「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

collage

 

 

藍染の和紙をちぎったり、ハギレを組み合わせたり、

藍染と茜染めの糸を刺し子したり。

考えない。ひたすら感覚で手を動かしていく。

こんな自由演技(?)がとても性に合っています。

 

 

台風の日に、チクチクしていたもの。

A型である自分を消して、チクチク。

 

うちは父がO型で叔父はBとAB型、祖父AB型。

女子は揃ってみんなA型。

 

全部の血液型が3親等以内にいるので、

祖父母は家の壁にどでかい絵を描き出すかとおもったら、

その傍らで父と叔父は囲碁にふけり、

母と叔母たちはおしゃべりが止まらない。

まわりで孫たちがワイワイ遊んでいるのが日常でした。

見事にみんなバラバラ!笑

 

製作中その1

 

製作中その2

 

基本的に、なんでも同時進行するのが好きです。

 

 

ちぎった藍染めの和紙はインスタレーション風に、

ガラスのフラワーベースにふんわり詰めて。

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

製作中

 

画像に含まれている可能性があるもの:靴

 

製作中。

蓼藍染めの和紙と茜染めの手紡ぎ糸で。

この糸に合う刺繍針がなくて、買いに行かなくちゃ、、と思っていたら、

自宅に偶然『ぬいぐるみ用』の針があった!

 

切ったり、貼ったり、書いたり、塗ったり。

何も考えない、手が勝手に動いている。

製作中は不思議なくらい心が落ち着くのは、和紙のおかげか藍のおかげか。

 

正直なところ、

藍染めの和紙を目の前にして緊張してしまうようだったら、

扱うのは時期尚早だと思っていた。素材に負けているということだから。

今回、それはなかった。どちらかというと高揚した感じはあった。

 

「作品をつくる」と肩肘を張らず、勝手に手が動く感じを楽しもうと思った。

そうしたら、ひと針ひと針刺すごとに、なぜか泣けてきた。

この気持ちはまだ言語化できないけど、どうも自分の奥底から湧いてくる

ポジティブでありがたい感情のようだ。

 

自動代替テキストはありません。

 

昨夜は、素敵な方とのあらたな出会いがあり、

めずらしく父親が出てくる夢も見た。

彼は今どこで何をしているのかも知らないし、今更会いたいとも思わないけど、

藍は父親のルーツであることはまちがいない。

 

わたしは自分のルーツをとても大切に思っている。

その思いが強いせいか、

ご先祖が誰で、どこで何をしていたのかなど様々なことが分かった。

 

そのベースを今わたしが継ぎたいと思っているし、

それだけにこだわらず、未来にどう表現していくのかも楽しみたい。

 

「素材」が大好きで、それを組み立てることに生きがいを感じているわたしは

自分のルーツと、今暮らしている糸島の素材を組み合わせているけれど、

先々は、自分が訪れた土地の素材を活かしてみたい。

 

【過去〜現在〜未来】の枠も、【素材】という枠も、

【思考】という枠も、【場所】という枠も、取り払うものをつくりたい。

 

今朝も、ハンナと海へ散歩に行く道すがらに、次の作品の構想が降ってきた。

藍を扱うようになって、いろいろなことが動き出した気がする。

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

阿波蓼藍染和紙

 

自動代替テキストはありません。

 

ご先祖に祈りを込めて。

 

#阿波 #藍染め #和紙 #藍染和紙 #阿波蓼藍染め #県指定無形文化財 

#あわつち#artwork #indigo #awa

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

my works

 

自動代替テキストはありません。

 

マイケル ジャクソンのHeal the Worldを聴きながら。

 

今まで、こういう感じは書いてこなかったのだけど、

なんにも考えない、狙わない、好きな曲を聴きながらただ手が動く感じを、

表現したいと思いました。

 

for you and for me

 

客観的に見ていると、

ぶつかりながら離れながら、混沌とした世界に生きる者、

その中で自分の道を探す者、ちいさな平和を見つけた者、

無意識の内に、今この世を表しているようにも見えた。

 

