「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2度おいしい

来年の1月2日に開催される「ドリームゲーム2011 in TOKYO DOME」に、
LOVEスンウ様が来るんだそうな〜〜。生スンウ様見た〜い!
http://www.dream-game.jp/member/playboys.html
それにしても、チームの名前が「PLAYBOYS」とはmoe いやん。


さて、我家の2回目になる米づくりは、
「ごはん」になるまでの長い道のりをひた走り、
いよいよ脱穀作業となりました。




稲刈り後、掛け干しした稲は、
途中で雨に降られてしまい、合計約2週間もお天道様の元で日光浴。
タイヘンなのは、これから・・・。




昨年ヤフオクで落札した、
昭和30年代に大分県で使われていたという「足踏み式脱穀機」と「唐箕」を
家の小屋から田んぼに車で運び、畦道にセッティング。




ガラガラと激しい音を立てて、次から次に脱穀していきます。
ふくらはぎがパンパンにkyu 痩せそう〜。




稲わらから外れた籾は、まだまだ不純物がたくさん。
それを唐箕を使って、仕分けていきます。
この唐箕は、上から籾を入れて、金属性のハンドルをぶんぶん回すと風が出て、
軽いワラやゴミは向こうに飛んでいき、重い籾は下に落ちるという仕組み。
また、中が詰まっていない籾はその隣に落ちる仕組みにもなっていて、
これ考えた人天才!

それにしても、これまたやってもやっても終わりません・・・。




結局、田んぼ通勤は時間のロスも多く、いろいろと都合もあるので、
その後は、家の庭で作業をすることに。
田んぼから、これでもかというほど白ブタ号に稲を積み込み、
我家へ持って帰ってくる作業を合計2回。




小屋の隣にセッティング。
途中で、近所のおばちゃんが「なつかしかね〜」と見にきたり。




この夫の背中、10年前とは別人です。
なかなかイイ筋肉がついてきたぞ。




この部分に、手が当たらないように気をつけながらの作業。
(大ケガどころじゃすまないかも)


我家が育てた米の品種は、

昨年は、ヒノヒカリ
今年は、にこまる。


この間も書いたように「にこまる」は、
全国で7品種しかない「特A」という品種だそうで、
うるち米ともち米の間くらいの食味とのこと。
かなりドキドキ。




2010年度産・林田家のう米(うまい)を、土鍋で炊いてみました。
炊きたてのごはんを食べてみて、何が1番特徴的だったかというと、

味がスッキリしている。

ということ。何杯でも食べられそうな、すごく素直な旨味。
そういう品種なのかも知れないけど、
農薬や、除草剤、化学肥料や動物性堆肥を使わないと、
こういう味になるような気がします。(うちの野菜と似てるから)

さらにおもしろいのが、冷めた時の味。

ダイエット中ということも忘れて、
美味しいので2杯目を食べていて気づいたのが、
ちょっと冷めた時の味が、さらに旨味が増している!!
(土鍋で炊いたからかな?今度炊飯器で炊いてみよう)

そして、この時強く
「うるち米ともち米の中間の食感」を感じました。

米そのものが主張するというより、
おかずにぴったり合う味。いいね〜、気に入った!
また、にこまるは玄米もいいらしいので、近々炊いてみよう。

昨年は、150〜160kgくらいの収量だった。
まだ、脱穀作業が終わっていないので、なんとも言えないけど、
この調子だと、今年は、200kgは越えそう。

収量が多いのも、にこまるのいいところ。

今年は、春の育苗シーズンに天候が悪く、
その後もどうなることかと思ったけれど、
出来は良かったので、ひと安心!

それにしても、今年は稲刈り、脱穀作業がすべて手作業だったので、
本当に疲れた・・・。(って、まだ終わってないけど。泣)

仕事をしながら、手作業で米作りをするということは、
相当な「覚悟と根性と体力がいる」ということに、
今更ながら気がつきました。
来年は、いろいろと方法を考えないとな〜〜。

何はともあれ、
今年も元気に育ってくれて、ありがとう。


2年目の米づくり | permalink | - | -

終わった〜!



やっと、稲刈り終了〜!!

