「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

生きるとは愛

 

生きるとは愛。愛すること、愛されること。

それは人、動物、物、自然かもしれない。

縁あって産まれ、縁あって出会う。

限りある人生の中で、

わざわざ誰かと争ったり、歪みあう必要はない。

 

愛という一見抽象的な言葉を、

昨夜、海老蔵さんと麻央さんは、どんな本よりも鮮明に、

こころからの言葉で教えてくださった。

そして、麻央さんは最期まで美しかった。

 

ひとりごと | permalink | - | -

人口減のこれから。

 

自動代替テキストはありません。

 

昨日紹介した本『ホモ・サピエンスの秘密』の続きのような今日の朝刊。

この人口分布図を見ると、わたしたちは日本人史上、どえらい時代に

生まれてきたなと思った。(1974年生まれ。2060年まで生きると仮定)

生まれた時からみんなでおしくらまんじゅうし合っている世代だね(≧∇≦)

 

わたしたち世代が生きている間は、社会保障やら何かと国はお金がかかるし

財源もあやしい。わたしたち世代が去った後は、少ない人口の中でやりくり

出来るんではないかと思う。その転換期がもっともしんどそうだ。

まさに下りの時代をどのように豊かに生きるかは、ホモ・サピエンスの本に

書いてあった通りだね。技術力、和、自律がキーのように思う。

 

しかし、本質的に人口減っていけないことなのかな?

目先のことだけ考えると当然じゃん!って言われるだろうけど、

この狭い国土に1億人以上って尋常じゃない。

4000〜5000万人くらいが散らばって、各特色を生かす街と人づくりが出来れ

ば、もっと豊かで面白い国になるんだろうなあ、、♪と個人的には思います。

 

だから、あまり悲観的には捉えてない、、、。

それには、何よりも、まずは健康であることと(自力で健康でいられること)、

今まで当然だと思っていた価値観をすこし疑ってみることからかも知れない。

これまでと同じ価値観では、この急激な人口減はやりすごせないし、

上向きの経済といったって、結局はパイの奪い合いで、いつかは終わりが

来るから。日本人は、島国らしいネガティブさと、たくさんの足りないものを

追求とイノベーションで発展した民族。

だから、これからまた新たな挑戦ができると思う。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

抜粋

 

◎「心と体の相談薬剤師りえぴょんの治癒力アップ養生法」

5/14配信メールマガジンより抜粋

 

心(生命)を育むことが出来るのは、求める愛ではなく、

無償の愛だと私は思っています。我が子を慈しむ様に、自分自身も家族も、

友達も皆、お互いに大切にしあいましょう。

 

その愛こそが全身の細胞を潤し輝かせ、生きるスイッチをオンにします。

「大丈夫!皆に守られているから」と自分を信じましょう。

あなたの大切な家族にも同じ心で接しましょう。

全ての生き物(苦手な人にも)に、同じ心で接しましょう。

 

逆に、人を差別したり嫌うこと、攻撃し傷つけること、許さないこと、

否定するなどの心が自分自身を傷つけています。

何故なら、脳は感情に於ける自己と非自己を区別することは出来ないのです。

他人に向けた感情でも嫌な感情は脳を疲弊させ、

すべて我が身に返って来てしまいます。

 

------

 

まるで慈悲の瞑想のような今朝のメールマガジン。

信じることや祈り、愛は実体が無く、科学的に解明しにくいものだから

上手く説明しずらいのだけど、わたしが知っている限りでは、

芸術には顕著にそれが現れていると思います。

技巧、技術力だけでは伝わらない「見えない何か」。

でも最近は、この感覚を知っている人が増えているなあとも思います。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

理郎とマツ

 

 

昨日、実家に帰っていた夫が持ち帰ってきた夫の祖父母の写真。

お祖父様は佐世保で軍医を、お祖母様は産婆だったとのこと。

長崎の写真館で撮影されている。

生まれる前に亡くなられたそうで、お祖父様の顔を知らない夫。

目、鼻、口、こうやって見ると似てるね。

 

 

これは、夫がちびっこだった頃の写真。今と顔が同じだ。笑

 

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

中腹

 

人生の面白さや、生命の息吹きの楽しさは山頂ではなく、

逆境の中腹にある。吉川英治

 

今朝何気なく聞いていたラジオから。

急いで登るのはもったいないね。あちこち寄り道しながら泥くさく行こう♡

 

先日観たとあるテレビ番組で、

京都の和菓子屋さんが代々、干菓子を作り込み過ぎないのは、

干菓子は脇役であることと、想像の余白を残しておくことだと言っていた。

10教えない、10教わらない。

余白をじわじわ埋めながら、道中楽しんで行こう。

 

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

藍の用と美

 