なにも考えない、狙わない、無の中で手を動かす面白さに、

ひとつの表現方法として目覚めてしまったかも知れない。

 

自動代替テキストはありません。

 

そしてこちらは、先日書いたマハトマ ガンジーの大好きな言葉を、

インドの手仕事である真鍮のフレームに入れて。

偶然なのか何なのか、やはり相性が良いと思いました。

 

これは「自分が見たいと思う世界に、あなたがなりなさい」という

ガンジーさんの言葉と強さを表現しました。

なぜこの言葉にこんなにも惹かれるのだろう?と思うのは、

自分の今やっていることと思いが、その言葉のままだから。

 

でも時々、それが世の中の実際と乖離している気がして、

すこし苦しさのようなものも感じているのも事実。

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

my works

 

自動代替テキストはありません。

 

【平和への道はない。平和こそが道なのだ。マハトマ ガンジー】


彼が当時どんな思いでこの言葉を発したのか想像しながら書きました。

わたしが好きなマハトマ・ガンジーの言葉の中のひとつ。

 

そして、もっとも好きな言葉がこちら。

 

自動代替テキストはありません。

 

【あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい】

 

この言葉からは「意思」を感じたので、自然とこんな書体に。

初々しいエネルギーというか、これから生まれる卵のような。

書いていて、坂本龍馬を想像してしまいました。

想像力を膨らませていると、最近、筆先から自分でも思いもよらない

何かが出ている気がします。

 

そして、これを見ていたらなんだかTシャツを作りたくなりました♡

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

屋号の練習

 

自動代替テキストはありません。

 

ある方から、お店の屋号をオーダー頂いていて、ただいま練習中。

書くの大好きだから楽しいな

#kurumian #くるみあん #書の仕事 #屋号

 

自動代替テキストはありません。

 

【人生にはスピードよりもっと大切なことがある マハトマ ガンジー】

#kurumian #くるみあん #糸島 #書の仕事 #マハトマガンジー#mahatmagandhi

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

漢詩

 

 

title ”COSMIC LOVE”

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然

 

先日書いた『COSMIC LOVE』は、

まるでムドラー(手印)のような枝を持つこの木がモデルなんです。

この日の朝も美しかった♡

 

 

自動代替テキストはありません。

 

漢詩を書くのが大好きだ。
でも、一行目を自由に書きすぎと収まらず失敗(≧∇≦)
いかん、漢詩ばかり書きたくなってきた、、、やっぱりルーツだね。

 

自動代替テキストはありません。

 

この本無くしていて、どこに行ったんだろう、、、と思っていたら、

夕方ひょっこり出てきた♡

 

 

それにしても、なぜ漢詩を書くのが大好きで気持ち良かったのか。

思い起こせば昔、漢詩ばかり書いていた時期があったからなのかもしれない。

 

その頃は、まるで競技のような書道で、

頻繁にコンテストに出品したり周りと競いあっていた。

ある時、わたしだけ約2年間昇段しない時期があって、

子どもながらとても辛かったのを思い出した。

 

練習してもしても、わたしだけ上がらない。何が悪いのか全く分からない。

教室の日は誰とも口をきかず急いで家に帰り、毎週毛布に包まって泣いていた。

そんなわたしを見て母は何も言わず、

わたしも母の反対を押し切って書道を始めたので(なぜ反対されたかというと、

持って生まれた癖や持ち味を矯正されると母は思っていたから)辞めたいとも

言えなかった。

 

そんな停滞期を抜けた時、競技会でも試験でも全く緊張しないというメンタルの

強さを手に入れた。誰かと比べたり比べられたりしようが

昇段しようがしまいが、慣れてしまっていて、すっかり太々しくなっていた。

 

もう見たくもないであろう漢詩を大好きだと思った自分にも驚いたけど、

辛酸をなめたあの2年間は挫折知らずのわたしの成長期に必要なことだったんだ

と心から思った。辛くても辞めなくて本当に良かった。

辛さが大好きに昇華することもあると知ったから。

 