来る日も来る日も稲を手刈りし、
紐で結び、かけ干しする作業の繰り返し。
気づけば、4日半もかかってしまいました。

朝仕事、昼前に田んぼ出勤、夜また仕事。。。
と、仕事と田んぼと家事の3つ掛け持ち生活は、
11月初旬の脱穀作業まで、しばらくお休みあひょうパンダ
正直言って、すごくしんどかった。
来年は誰に何と言われようとも、バインダー刈りにします。




なかなか粒が大きいと思っていたけど、
日当りが悪いところは、あんまり生育が良くない。
でも、ニコマルはすごく美味しいと聞いたから、
早く食べてみたい。




初日の朝は、黄金色の絨毯だった。
素人でも、無農薬でも、無化学肥料でも、
ちゃんとお米って育つんだ!と、今年も感動した。




数日前に稲刈りが終わっていた、
お隣のあきくんもお母さんと一緒に手伝ってくれました。




イノシシにやられたところなどを、
地主のMさんも様子を見に来てくださって、
なにやら男3人、話込んでいる様子。




Mさんの愛車・トラクターの運転席でごまんえつ。




掛けても掛けても終わらない。
2日目の朝、田んぼに来たら、なんと初日に掛けておいた稲が、
掛け方が悪かったせいでほとんど落ちていた。








夫は田んぼで真っ黒に日焼けして、
毎日、朝から陽が暮れるまでがんばっていた。
何が驚いたかというと、寝起きに、

「よし、今日もがんばろ〜!!」

と、サラリーマン時代には1度も聞いたことがなかった
フレーズを言ったこと(笑)

夫の実家は公務員で、農業とは縁もゆかりもないのに、
彼は何かと手際がよく、楽しそうに作業をしている。
我家は父方(米、お茶、野菜、果物の大規模農家)も
母方(兼業米農家)も実家は農家だったのに、
孫のわたしはどうもセンスと根性がない。

今回の作業も、夫は紐で結ぶ作業が早くて上手で、
わたしはひたすら鎌で刈るのが好きだった。

夫の前世は間違いなく農耕民族で、
わたしは、狩猟民族のような気がする(笑)


今年は、育苗の時から気温が低く華奢な苗で、
田植えの時は、ジャンボタニシが大発生、
梅雨はものすごい雨でヒヤヒヤ、
夏は夫が入院したし、
稲刈り前は、イノシシとタヌキの襲来...と、
いろいろなことがあった。

米作りって、本当にタイヘン!

だけど、いつも作業が終わると、
木々や空の下、動物や虫たちと自然の環の中で、
わたしたちも「生きてる」ことを強く実感した。

今年は昨年とは違う品種なので、収量もさることながら、
もっとも気になるのは、その「味」。
どうか、「う米」の名前負けしない美味しいお米でありますように...。



2年目の米づくり | permalink | - | -

ただいまこんな感じ



なかなか稲刈りが終わりません。




やれ「海に入りたい」だ、「甘いの食べたい」だ、
やたらうるさい36歳。




稲刈りと、束にした稲を紐で結ぶ作業で、
手の豆が3つつぶれたり、鎌で腕をかすったりと生傷が耐えませんあせ
夕方薄暗くなってから、電流線にスイッチが入ったことに気づかず、
稲刈り中に右頬をビリッ!!夫は足をビリビリッ!!!




今日のお弁当。
(右は鶏とナスとしめじの和風マリネ。おにぎりは梅おかかごま紫蘇)
畦道に停めた車のハッチバックを開けて、夫婦でちょこんと座ってお昼ごはん。
幼い頃大好きだった畦道のお昼ごはんを30年経ってもやっている(笑)
空気も景色もいいから、何を食べてもおいしい。

お弁当を食べ終わって、大人買いしておいたお菓子を見て夫がひとこと。
「おまえは遠足かっっ」




イノシシとタヌキの足跡。

夕方遅く、今年の種籾(ニコマル)を分けてくださった、
ご近所のスーパー農家Kさんにお会いしたので聞いてみると、
「この品種はイノシシの大好物」なんだそうな..._| ̄|○
さらに、ニコマルは全国で7品種しかない「特A」という品種だそうで、
うるち米ともち米の間くらいの食味で、とても美味しいのだとかDocomo80
(薄暗い中でよく見えなかったけど、Kさんの息子さんは小栗旬くん似だった)




ポケットに鎌も馴染んで、
この格好のままでイオンに行こうとしちゃった!
(足は地下足袋やし。笑)疲労がピークに近い模様kyu
「来年はもう手刈りせんどこう」と夫と誓いあったのでした。



2年目の米づくり | permalink | - | -

今年もやられた〜!

今年も稲刈りが間近にせまってきて、
田んぼ通いも楽しい今日この頃。
我家の田んぼに行ってみると・・・







こ、今年もイノシシにやられてしまいました・・・_| ̄|○

夫によると、この日だけたまたま、
イノシシ避け電流線のスイッチを切っていたのだそう。
どうやら田んぼを運動場のごとく走り回った模様(泣)

しかし、聞いたところ
「イノシシは安全で美味しい米を知っている」のだそうな。

イノシシ占いは「大吉」でもフクザツ。
夫がかなり凹んでおりやす...。


2年目の米づくり | permalink | - | -

ミニミニ田んぼ黒米

今年の黒米は、田んぼではなく、
発泡スチロール製のミニミニ田んぼで育てています。



↑夏も終わったというのに、今ごろ日焼けしてきたウチの菜園長。

田んぼと同じくらい(いや、もっと)
初めからグングン成長して、立派に育ってるあひょうパンダ

うちでは、白米2合に大さじ1の黒米しか入れないので、
5個のミニミニ田んぼで、半年分はありそう。
(昨年分がまだ残ってるし)

