「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

コンセプト

 

来月、台湾で作品展を開催していただくにあたって、

今回の作品コンセプトをここに記します。

 

モノを作る行為が単純に好きであるということと、

どうしても伝えたいことがあるからモノをつくっている。

 

簡単に言うと、これだけです。

作品だけでストレートに伝われば、言語化する必要はないのですが、

自信がないので、きちんと思いを言葉にしてみました。

これを現地で中国語(台湾語)に訳していただき、

ご覧いただく台湾の方々へお伝えくださるそうです。

 

臺灣2018.5コンセプト

-------------------------------------------------------------------

6歳から日本で書道を学んでいたこともあり、

墨、和紙、流木、海岸に捨てられていた網など、

世の中で一度役目を終えたものを素材とし、

形を変えた(作品化)したあとに宿る【時間】と【意識】を表現しています。

 

作品は書、コラージュ、大和言葉と呼ばれる1300年以上前から伝わる

日本固有の美しい言葉をしたためました。

 

わたしが6歳から筆をにぎってきた時間、

植物が人の手を介し和紙となる時間、

浜に打ち上げられた流木や役目を終えたモノが過ごしてきた時間。

 

何事も待つことなく、

インターネットで答えがすぐに見つけられる現代に、

今ここにあるそれぞれの時間をじっくりと感じ、

想像いただけるような表現を目指しました。

-------------------------------------------------------------------

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

実験

 

 

my work
タイトル: 実験 形を失っても意識は残るのか#01

 

あるテーマにそった文字や言葉を書き、集めて、

原型が分からないようにしています。

それを、胡粉で塗り固めた上からでも認識したり、

感じたりできるのだろうか・・・という実験。

言葉はとてもストレートで力強い。

海から生まれた胡粉(貝)というフィルターを通して

「感じる」言葉は、どんな感覚なのだろう。

 

画像ではわかりにくけれど、

素材的には様々な和紙や、新聞も使っていて、

胡粉で塗り固めたあとの質感がとても面白い。

ただ、今の段階では文字が透けて見えるので改良の余地ありです。笑

 

1つ作るのにすごく時間がかかりますが、

これは作っていてとても面白かったので、シリーズ化しようと思います。
 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

4/26まで展示します

 

 

台湾での作品展用の新作は4/26までここに展示しています

墨のよい香りがしたら、きっとここからです。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

新作3点

 

新作が3点できました。

これらは来月の台湾にもって行くために書いたのですが、

不思議なことに、昨日インスタに掲載してから韓国の方から問い合わせが。

なにか通ずるものがあったのでしょうか❤

 

これらを書いたり(描いたり)作っている時間は、

どこまでも自由な感覚で楽しかったです。

 

my work
pomo 201802

素材:唐津の土を漉き込んだという手漉き和紙、新聞、胡粉、墨、リネン布

世界共通語エスペラント語でリンゴを意味するpomoを書きました。

 

 

my work
reborn 201803

素材:パネルに墨、胡粉、海で拾った網、流木、唐津の土入り手漉き和紙、新聞

 

 

my work
201804 まどみちおの詩


素材:唐津の土を漉き込んだ和紙、墨

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

reborn201801

 

自動代替テキストはありません。

 

my work
reborn 201801

人もモノも何度でもチャレンジしていい。

自分が見たいと思う世界に自分自身がなりなさいという

マハトマガンジーの言葉を胸に。

パネルを墨で塗り重ね、和紙、近くの海で拾った巻貝、

蠣の殻、流木、書をコラージュ。

牡蠣の殻は砕いて膠でくっつけ立体的に仕上げました。

素材ひとつひとつに気の遠くなるような時間を有していて、

ここからまた新しい時間がはじまる。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

コラージュワーク

 

 

完成形は自分でもナゾ

ハッキリクッキリな色使いの好みが、

どうも日本人ではない気がしてならない。

感覚だけで切ったり貼ったりしているけれど、

ここから最大のテーマである「調和」を生み出すことはできるのだろうか。笑

 

 

楽しすぎて作業の手が止められずにいると、

お客様が時々、興味津々に話しかけてくださいます

 

わたしのコラージュワークは、

基本的に世の中で一度目の役目を終えたものが素材の中心。

形を変えてもう一度息を吹き込みます。

そんなことをお話ししながら作るのも楽しくて、

これが本来のアートなんじゃないかと思う。

身近に興味を持ってもらえてとても嬉しいです。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

雨の月曜日

 

画像に含まれている可能性があるもの:室内

 

my work

この作品を書いた時、なかなかピンとくるフレームが無かったけれど、

オーク材の無垢なものを見つけた時これだと思った。

 