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

色即是空 空即是色

 

 

書作品『色即是空 空即是色』が同じ糸島市内のご家庭へ旅立ちました♡

ありがとうございます。お包みする前に1枚パチリ。

 

これは10cm×10cmくらいの小さな作品で、

書いていてとても気持ちよく伸びやかな作品になりました。

 

『書をもっと気楽に、リビングでいつも楽しめるものを』

というのが、わたしが書をお仕事のひとつとして始めたきっかけでしたので、

それを体現できて心から嬉しく思います。

 

こちらのお客様にはもうひと作品オーダーをいただきましたので、

これから心を込めて揮毫させていただきます。

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

サイン

 

 

本日定休日。
朝からぽかぽか陽気で気持ちいい。
庭のもみじのグラデーションが綺麗。

 

 

昨夜、湯船に浸かっていたら思いついた、わたしの作品に添えるサイン。

 

すごく三角形が書きたくて、これは天と地みたいな形だなあ、

【あわつち】の頭文字のAみたいにも見えるなー♪

父親は阿波の人で阿波忌部が父方のルーツだし、

書いていてしっくり気持ちがいい。

 

そういえば、先日3度目のオパを受けたときに、吉本さんから再び、

『友香さんはエネルギーの扱いが得意で上手』

と言われて???だったんだけど、今はなんとなくわかる♪

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

subconscious(潜在意識)

 

 

今日の1枚。
タイトル『Subconscious』

 

やっと、思う1枚が書けた!

頭に浮かんだ割にはなかなか書けなくて、、、

今回は、紙や墨など道具の神様に助けてもらった気がする。

 

書き手のひとりよがりでは書けない。

幼い頃、厳しかった書の先生が言っていたのは、

こういうことなのかも知れない。

 

この作品を書いたきっかけは、昨日の夜中3時すぎに目が覚めて、

もう一度眠ろうとするかしないかの時に、急に頭に思い浮かんだもの。

 

タイトルの意味は『潜在意識』。

潜在意識は宇宙と繋がっているという研究者もいて、

禅の世界で宇宙も表す『◯△□』と、

『心』という文字を合わせ、私なりに表現しました。

 

あれこれと全部書いてしまうと、

見る方の想像の時間を奪いそうなので、これくらいでやめます。

この<余白>が、とても重要な役割を果たしています。

でも、正解はないので、自由な解釈で見ていただけると嬉しいです。

 

面白いのは、潜在意識は睡眠中にも現れやすいということ。

私の潜在意識が『これ書いてみて!』と教えてくれたのかも♡

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

今日の1枚

 

 

今日描いた1枚。

色も好きなのだけど、今の気分はシンプル&モノクロなんです♡

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

土のピース

 

わたしにも、これから何が出来るのかナゾ。笑
ひたすらちぎってピースづくりをしています。
土との即興セッションという感じ。
乾いたら野焼きする予定。

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

書の見方とは

 

わたしが再び筆を手にしたきっかけは、

3年前に東京国立博物館で開催された『和様の書』に行き、

そこに来ていた書の先生方が、

 

『絵画はたくさん見にくるけど書は少ないのよ。』

 

とおっしゃっていたのを聞いてから。

 

 

その最大の理由は『書は見方が分からないから』だろう。

わたしも書きかたは習っても見方は習った記憶がない。

(しかし、書きかたの中に見方の基礎となるものは教わっていた)

 

和様の書では、御三家の真筆を前にし、

信長は妖艶で、秀吉は人懐こい、家康は均整が取れた字を書き、

伊達政宗はとてもセクシーな字を書く人だとお見受けした。

 

名は体を表すように、字は人柄を表す。

九州国立博物館館長の島谷弘幸さんが言うには、書の見方とは、

 

 

線の美。筆の機能を最大限引き出せる人が上手い人。

いいものには無駄な動きがない。

安定感を生み出す造形美。

余白の美。空間処理が大切。すなわち全体の調和。

平面の書の立体的な表現。

 

(ちなみに、筆の機能を最大限活かしておられる方で1番に浮かんだのは紫舟さん)

 

 

ここまで紹介させて頂いて恐れ多いが、大切なことが一つ抜けている。

 

まず、その書の前に立ったときに何を感じるか?