葉っぱは太くても、実は黒米はとってもデリケート。
機械で刈ったり、例え手刈りでも雑にすると、
かなりの量がポロポロと土の上に落ちてしまいます...。
刈り取りはやさしく、ソフトに。





実るほど、頭を垂れる稲穂かな

だんだん黒米らしく、色づいてきました。




余談:




昨日の18時すぎの空。
唐津方面の雲が、昔、サイパンで見た雲みたい。


2年目の米づくり | permalink | - | -

出穂

またまた台風接近中の糸島半島。
出穂したと夫から聞いていたので、心配で田んぼの様子を見に行くことに。
今日の蒸し暑さは凄かったけど、高台にある田んぼは風が吹き抜けて、
とても気持ちがよかった。





出穂したといっても、まだ頭を垂れていないので、
多少の風雨には耐えられそう。

数日前に、今年もイノシシの襲来があったけれど、
とりあえず今のところは大丈夫。
イノシシ避けに・・・と、古着のTシャツで作った案山子と、
田んぼの周りにぐるりと電流線を張り巡らせていました。





今年の白米は「ニコマル」という品種。
昨年の秋から、夫が米ぬかやEM、海草などでつくった
自家製のボカシや、竹パウダーで土作りをしていたせいか、
無農薬で無化学肥料、今年は動物性の有機肥料も入れていないのに、
昨年より実付きがいいような気がします。

その後、稲はジャンボタニシの害は受けず、
雑草が全く生えないという恩恵を受けました。




てんとう虫も一緒に米づくり。
うちの田んぼを虫や生きものが棲家にしてくれて、
ひとつの生態系を築いている。

みんな、台風に負けずにがんばっておくれ〜日本


2年目の米づくり | permalink | - | -

雨上がりの田んぼへ

今朝の雨はものすごかった。
雨音で目が覚めることはあっても「怖い」と思ったのは今日が初めて。
うちの入口の5m隣は、土砂崩れしていたし、
ちょっと行った先も崩れていた。
この10年の糸島生活の中で1番の大雨かも知れない。





昼過ぎ、やっと雨が上がった。
満潮の海は、増水した川の水で茶色に濁っていた。
今日も夫が寝込んでいるので、仕事の合間に買出しと、
気になって仕方がなかった田んぼの様子を見に行く。





みんな元気だった〜?
今年は天候不良と、ジャンボタニシの大発生で、
どうなることかと思ったけど、その後、
毎日、夫がタニシ取りや補植しに行ってくれたので、
被害は最小限で済みそうです。
病気も発生していないし、みんな元気そうで良かった。





今年は面倒くさくて、田植えの時、印をつけた紐を使わなかったけど、
手植えした部分も、意外とちゃんと真っ直ぐ植わってる。
手刈りするから、あんまり神経質にならなくてもいいんだけど。





タニシにやられた部分。
わたしが手植えしたとこじゃん!!





あ、またも発見。
強制退去してもらおう。





お食事中のところスマンね。

その他には、大雨で増水しすぎていないか、
水路は破壊されていないかなど、歩きながらチェック。





おっと失礼〜

最近、チミにはホントよく会うね。
この間はふんずけてごめんよkyu

このヘビ、よく見るとカワイイ顔してるのに、
あまりに目が合いすぎると、
シャーーー!と言って、攻撃してきますDocomo119

明日は追い山。もうすぐ梅雨明け。
燦々と降り注ぐ太陽が恋しいです。



2年目の米づくり | permalink | - | -

ジャンボタニシの襲来

今年もわが家の田植えが終わり、ほっとひと安心...と言いたいところですが、
なぜか、2回目の今年もすんなりとはいかない、わが家の米づくりあせ





これが今年の稲です。
天候不良だったせいか、どこも生育があまり良くないらしく、
わが家の稲も昨年に比べると、ちょっと華奢なように思います。





暴れ馬・春風1号に操られている(?)夫。





うちが借りている田んぼは、約200坪。
四角形ではないので、Uターンが大変!
田植え機が入らない1/3以上の部分は、せっせと手植えします。





「今年は2回目だから楽勝だ」と思っていたのに、
「田んぼの表面に、小石がごろごろしてる?」と不思議に思っていたら、

それはなんと、ぜーんぶジャンボタニシだった!!!