うちの店はなぜか雨が似合う。

心が穏やかに鎮まりながらも、創作意欲が湧いてくる。

書き(描き)たいものも読みたいものも、てんこもりな月曜日。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

小さな作品

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

最近小さい作品も作りはじめました

墨+和紙+pomo(エスペラント語でりんご)、

墨+和紙+クロスシリーズがメインになりそうな予感です。

いくつか台湾にも持って行こうかなと思っています。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

試し書き

 

今朝は氷点下の寒さだったので、

家の掃除が澄んだら、居間でいつものひとり瞑想。

 

常々、瞑想は運動や語学となんら変わらない練習だと思っていて、

練習を積めば、だれでも出来るようになると思う。

近頃は、座って3分もしないうちに、明らかに脳波の変化を感じて、

潜在意識〜集合的無意識にアクセスしているのか、

ひらめきが次々にやってくる。今日の主なことばによるひらめきは、

 

「辛いこと、嫌なことがあっても、それは今日で終わる」

 

なぜ今日なんだ?という問いに対しての答えも、

もれなくセットでやってくるので、ありがたい。笑

答えは月や星めぐりに関係してるそうです。

(そういえば今日は皆既月食・スーパーなんとかムーンですね!)

 

ひらめきがあって、

例えば今日みたいなことばがやってきたとする。

 

それを「裏付けがないから信じない」「説明できないから行動しない」

という人が多いと思う。過去わたしもそういうひとりだったのだけど、

 

それで、何か変わった?

 

と自分に問いかけたら、何も変わらなかった。

要するに、

 

自分は変わるというイメージが持てないと変わらないし、

行動しなければ何ひとつ変わらない。

 

見えないものしか信じない、

理屈で説明できないと行動しない現代人は、

それが強固な自分を覆う殻になってる。

だから変わらない。(もしくは、本当は変わりたいと思っていない?)

 

ほんの少しその殻を破って(難しく考えないで、サクッと破る)

自分がどう変わりたいのか、変わった時のイメージをしてみる、

ちょっとだけ行動してみる。

 

それにやるのに、一切お金はかからないし、何も失うものもない。

こっそり自分の中でやるのに、誰にも文句を言われない。笑

 

だから、わたしは日々やってます。

その途中だけど、小さくも確実に変わってきています。

もちろんネガティブなこともあるけれど、それに引きづられなくなったし、

やれば、ちゃんと、本当に変わるんだなあ!と実感中です。

 

 

 

台湾での個展のために先日購入した草木染めの和紙に試し書き。

とても滑りが良くて気持ちがいい。

台湾のことを思いながら書いていると、なぜか自然と字体が変わってくる。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

クルミ染めの和紙

 

 

台湾での個展製作のために取り寄せた、富山産の悠久和紙(楮、クルミ染め)。

クルミらしいピンクがかったグレージュ色がたまらない。

中国語それも繁体字にチャレンジするから練習だ。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

ご報告

 

 

台湾在住のご夫妻から有難いご縁をいただき、

今年5月に台湾で個展をさせて頂くことになりました。

 

昨年12月の中旬に風邪をひいて寝込んでいたときに、

てのひらさんちのキウイしか食べられずの1週間。

痩せただけでなく、思考まで変わり、

様々なことを手放すきっかけになりました。

 

年末は仕事と掃除をして過ごし、

玄関にはお隣さんからいただいた注連縄と、

ご近所三社参りでいただいた笹を飾り、

例年になく清らかな気持ちで過ごしたお正月。

 

三が日が過ぎ、1/4の夜。

台湾より個展開催のご連絡をいただきました。

不思議と心は落ち着いていて、

準備のひとつひとつを楽しみ、

味わいながらやっていこうと思います。

 

なぜなら、

個展の開催だけがわたしの夢や目標ではないからです。

 

以前、わたしが表現活動をしている理由を「自由」のためだと

書いたことがありますが、結果それが何に繋がっているかというと、

「真のしあわせ」であり、

それは何かを知り、誰もがそうなるためです。

 

なんだか、スケールの大きな話になりそうですが、

「真のしあわせ」を追い求めるのは今始まったことではなく、

幼少の頃からずっと「ふつうのおうちにうまれたかった」と

言っていたらしいわたしの願いそのものだからです。

 

誰かと比べたり、焦ったり、

自分以外の何者かになろうとするのではない、

自分の能力や持つものを存分に生かせる世界、

 

真のしあわせにみんなでなる。

 