やはり良い書には、迫り来る圧を感じるものあり、

爽やかな風が吹き抜けるものあり。

 

絵画より遥かな、究極の想像力の世界だとわたしは思っている。

真筆には、当時の匂いまで伝わってきそうな墨の佇まいがある。

見方と素直に感じる心。

この二つがあれば、書はどこまでも深く面白く、

書いた人と深層で繋がれるような愉しみがつづく。

 

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

秋の気配

 

 

庭掃除で刈ったススキを1本、硝子に生けてみたら、

それだけでその場が秋になった。

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

新作できました。

 

今朝、ハナトライフさんから額装完成の連絡を頂き、朝の仕事を終えて直行。

自分の作品を見て、なぜだか分からないけど思わず涙が出てしまった。

本当に素晴らしい額装。興奮してこれ以上言葉がでない。

さて、帰ろうね。【ハナトライフさんにて】

 

 

 

早速、店に設置してみました。
今日は雨ということもあり、BGMは二胡の『癒』を。

切ないくらい似合います。

 

ハナトライフの石川さんにはよくお話するのですが、

和の要素が強い書の存在をもっと身近な形で愉しんで頂けたら、、と思い、

再び書で表現することを仕事のひとつにしました。

 

ある時はその場の空気を浄化したり、

またある時は誰かにそっと寄り添ったり。

そのような作品を目指しています。

 

今回の作品は、

神宮(伊勢神宮)を疎遠になっていた父と参った宮沢賢治の一句です。

この書を前にして、その時の情景が色付きで目に浮かびます。

 

どこの世界に嫌いな人と過ごした時間を『かがやきの』と表現するでしょうか。

宗教観の違いから、早世した妹の葬儀にも参列しなかったという賢治でしたが、

やはりどこにいても父は世界でただひとり。

すでに両親がいないわたしにとって、深い深い愛を感じる句です。

 

 

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

Just the way you are 3

 

 

作品『Just the way you are 3』

山口県からお越しの近本眼科様にご購入頂きました。

誠にありがとうございます!

 

とってもステキなご家族で、

終始ほかのお客様もご一緒に笑顔いっぱいの時間でした♡

 

途中、お子様から「お店を初めて何年になりますか?」と質問され、

明日が当店の誕生日だと思い出しました。

長かったような、短かったような16年。

ひとことで言えば濃い16年でありました。笑

 

作品を飾るのはご自宅か病院かまだ決めていらっしゃらないとの事で、

もし病院の際は、患者様をあたたかく癒す存在になって欲しいと心から願います。

実は、以前より個人的にホスピタルアートに関心があり、

今回のご縁をありがたく思っております。

 

これは先月完成し、当店にいたのは短い時間でしたが、

素敵なご家族のもとへお嫁に行けることになり本当に嬉しいです♡

ありがとうございました。

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

もう一度

 

先程、実店舗で一度帰られたお客様が、
『もう1回書が見たくて』と戻ってきて下さった♡

嬉しいなあ!嬉しすぎる!

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

セカンドステップ

 

 

先日、オーダーくださっているお客様がご来店くださり、

作品をお選びくださいました。ドキドキする瞬間です。

 

 

翌日、早速、額装を依頼しに、

いつもお世話になっているハナトライフさんへ。

 

フレームと作品のイメージを掴みやすくするために、

半切ハーフのサイズにカットしていただいているところ。

 

 

約600種類あるフレームの中から、候補となる4種類を一緒に選びます。

 

 

お客様と画像を交えてやりとりさせていただき、この中のひとつに決定!

 

 

いろんな場所に置いて、イメージを膨らませます。

この日、わたしもお客様のものとは別に額装をお願いしました。

完成が楽しみです!

