、
高校生に大切なことを教えられた朝だったのでした。

肝心の高校野球は、
そういうことで、花巻東高校を応援したいのだけど、
対戦相手が九州勢(長崎日大)。こまった。
こうなったらどっちも応援しよう!




追記:

今日配信のソフトブレーン・宋さんのメールマガジンを読んで、
同感すると同時に、とても考えさせられました。

-----------------------------------------------------------------
正直にいって今の日本は80年代に留学して来た時より
ずっと住みにくくなりました。
空気がきれいになり店もお洒落になったのになぜ住みにくいかというと、
それは「社会の寛容さ」が失われつつあるからだと思います。

中略

人に厳しい人が増えると社会は住みにくくなる、
これはもう昔から変わらないことです。
-----------------------------------------------------------------

最後には「空気と異なる他人と自分を許すこと」と、
締めくくられていました。

これは、日本人が苦手とする事だろうな。
時々、自分が子どもの頃は、大人も子供ももっと大らかで、
ノビノビしていたなあ..と懐かしくなりました。
心に響いたことば | permalink | - | -

もてなしの心

今日は、この夏で1番蒸し暑かった気がします。
でも夕方、海に入ったら体がすっきり

この暑さのせいか、最近、もの忘れがちらほら。
先日は「なぎら健壱」の名前が出てこなくて、
今日は、好きな「真矢みき」まで...かなりショック
でも、どうでもいいことは、いつまでも覚えているんだよね。


ところで、
わたしには、心に響いた新聞記事を切り取ってノートに貼り付けるという、
おじいちゃんみたいな(?)趣味があります。

8/5の日経MJに、ある接客アドバイザーの方のこんな記事がありました。


-------------------------------------------------------------------
韓国・ソウルのコンビニで買物したとき、店員さんから
「よい思い出をたくさん作って帰ってください」と言われた。

ある食堂で、「コマッスミダ(有難うございます)」というと、
「私達の言葉を覚えてくれて、ありがとうございます」という
日本語が返ってきた。

済州島では、現地の観光政策担当者から、
「日本人に‘もっと韓国に来てほしい、韓国を好きになってほしい’と
言う前に、私たち韓国人がもっと日本を知り、
もっと日本を好きになりたいと思います」と、挨拶された。
--------------------------------------------------------------------


この接客アドバイザーの方は、また

「シンプルな言葉だったが、胸が熱くなり、涙がこぼれてしまった。
 他者をもてなす人のあるべき姿ではないだろうか」

と、書いていました。


実はわたしも、この記事を読み進めていく途中で、
何度か目頭がウルッとしました。

たぶん、日本人も心のどこかでは同じように思っているんだけど、
韓国人みたいに、気持ちをストレートに表現するのが苦手。
言われると嬉しいのに、自分からなかなか言えないのはなぜだろう?
日本人の、つい他人の顔色を伺ってしまう性格もあるからかな?

そうはいっても実は、
韓国人は日本のことが嫌いなんだろうな、と思っていたから、
最後の済州島での言葉は、正直言って意外だった。

好きだと言われると、素直に嬉しいし、
やさしくされると、自分もやさしくなれる気がする。

こんな感じで、日本と韓国の間にある諸問題も、
やわらかく、溶けないだろうか。

せっかくお隣同士に生まれてきたんだもの、
「近くて遠い国」なんて言わずに、素直に仲良くなりたい。
なんとなく今、そういう時期に差しかかっていたらいいなと思う。

心に響いたことば | permalink | - | -

「地球交響曲」

「この人に会えたら、きっと自分は変われる」
「あの人に自分を変えてもらおう」
・・という姿勢は、表面的に変われたとしても、反芻することなく、
その人の真似だけをしている間は、いつまでも本質的に変われないと思う。