このことを伝えるひとつの方法としての表現活動。

それはアートであったり、文章であったり。

この国だけでなく、

ご縁があれば、ほかの国で活動していくかも知れません。

そのはじまりとして、今年大好きな台湾からスタートします。

 

わたしは日本人ですが、

なぜか幼いころからずっと窮屈さを感じていました。

一昨年DNA検査をしてルーツが中国南部だと分かり、

やっぱりそうだと、点と点が繋がった気がしました。

生まれも国籍も日本ですが、アジア人というほうがしっくりします。

 

なので、アジア人として誰もが実感できる真のしあわせのために

活動していきたい。最初のスタートとして表現の場を与えてくださる

台湾在住のDさんご夫妻に、心からの感謝を込めて御礼申し上げます。

 

そして、実はくるみあんも同じなのだと、この新年営業の4日間に実感

しました。(おみくじをして気づきました!)

くるみあんも表現活動も、誰かの仕事も、あなたの暮らしも、

すべてはひとつに繋がっている。

しあわせはひとりではなれない(ひとりで感じるしあわせは一時的なもの)

「みんなでなる」ものだと信じています。

 

わたしはくるみあんとして、表現者として、ひとつに固執することなく、

場所にこだわることなく、これからも学び、活動していきます。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

2作品掲載しました。

 

店頭でお尋ねいただくこと度々。今年の作品は今年のうちに。

2作品WEB掲載しました。https://thac.theshop.jp/

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

 

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

再会。

 

 

今日のハナトライフさんのインスタに、以前オーダーを頂き書かせて頂いた

作品が。他の方が撮ると、また違った表情になる嬉しさ

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

新作

 

自動代替テキストはありません。

 

 

my work
tittle: #003

flame: hanatolife

 

手が動くまま、感じるままにつくりました。

刺し子の糸は糸島産の3種類の藍染めコットンで。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

アルケミストを表現したら、、、

 

 

パウロ・コエーリョの「アルケミスト」をコラージュで表現したら

こうなりました。まだ途中だけど、、、

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

2作品出来ました

 

ハナトライフさんに額装を依頼していた2作品が出来ました。

 

 

佐賀産の手漉き手もみ和紙に墨と日本画の顔料を使って描きました。

昨日、額装家の石川さんともお話ししましたが、

考えながらは描けなくて、硯で墨を磨る間、静かに心を整えて、

形、色、余白はすべて無意識というか感覚で描いています。

 

「これは、あなたの色ね」

 

と以前、あるお客様に言われたことがあって、

どんな言葉より、とても嬉しかったのを思い出しました。

細胞のいちばん芯にあるような色。大好きな色です。

 

この作品の額装は、

わたしはボードに包むタイプを、、、と思っていましたが、

石川さんのご提案で作品が活きる、この方法でお願いしました。

 

 

 

 

これは、あえてタイトルを付けないコラージュ作品です。

 

材料:

手漉き手もみ和紙(佐賀産)、藍染め和紙(徳島産)

無農薬コットン手紡ぎ藍染め糸(糸島産)

無農薬コットン手紡ぎ茜染め糸(糸島産)

藍の生葉染め和紙(糸島産・わたしが染めたもの)、リネン、

墨(わたしがモチーフを描いています)

漂流物(流木・ネット)、緩衝材

 

時間も原材料も作られた場所も何もかも違う異素材同士であっても、

仲良くできるのは、大きく遡れは元は同じ場所から生まれたもの

だからかも知れません。製作者のわたしも。

 

製作は、価値や意味の有無、時間、場所を越えたところで、

コツコツと感覚に任せて編集作業を行っているような感覚です。

 

 

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

だんだんと

 

 

だんだんと形になってきました。

まだ製作途中の段階なのに、お越しのお客様と作品について、

あれこれお話しできて楽しい時間。

 

わたしのコラージュは脇目もふらずに製作するのではなく、

途中で寝かせたり、熟成?させたり、同時進行したりと、

1作品にかなり時間をかけるほう。

途中に起きること、温度や湿度、空気、時間、

すべて吸収して変化していく、まるで発酵食品みたいだ。笑

 

ざっくり足早に過ぎていく今に少し足と手を止める勇気を。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

3作品進行中

 

自動代替テキストはありません。

 

my work

手もみ和紙と墨と布と藍染糸のコラージュ。
ちくちく作業は無心になれるから好きです。

 

自動代替テキストはありません。

 

今、3つを同時進行中。

仕事では使わない部分の脳を動かすのは難しいけど面白い。

 

価値があるものないもの

意味があるものないもの

時間も用途も越えて

すべてをここで混ぜ合わせ

もう一度その価値と意味をつくりだしたい。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

Mother and child

 