 

 

 

先日、いろいろとご存知のあるお方から、

 

「あなた、最近ステップをひとつ上がったわね」

 

と言われてびっくり。

何となく自分でもそう思っていたからです。

 

もうずっと前から(ももとあんじがいる時から)

「40歳前後は人生のターニングポイントになるだろう」

と思っていて、言葉通りに、役目を終えたもの、必要のないものは、

わたしの前から去っていき、それを追うこともなく、

また新しい出逢いが生まれていく。

 

仕事でもなんでも、

 

「違和感のあるもの、自分らしくないものはやめる」

 

と思ってきたので、

これが正しく自然な流れなのだろうと思っています。

その流れに身を任せていたら、

わたしも、わたしの周りも、ワクワクしている人だらけで、

良いご縁に恵まれる人だらけになって、

さらにびっくり!

 

良い流れ、良い循環がはじまってるなあ〜♪と嬉しくなりました。

 

 

先日の遺伝子検査で、

テロメアの長さとたんぱく質が炎症しやすいかどうかの項目で、

どちらも「長寿」と結果が出て(100歳以上の人によく見られる遺伝子だそう)

 

例えば、85歳まで現役でいるとして、

今の年齢42歳をひくと、あと43年現役でいるとしたら、

今までの経歴なんて、生まれたての子どもが小学校に入学したくらいの感覚じゃなかろうかと。

 

2000年にこの仕事をはじめて16年。

やっと、ファーストステップを登り終え、セカンドステップに足を掛けた感じ。

 

時代がどんな風に変わっても、

 

わたしはわたしらしく、

大好きな自然の中で、本心で生きる。

 

ただそれだけです。

ただそれだけのことに気づくのに、随分と時間がかかりました。

 

 

 

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

あわつち

 

 

先日、ハナトライフさんにオーダーしていたフレームに作品を入れてみました。

左はフレームの奥行きを生かして、台紙に貼って高さを出してみました。

 

右は大好きな言葉『天人相応』。
枯山水が浮かんだシンプルなフレームに合います。

 

 

 

約10年ぶりに、土のものつぐりを再開するにあたって、

活動名を昨日思いついたので書いてみました。

 

『あわつち』


天と地をあらわす『あわ』と、

父方のルーツである『阿波忌部』、そして『土』を合わせました。

 

これは昨日の夏至の日に、田植えをしながら思いついた名前です。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

処女作



陶仏 処女作。
夏に野焼きする予定です。




 
書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

試し書き




 

今日は朝から所用で福岡市内へ。

お昼は、長浜の魚市場会館で貝汁定食を待っていたら、広東語を話すカップルが来店。お茶のシステムがよくわからなかったり、お刺身にソースをかけようとしていたので(!)中国語で、、、と思ったけど、全くそんなレベルじゃないので英語で説明。

わたしたちが帰る時も、
日本語で「ありがとうございました」と深々と挨拶をしてくれたおふたり。
この先も福岡を楽しんでもらいたいな♡

 

わたしたちが台湾に行った時も、道で迷ったり、食堂で困っていたら、
地元の方々が本当によくしてくれて、いつか日本でお返ししたいと思っていたので、今日はなんだか嬉しかった。

それに、台湾の旅で1番に思い出すのは、地元の方に親切にしてもらったこと。
旅は有名な観光地を見て回るより人とのふれあいだね。

 

そして、その後は、いつもお世話になっている博多区の平助筆復古堂へ。

大きめの作品のオーダーを頂いているので、それにあう紙を探しにきました。
紙といってもサイズも質もいろいろ。何種類か試し書きさせていただき、
ちょっとフンパツして2種類の半切を購入。道具屋さんは楽しいし、ここで何時間も過ごせる。今度は奈良に墨を買いに行きたいな♡





 
書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

オーダーと書道教室





 

「JUST THE WAY YOU ARE」は現在売約済みですが、
先ほど別のお客様から、このシリーズで新たに書いて欲しいと
オーダーを頂きました。

お話を伺っていると、その方は書への造詣が深く、
ご自身なりの書を愉しむスタイルをお持ちであるとお見受けしました。

 