ただ「この人の言葉で、自分は変わった」というのは確かに存在すると思う。

目前に迫ったアースデイを意識したわけではないけれど、
最近、DVDの「地球交響曲」を見て、そんなことを思いました。


元々は映画と言っても、ストーリー仕立てではなく、
登場人物たちの普段の暮らしや活動から紡ぎだされる、自然体のメッセージ。
そこには、登場人物の素顔、美しい自然の映像と、染み入る音楽がありました。





全6枚の感想を書くと、かなりの分量になりそうなので、
第一と第二の中で、特にココロに響いたメッセージを書きたいと思います。
(DVDを途中で止めたり、巻き戻したりして書きとったので、細かい所は間違いがあるかもしれません)



---------


辛い経験や困難に、直面している時こそ
深く豊かな人間性を育てる絶好のチャンスです。

他者に対する深い愛や、慈しみの心は
忍耐と寛容の実践を通して学ぶものです。

一人一人が平和でなければ、
真の平和や癒しは訪れない。

中略

自分にとって出来ることを、精一杯やるだけです。


14世ダライ・ラマ法王


---------


何の気負いもなくやったことが、思わず喜ばれる。
無意識に人を響かせるのが本物。


佐藤初女


---------


生と死は同じことの裏と表。
死を恐れているから、生も恐れる。
死の恐怖から開放されたとき、
生の一瞬一瞬を楽しむことができる。

中略

呼吸を通して、宇宙の母とつながり、
生きる力を与えられている。

自然に寄り添い、自然と調和したとき、
無限の可能性が生まれる。


ジャック・マイヨール


---------


多様なものが、多様のままに
共に生きる。
それは生命の摂理であり
宇宙の摂理である。


地球交響曲第二番 イントロダクション


---------


地球はそれ自体が大きな生命体である。
すべての生命、空気、水、土などが有機的につながって生きている。
これをGAIAと呼ぶ。


ジェームズ・ラブロック


---------



14世ダライ・ラマ法王の場面と、
ジャック・マイヨールの場面は、
ヨガをしている人には特に響くものがあると思いました。

イヤなことは何もせず、我慢せず生きていくのは不可能だし、
何ごとも利便性とスピードを求められる現代社会の中で、
この「地球交響曲」から、生きる道しるべを教えてもらったような気がします。
それぞれのメッセージは、わたしの脳の言語をつかさどる部分で、
確かに理解しているのだけれど、不思議と(ブルース・リーの台詞を借りて言うなら)

Don't think,Feel!

という感覚で感じとっているようだった。

糸島半島という小さな海辺の田舎町で暮らしながら、
ちょっと自然を知ったつもりになっていたけれど、
わたしは「自然と調和したい」と思って生活しているだけで、
実は、なんにも知らなかった。


生き急いでいる。

糸島に移り住んだ9年前からそう思っていたけれど、
早く何かしらの結果を求めるばかりで、どうしようもできなかった。

今日は第一と第二までと書いておきながら、
第四番に登場する名嘉睦稔さんの話になってしまうけれど、


生き物として、動物としての我々ってのは、
いつも早く答えを求めすぎる。



もっと地に足をつけて、土を踏み固めながら、
「ゆっくり生きる勇気」と「自分にできることは何か」
という気づきを与えてもらったような気がしました。

「観る度に新しい発見がある」
「初めて観たときと、2度、3度目のときで、それぞれ印象が違い、
全く違った場面で感動した」

という「地球交響曲」。
正直言って、こんなに感動するとは、実際に観るまで思っていなかった。
確かに、少し時間を置いてもう一度観てみたくなる映画でした。
心に響いたことば | permalink | - | -

人は人から

昨日は朝からハードワークだった上、
仕事が終わった夕方から味噌づくりをしたせいか、
晩ごはんの後、耐え切れずうたた寝。その後、お風呂の中でまた寝てしまい
気がつくと、お湯はすっかり冷めきっていました..。
今日は朝から体がず〜んと重くて、ヨガのポーズもいまいち決まりません。
3月は確定申告もあるし(もうすぐ完成)、母の一周忌も。
ああ、1年ってなんて早いんだろう...。