画像に含まれている可能性があるもの:室内

 

先日、近くの海で夫が見つけた石が赤ちゃんを抱いたお母さんに見えて、

今朝わたしが同じ海で見つけた石は勾玉のかたち。

一説では、勾玉の形は胎児ではないかとも言われている。

これらを作品にしようと、

わたしが和紙に墨で書いたモチーフと合わせるも、

石たちをどうしても貼り付けられない

石は自由でいたいだろうから。

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

 

結局どうしたかというと、

なんとかフレームの中に置いただけ。

動かすと、二度とこの形にはならない。

母と子の時間も同じね。

今この時間は二度と戻らない。

 

title: Mother and child

TOMOKA HAYASHIDA

 

追記:

この作品をご覧になったある方が、

「パウルクレーの絵のよう。色も形も」とコメントをくださいました。

みなさまの感性で自由に見てください❤

ちなみに、パウルクレーの作品には宇宙と音楽を感じます。

石と共通する何かがあるのかも知れません。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

額装

 

 

夕方、昨日完成した作品の額装をお願いしに近くのハナトライフさんへ。

ある程度、この作品に合うものは頭に浮かべて行くのだけど、

額装の方法にもいろいろやり方があって、作品を生かすも殺すも額装次第。

それくらい額装に重きを置いているわたし。

ときどき、個展などで作品は素晴らしいのに残念な額装を見ると、

石川さんをご紹介したくなる・・・。

 

今日は、自分が思っていたやり方とは違うものを石川さんに提案いただいて、

それに決定。やっぱりプロの目は違う。

 

石川さんは芸術に精通されているし、やわらかく優しくもストレートな方。

今まで書ばかりで、コラージュの額装を依頼するのは初めてだったので、

ちょっとドキドキしていたら、

「わあ、面白いですね!テーマはなんですか?」

「この素材はなんですか?」

などなど、作品を作る経緯やテーマなどを聞いてくださり、

こちらも説明したくてウズウズしているので(笑)その時間もほんとうに

楽しいのです。

 

 

約600種類の中から選ぶ至福の時間。

 

 

 

 

いくつか候補を並べて。

 

 

最初にピン!ときたものに決定。

フレームという「枠」を使って、和でも洋でもない、書でも絵でもない

こうあるべきという常識の「枠」を外します。

 

 

お店の入口に飾られていた石川さんらしい素敵な作品。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

いちじく

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

普段、なにひとつ褒めない夫が「おお!それいいやん!」と初めて褒めた

新作「いちじく」。なんだかわたしらしい色だし、すごく好きな色。

描いた本人なのに、ずっと見ていると不思議な気持ちになる。

材料: 手漉き手揉み和紙、墨、日本画の顔料

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

REborn

 

自動代替テキストはありません。

 

雨の日はヒラメキの日。夜中に夢の中でも作ってた。

今日は以前墨で書いたものを自分で藍の生葉で染めた和紙や、

漂流物などでコラージュ。

ずっと書と組み合わせたかったし、やっと枠が外れた感覚。

昨日まで価値や意味のあったものが捨てられる時代に息を吹き込みたくて、

このシリーズのタイトルはREborn。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

Moon&Earth

 

画像に含まれている可能性があるもの:室内

 

昨日、ひたすら書いていたものがやっと乾いた。

和紙は乾きにくい。でも、この手への馴染みよさは、

やっぱり機械ではなく人が漉いたものだから。

 

丸がふたつに見えるものは、明け方、半覚醒状態のまどろんでいた時に、

わたしがすでに書いていた映像が見えて(映像では完成形だった)

すぐさま実際に書いたもの。タイトルはMoon&Earth。

 

地球は月がそばにいてくれないと大変なことになる。

1日が24時間なのも(月がもっと近かった頃は1日4時間だったらしい)

人間が暮らせる気候なのも

衛星がぶつかってこないのも

全部、地球のそばに月があるかららしい。

地球とはいえ、ひとりでは生きていけない。

なんだか人との関係みたいだ。

ときどき、ひとりで生きてる気がして忘れちゃうよね。

 

書をやっていると、書けない日はどうしようもなく落ち込むけれど、

なぜか、翌日には必ず救世主が現れる。

それは人のこともあるし、無意識の領域のこともある。

うまく言葉にできないけれど、

製作活動をはじめたら毎日不思議なことだらけだ。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

エネルギーと時間

 

自動代替テキストはありません。

 

店の営業が終わってから硯と筆を出して練習。

しかし、お腹が空いてきた途端に、調子が狂ってきた。

なかなか思うように書けない

 

気負いなく、それこそ鼻歌まじりくらいのほうが、

わたしの場合、思うものが書ける気がする。

 

筆と紙と墨の3つがピタッと合わないと絶対に書けないし、

(それと、わたしの呼吸も)

書くものによってそれは変わるから、

本当に見た目以上にエネルギーと時間の消費量がすごいです。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

和紙+墨

 

 

手漉き手揉みの和紙を墨でランダムに染めてみました。

このムラ感が好き♡

 

アプリでは今日10時から始まったNHKの3ヶ月英会話。

まるで、FMの深夜放送みたいで斬新♪

しかも、Lesson1はBruno Marsの【Just the Way You Are】は、

偶然にもわたしの作品と同じタイトル!!