ご来店のお客様からは

「ネットで見る作品と実物は違う。実物はオーラを発しているように見える」
「作品から何かが出ている」

とよく言われます。

それは、わたしも別の方の作品を拝見した時に感じていて、
やはり実物(真筆)は迫力があり、言葉で表現するのが難しいですが、
発している「気」が強い作品、弱い作品があると思っています。

どちらが良い悪いではなくて、
その作品を目の前にして素直にどう感じるか、
どんな気分になるか、書き手が伝えたいことは何だろうか、
様々な見方を楽しんで頂ければ幸いです。

 

それから、時々、書道教室のご依頼・お問合せを頂きますが、
今は時間的余裕がないため、タイミングを見て、
ワークショップなどから出来たらいいなと思っています。

その際は、美しい文字を書くためのというより、
「表現のための書」をテーマにと考えています。
もちろん、美しい文字のための書も対応できますので、
ご希望をお知らせください。

書と向き合う時間は瞑想や座禅に似ています。
自然の中で日常から少し離れた時間をご提供できるようなW,Sが出来ればと思います。






 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

是空

 

休憩なしでひたすら書いた4時間。
好きだし、集中できるけど、さすがに疲れた〜

 

書いて書いて頑張ったものより、
最後に書いた抜け感満載の『是空』が今日1番好きかも。

 

GWに店頭で、
『なぜアロハの言葉や般若心経なのですか?』と何度か尋ねられましたが、
それは、国や言語は違えど、どちらも『空』を伝えているからです。
















この「是空」を書く前、
すごく書き疲れてしまっていて、
それが功を奏したのか、心身の余計な力が抜けて、
上手く書いてやろうとか、良く見せようとかいう、
全く狙った感がない、是空が書けました。

まるで座禅のよう。

そして、わたしは何を勘違いしたのか、
この作品を間違えて捨ててしまいました、、、、、泣

これぞまさに「空」よ、
あるのはこの画像だけ。実態はなにもない。





林田友香 書作品集
http://www.kurumian.com/tomokahayashida.htm






 
書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

再会



 

以前、初めてわたしの書作品をご購入くださったお客様ご夫婦が、
昨日その後の様子を見せてくださいました♡

こんな風に大切にして頂いて、感謝の気持ちとともに、
書の神?が降りてきたのか、次回作がひらめきました\(^o^)/

ほかのお客様からも、書の大型作品のお問い合わせを頂いたこともあり、
早く書きたくてうずうず!



 

書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

書作品




 

昨日の朝、
自分の感性に不思議な変化を感じて、思わず筆を取りました。
どちらも小さな作品です。

タイトル: Colors 『生』







タイトル: 『色即是空 空即是色』





 

タイトル: 『掲諦』般若心経より
 

今日、手が勝手に動くような感覚で書いたもの。
何度書いても書きたくなる不思議。

以前、大切なものを亡くした時、
これを唱えると心が軽くなるよと教えてくれた人がいて、
やってみたら本当だった。
意味を知ると、それがすっと腑に落ちるように心に沁みました。

特に、般若心経の掲諦からは、意味を知ると元気になる!
わたしは『GO!GO!(行け行け)』と解釈しています。







これは、昨日お客様のもとへ嫁いでいきました作品『玉響』です。
一瞬一瞬を明るく美しく照らしますように。




 
書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

嫁ぎます

 



来月、この子がついにお嫁に行きます。

嬉しいような、淋しいような気分ですが、
きれいに磨いて、お嫁に出したいと思います♡
S様、ありがとうございます!


書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

オーダー品の額装へ



今日は午前中にご注文品の発送をして、午後は福岡市内で所用を済ませ、

夕方、オーダー品の額装にハナトライフさんへ。





フレームは最初からイメージがあって、

中に入れるマット紙は、石川さんが最初見せてくださったのが夫婦でピン!