今日の本題である「心に響いたことば」。


人は人から育てられる。


夕方、FM福岡で流れていたCMで聞いた言葉です。
まさにそうだ!と思う出来事が少し前にあって、印象に残りました。

それは「自分の意見が正しい」と思っていたことについて、
ある人から違う意見を言われ、その時は困惑してしまったのだけど、
後から思えば、そういう切り口もあるし、
その人は、きっとわたしのことを思って言ってくれて、
結果、今はとても良い方向にいっている...。
そうやって、幾つになっても人は人に育てられていくのかな。と思ったのでした。



巷でよく聞く


がんばらなくていいんだよ。


という、聞き心地の良い言葉。
イヤなことや苦しいことに直面しそうなとき、
頑張っている気がするだけで、実はたいして頑張っていないくせに、
この言葉を思い出しては「いかんいかん」と打ち消すわたし。

「がんばらなくてもいい」を選択するのなら、
きっとこれからも今の自分を越えられないだろうし、
それを習慣にしてしまったら、いざというとき、
辛さや苦しさに立ち向かえない人になってしまうだろう。
大人には、歯をくいしばってがんばらないといけない時期もある。

要は自分が壊れないように「がんばる」と「がんばらない」のバランスを
人に頼らず、自分で保つことが自己管理なのであって、
自営業者には当たり前に備わっていなくちゃいけないことなんだなと、
今更ながら反省しました。書くは易し、行うは難し。なんだけどもたらーっ
心に響いたことば | permalink | - | -

今日こころに響いたことば

志摩町小金丸にある法照寺の入口に書かれていたことば。


「人間は、取り返しのつかない1日を生きている」


ほんとにそうだと思う。
毎日やることがいっぱいあって幸せだと思うけど、
明日になれば、今日あったことは何も取り返しがつかない。
「1日1日を真剣に生きているか?」と問われた気がした。
こちらのお寺は月替わり(週替わりかも)で、
心に響く言葉を書いてくださるので、
お寺の前を通りがかると、いつも背筋がピンと伸びます。





 昨日メルマガにも書いた、様々なウィルスと
 炎症に有効な「板藍根(ばんらんこん)」。
 しばらく絶対に風邪をひけない状況なので、
 早速、糸島薬局に買いに行ってきました。
 1シーズンで使いきれるかな〜?と思って
 いた所、小分けしてくださったので、
 助かりました(粉末&飴で約1700円)
 黒いパッケージって、妙に惹かれます。
 赤ちゃんからご年配の方まで飲めるそうですが
 妊婦さんは粉末の「うがいのみ」しか使えない
 そう。予防と早期によく効くそうなので、
 外出時の必需品になりそうです。
心に響いたことば | permalink | - | -

大切なものは

あれから8年が経って「お客様に支えられている」ということを、
思う...を通り越して、体で感じています。

仕事のことで、もやもやと悩むことがあっても、
お客様からのメールに書かれてあったことが、
一瞬で解決に結びつくことがあったり、
一瞬でパワー全開になったり、
自分の知らないところで、応援してくださっていることを知って、
時には涙したり...。

老子はかつて「本当に大切なものは、目には見えない」と言いました。

本当の商いとは、ものの売り買いだけではなくて、
なにか、もっと、不思議な浸透圧でお互いのココロに染みわたるもの。
最初はわからなかったけど、8年歩んできた今、そう思います。
心に響いたことば | permalink | - | -

張芸謀

さっき、なにげなくニュースステーションを観ていたら、
興味深いインタビューが。つい手を止めて聞き入ってしまいました。


「あなた、わたし」「中国、外国」と線を引かずに。
・・みんな同じ世界に暮らしているのですから。

北京オリンピック開会式チーフディレクター
張芸謀(チャン・イーモウ)


心に響いたことば | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成