昨年は「雑草食べてくれるから、ジャンボタニシっていいな〜Docomo80」と、
のん気なことを言っていたのが、この大繁殖で、
植えたハナから稲を食べられるという、タイヘンな事態に_| ̄|○

でも、アメンボも、カエルも赤トンボも居たし、
昨年はいなかったイトミミズも、たくさん住み着いていました。
タニシがこんなに増えて、うちの田んぼはある意味居心地がいいとかいな?





消防団の出初式?
(やっと、田んぼから足が抜けたとこ)





「わーーい、お昼だーー!」





今回は、はるばる東京から2名、
この日のために飛行機でやってきた
お隣のヨウコさんのお友達も田植えに参加したので、
総勢11名のにぎやかなお昼ごはんです。

ヨウコさんは、3品の彩りキレイなサラダと、
うちの「う米」を使って、玄米と黒ゴマ&梅のおにぎりを作ってきてくれました。
ヨウコさんのお母さんからは、豚の紅茶煮や、かしわおにぎりを。

ちなみに、手前の色がわる〜い3品が、トモカ作の料理。
手前が夫のリクエストの「ウィンナーとピーマン炒め」
左が「鶏と夏野菜のマリネ」右が「夏野菜のチャプチェ」です。
畑で採れた、ズッキーニなどで作りました。






バイキングみたい?





去年はまだ赤ちゃんっぽかったあきくんも、夏で3歳。
食欲モリモリ度も、さらにパワーアップして

「おにぎり4こめ〜Docomo80

と、大きな口を開けて頬張る姿が、なんとも頼もしく、
すでにたくましいのでした。



朝9時からはじめて、終わったのは16時。
午後は、いきなりスコールのような雨。ずぶぬれの田植えでした。

2回目の米づくりは、しょっぱなからタニシの襲来を受けて、
田植えより、タニシ取りのほうが大変だった!

今年もまたイロイロありそうですが(苦笑)
今回は堆肥も、林田家特製EMボカシ(米ぬか・菜種の油かす・海草・魚粉・
もみがら薫炭・シーライム(糸島の牡蠣ガラ)入り)と、竹パウダーのみなので、
昨年とは違う新たな無農薬・無化学肥料・無除草剤の米づくり。
どんな味の米が実るか、楽しみでもありつつ、ちょっとドキドキもします。。。

でも、みんなでワイワイ楽しく、2回目の米づくりを楽しみたいと思います!




2年目の米づくり | permalink | - | -

筋トレ中

先日の炎天下の中、種籾蒔きをしたその後。





天候が悪いながらも、ちびっこたちが芽を出しました!





好奇心と食欲が旺盛な、もも選手がやってきて
(あんじ選手は、もぐら探しに夢中)





もも:おとうちゃん、それなんしようと〜?





父:稲ば鍛えよるとよ。

もも:ふ〜ん、食べられんのならいいや〜(興味なし)





夫が毎朝やっているのは、その名も「ローリングコロコロ」(笑)
雨どいの端きれを竹の棒に入れて、稲の上をコロコロすると、
麦踏みのように鍛えられて、元気な稲になるのだとか。

病気に強い稲を作るには、
田植えまでの時期に強い稲を作るのが重要だそうで、
この時期の日照不足がちょっと気がかりです。




2年目の米づくり | permalink | - | -

種籾まき

今日は夏のように暑かった!
帽子なしで作業しようものならクラ〜ッとくるほど。
5月に入ってからの我家は、1年の中でもかなり忙しいほうで、
今日は2回目の米づくりに向けて、種籾まきをしました。





JAアグリで米用の培土を買って、
自家製籾がら薫炭を混ぜたものを苗床にしました。
籾がら薫炭を使うと、保水力を高めたり、
土中に微生物を増やす働きがあるのだとか。












 芽出しのために、
 約1週間水に浸しておいた籾種を、
 培土にパラパラと蒔いていきます。

 その後、表面を培土で覆ったら、












水をまいて、







その上から、
保温と光を遮断するための寒冷紗(かんれいさ)で覆います。
これで、ひとまず我家の籾種まきは終了です。




こちらは別の日。
ある日の田んぼにて。





事情により、冬季たん水を諦めることになった我家の田んぼは、
草がボーボーになりました。





畦道もきれいに草を刈って、





今年は初の試み、土壌改良に良いと言われている、
竹パウダーを蒔きました。
大量の竹パウダーを運ぶのが大変そうだったので、
白豚号で運ぼうとバックギアに入れたところ・・・





いぼりました_| ̄|○

そして、後ろから車を押して救出していたわたしは、








     給
     水
     口
     に
     片
     足
     が
     落
     ち
     ま
     し
     た
     あせ



     買
     っ
     て
     間
     も
     な
     い
     イ
     |
     ジ
     |
     ト
     |
     ン
     も
     ド
     ロ
     ド
     ロ




今年も、スマートな米づくりにはほど遠い林田家ですkyu





2年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成