ときたので、お客様に3色からお選び頂くことに。


わたしの作品は、ロゴなどの商用以外は、

フレームまでが作品のひとつと考えているので、

この工程は書いている時とはまた別の楽しさがあります♡

 




やわらかで上品な印象のマット紙だから、
2種類使うというのも面白いかも!
漆のような質感のフレームに合います。




こちらはシンプルな木フレーム+落ち着いたサンドグレイ系のマット紙を
あわせてみました。



書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

取材と納品へ


昨日の朝は、なぜか夫の機嫌が悪いなーと思ったら、

大好きな北川景子が結婚したから(≧∇≦)

元気になってもらおうと、見返り美人(切手のね)のポーズの真似をしたら、、、


『山で遭遇したヒグマが振り返ったかと思った』


げな・・・!誰がヒグマや!!

ちなみに、DAIGOくんは、妹の会社の上司がお友達らしく、

妹が食事会に呼ばれて行くと、テレビそのままの方だったそう^^

とってもお似合いのご夫婦♡






さて、昨日の定休日は、

新年の初取材で、糸島で知らない人はいないビーチカフェSUNSETへ。

取材させて頂いたのは、同じ糸島に暮らすLOVE&PEACEなタツイシくん!


サーファーでにぎわう、冬の玄界灘を前に、

チャイ&キャラメルチーズケーキを食べながらの3時間でしたが、

この甘さもわからなくなりそうなほど、濃厚な話の数々。

中でも、レコードの買付で訪れたベトナムで強盗に遭った話はヤバかった!

でも、もしわたしが、そのベトナム人に会ったら言いたい、

「菜切り包丁で人は襲えんぜ!」と。


彼は10代から音楽ひとすじの人で、

なぜ、海外で古いレコードを買付けるという仕事をしてきたのか、

なぜ、新品ではなく古いレコードだったのか、

そこでどんな出逢いと事件があったのか、

ひょうたんスピーカーとの出合い、

彼にとってのひょうたんスピーカーとは何なのか?

そしてこれからのこと・・・


もう、これは1本のドラマになるんじゃないかと思うほど、

(わたしがもし脚本家だったら、ドラマ化したいしできると思う!)

濃厚すぎてどこから書こうかと悩むほどの彼の音楽人生で、

3時間お聞きしていたら、ふと、点と点が1本の線でピュッと繋がった瞬間があって、

「これだ!」と思いました。


詳しくは執筆中の本で書きますが、


今回取材させていただいているみなさんは、

それぞれ別々のことをやっていて、

それは生活の糧でもあり、得意なことや好きなことでもあるのだろうけど、

目指すところは、もしかしたら同じなのではないかと。


その「仕事」で、何を「表現」し、そして「どうあることが理想」なのか。


これが分かった気がしました。

みんな素晴らしい表現者。

それが誰にどう繋がり、どう展開していくのか。


人生は1度きり。心から面白いと思うことをしよう!


と自分の心に刻んだわたしだったのでした。



取材も佳境に入り、

正直なところ、時間的なやりくりは本当に大変。

(昨年、体調を崩したくらいだから)


だけど、取材を通して、1年前のわたしと今のわたしは明らかに成長しているし、

取材させていただいた方々からも、


「まだまだ話し足りない。ひとりで考えていたことがクリアになった」

「今後のヒントをもらえた気がする。取材が終わっても意見交換したい」

「人生の棚卸しができた。今後の自分の展開が楽しみになった」


などなど、取材する側、される側に関係なく、

お互いなんらかの変化があったのではないかと思いました。

わたしとしては、取材するたびに毎回思うんだけど、


ひとりで聞いているのが本当にもったいなさすぎる!


だから本を書いてるんでしょーとツッコまれますが(笑)

もっとこの、ライブ感をお届けできないものだろうかと日々考えてます。

タツイシくん曰く「ほんと、贅沢な時間ですよね」

って、これほんと!


大変なんだけども、取材がもうすぐ終わろうとしていることに、

淋しさを感じてもいる今日この頃です。






大好物の塩キャラメルのチーズケーキ。
これは、元々は、カレントでJUNKOさんから教えてもらったケーキ。
ブラックコーヒーにめちゃくちゃ合う!