昨日、いつもお越しくださるあるお客様と藍染の話をしていたときのこと。

本棚にある「ヨーガンレールとババグーリを探しにいく」という本に、

中国・浙江省にある藍染め工房の写真がとても印象的だったのを思い出し、

お客様にお見せしたくて、引っ張り出しました。

 

 

「きれい、、、」と発したあと、

藍の布がたなびく様子にしばらく無言になるわたしたち。

絹の藍染の巻きスカートを着ている女性のすこし日に焼けた飾らない美しさ。

この方が中国人だろうが日本人だろうがどうでもいい、

アジア人の地に根を下ろしたような強さとしなやかさを感じる美に

魅了されてしまったのでした。

 

藍は元来、中国から伝わってきたもので、

毒消しの生薬、浄化、抗酸化、解毒、消臭、作用があると言われています。

さらに糸を丈夫にするそうで、かつては野良着に使われていたのはそのため。

鎧兜にも使わていたなんて驚きです。

天然の材料と発酵に人間は少し手を加えるだけ。

昔のひとは心身で感じ知っていたのだと思いました。

 

ひとりごと | permalink | - | -

自分探しのゴール

 

先日、自分が3歳の頃の写真を見て、海外で誰にでも話しかけるという、

まだ自意識が芽生えていない無意識のふるまいがそこに写っていて、

ああ、これこそが本来の自分なんだと思った。

 

通知表の先生のコメント欄を読めばよくわかる。わたしの場合、

長所欄:物怖じしない、度胸がある、人懐っこい、誰とでも友達になれる

短所欄:気が強くてわがまま、男子ととっくみあいのケンカをしたことがある

と、だいたい全学年で書かれていた。これを見て両親はゲラゲラ笑っていて、

この件に関しては一度も怒られたことがないけれど、

本来の性格は良くも悪くもこうなんだと。

 

おとななので嫌でもやらねばならないことは多々ある。

しかし、ベースとなる部分でこれと真逆のことをやろうとすると、

フィットしない。しんどい。

人生は選択の繰り返しだけど、いかに自分に素直でいることが大切なのかを

3歳のわたしが生意気な顔で教えてくれた。

 

 

思わず森で秘密基地を作りたくなるのも、ヤブを切り開いて開拓したくなるのも

全部遺伝。父親や祖父どころか、先祖もそうだった。

おばさんになったら少しはおとなしくなるかと思ったら逆だった。

やっぱり自然が大好きで、森の中に暮らしたくて今がある。

 

若い時は意識していなくても、

40を過ぎると人生のカウントダウンが始まるのか、

本当の自分に会いたくなる。自分探しで辿り着いたゴールはここ。

巷では意味がないと言われることもわたしには大いに意味があった。

行く道はおもしろそうだし楽しみだ。

これからやるべきことは、無意識が全部教えてくれる。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

仕事環境を整えて変化したこと

 

店舗の改装や確定申告が終わっても、あたらしくHPを作り変える作業や、

創作活動のアイディアが次々に湧いてきたり、

畑に夏野菜を植える準備もあったりで、暇だと感じる時間はない。

 

今までやることが多すぎ、結局どれも中途半端で、

手を付けずに気持ちだけ悶々としてきたことが多かったけど、

最近はどれもが整理され、行動に移せるようになってきた。

 

その理由は「仕事場の環境を整えた」ことが大きいと思う。

 

目に見えるものがいっぱいいっぱいだと、

比例して頭の中もいっぱいいっぱいだった。

 

整理して余白をつくると、脳はまた新たに何かを埋めようとするけれど、

それは今までのそれとは違う。

素直に自分と向き合った、今いちばん好きだと思うもの。

充実感が明らかに違う。

同じ場所なのに、手を入れただけでこうも変わるのかと思った。

 

何より驚いたのは、仕事場を整理したことで、

創作のアイディアが次々に湧いてきたこと。

やっと、いろんな意味でバランスが取れてきた。

今年はなにをやっても出来そうな気がするから不思議だ。

 

ひとりごと | permalink | - | -

妹の一言

 

 

妹に「店舗を改装したよー」と、ちょっぴりドヤ顔で言ったら一言。

 

「ほぼほぼ、ばあちゃん家やん」

 

・・・言われてみたら、そうかもしれない。笑

 

そんな実店舗は、明日より2017年春夏のフェアトレードの服がたくさん並びます。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -

ちょいワル3歳児

 

 

人の性格はそうそう変わらないという証明写真。

1977年 現地の家族連れにポケットに手をつっこんだまま話しかけている

トモカ3歳(≧∇≦)海外にて。

 

 

顔が今とほぼ同じ、ちょいワル顔です( *´艸`)

 

 

叔母と一緒に。

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成