SUNSETに2つ飾ってある、タツイシくん作のひょうたんランプ。
取材でも、ひょうたんランプ&スピーカーについて、
熱く語っていただきました。わたしも知らない驚きのこだわりが!
今、すんごくランプも欲しいもん^^

このランプだけの灯りと、フランキンセンスの香りだけで、
夜、ヨガがしたい・・・最高だろうなあ。





そして、タツイシくんを途中まで車で送って、
帰りには、JUNKOさんちに寄って、
オーダーを頂いていた商品ロゴの納品と、
追加の撮影をさせてもらって帰宅。めちゃステキな石けんが出来てました♡♡♡

このロゴは、JUNKOさんが今つくっているハンドメイドソープの
パッケージにとご依頼いただいたもの。
次女コナちゃんが絵を描いていて、その中にこのロゴを合体させるそう!

まず、コナちゃんの絵に合うことと、
ハンドメイドソープのコンセプト、今後の展開などを聞かせてもらって、
そこから浮かんだイメージと、JUNKOさんのイメージを合わせた字を書きました。

言葉にすると、

大地と太陽と月、強さの中にあるしなやかさ。躍動感。


を表現してみました。
個人的にとても気に入っています。
楽しいお仕事、ありがとうございました!!

ただ・・・気分が上がっちゃって、
お渡しする前に一眼レフで撮るのを忘れてしまい、
スマホで撮った画像しかない・・・しかもこれを作品集のほうにも載せてます(笑)
(スマホの影が写っとーし!)


ご依頼をいただいている、もうおひとかたのオーダー作品も、
もうすぐ額装に入れるかな?といった段階。

デジタル全盛期の今にあえて、
墨を硯でするところからはじめる超アナログな毛筆の文字を書くということ。
書のある暮らし、書から広がる暮らしを愉しんでいただけますように・・・。




書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

書作品集




こつこつと作品を揮毫してきまして、

一覧をご覧いただける作品集をUPいたしました。

どなたかの癒しとなり、力の源となりますように。


林田友香 書作品集
http://www.kurumian.com/tomokahayashida.htm




書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -

ご依頼品完成

 


今日は雨で取材中の撮影が1件延期となり、少しのんびりな木曜日。

お昼は浜玉のハオチーさんで中華のランチです♡

雨の平日にも関わらず、ほぼ満席のハオチーさん。

今日のメニューは『エビチリと油淋鶏』という最強の組み合わせ!

夫とうまい!美味しい〜♪を連発のしあわせランチでした。


その後は福ふくの里で野菜や豆腐などを買い込み、

ハナトライフさんへ額装をお願いしていた作品を受取りに行き、

自家製酵母パンののたりさんへ明日から販売のシュトーレンの受取りへ。

雨の中、糸島半島をぐるり。
ここのところ多忙だったので、良い息抜きになりました♡







お客様からのご依頼品が完成しました。

完成の連絡を受けて、今日実物と対面して驚きました。

息をのむほどの存在感。やはり額装のチカラは凄い!


今回、お子様おふたりのお名前を一文字ずつと、

ご家族をあらわすモチーフを書かせて頂きました。

ご依頼主様とお子様が以前お話された内容にヒントを得て額装のテーマは宇宙に。

宇宙のように大きく広くしなやかに、ご成長をお祈りしながら揮毫させて頂きました。






額装は一文字ずつ台紙に裏打ちし、浮かせるような仕立てになっています。

文字それぞれのスペースは、石川さんのご提案で等間隔ではなく、

文字が映える工夫をしてくださっています。マット紙はシルバー。

フレームはゴールドがかったシルバーにブラックの縁がチラリと見え、

全体を引き締めています。


スマホで撮影したので、実物から醸し出る空気感は出しきれていませんが、

これはご依頼主様だけのお楽しみということで、、、。


納得いくものが書けるまでかなり時間がかかりましたが、

200%の出来映えに大満足しています!この度は誠に有難うございました♡


書 林田友香
額装 ハナトライフ



書く・つくる<あわつち> | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成