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 

自動代替テキストはありません。

 

今日は、この秋【オパ】セラピストになられたお客様から、

少しだけオパして頂いてびっくり!

わたしはこれから「3つ」のことをやっていくらしい、、、

そして、それは全部繋がっていて、来年バクハツするとのこと!笑

 

さらに、明後日10/11に何かあるみたい。

その方は「門をくぐる」と表現されましたが、

実は10/10〜11は、オパとは関係ない全く他の方からも同じことを

言われているので、なんだろな〜ワクワク♪

 

お話ししていて思ったのは、人間って、ちょっと辛い、ちょっと大変な

くらいでは変わらないということ。

底を見た、底を知ってる人は、本気になる。これはまちがいない。

今日のセラピストさんもおっしゃっていましたが、

「要は行動するかしないか。10人いたら、行動するのは2人くらいね」

とのこと。

 

【オパ】に関しては、わたしは完全に受けるだけですが、

周りの方は講座を受けられて、ぞくぞくとブラッシュアップされてます。

セラピストさんも増えて頼もしいな〜!

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

関東へ

 

 

「心」は本日完売しました。

これは中国の手漉き紙に揮毫したもので、

宇宙を感じるほど雄大な気持ちになれる自分でも大好きな作品です。

お買い上げくださいましたO様、誠にありがとうございました。

これからきれいに拭き上げて、関東へ旅立ちます。

 

This japanesecalligraphy is written as ”heart”in Japanese.

and it was sold out today.


https://thac.theshop.jp/

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

2作品掲載しました

 

ひっそりと運営しております、店主の作品展示販売しているWEBサイト。

Tomoka Hayahisda ARTS&CRAFTS

http://thac.theshop.jp/

 

今日は、

「JUST THE WAY YOU ARE#001」「かがやきの雨」を掲載しました。

今後、書・コラージュ作品は随時こちらにUPDATEして参ります。

 

過去の作品集はこちら

http://www.kurumian.com/tomokahayashida.htm

 

 

かがやきの雨

 

JUST THE WAY YOU ARE

 

Tomoka Hayahisda ARTS&CRAFTS

http://thac.theshop.jp/

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

藍の生葉で和紙を染める

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、夜、木、屋外、自然

 

本当は開花前にしたほうが良いそうだけど、

今日、紙漉思考室さんの楮の手揉み和紙に藍の生葉染めをしました。

深みある野趣溢れるグリーン。

空気に触れて、これからどんな藍色に変化していくのだろう。

 

自動代替テキストはありません。

 

染め上がった和紙は、素材として作品に使用する予定。

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

価値があるものとないもの、

意味のあるものとないもの、

美しいものとそうでないもの、

意識と無意識を、

ひと針ひと針繋ぐ。

すべては同じ所から生まれたもの。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

my work

 

 

コラージュ2作目。

徳島の藍染め和紙に、糸島の藍染め糸などを素材に使用しました。

右上の黒い物体は、近くの海で拾った海藻。

元々リースみたいな形をしていて、どこかで使いたいと保存しておいたもの。

所々にわたしの書も紛れ込んでいます。笑

 

素材:

藍染め和紙(徳島・吉野川産)、藍染め糸・茜染め糸(福岡・糸島産)

リネンはぎれ、海藻(福岡・糸島産)、ドライフラワー、書(林田友香)

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

バランス感覚と自由度

 

自動代替テキストはありません。

 

コラージュアーティストは皆、己のバランス感覚と自由度のせめぎ合いだと

思う。チクチク刺しながら藍染め糸の青にうっとり♡

 

この自然から生まれた藍の色にうっとりとしてしまうのは、

ハワイ島のマウナケアの山頂で、朝日が登る前の群青に涙を流す感覚と同じで

はないかと思っている。自然の美に惹かれるのは、人間の本能に備わったもの

 

 

前衛芸術のひとつとした20世紀に始まったとされるコラージュは、

パブロ・ピカソと、ジョルジュ・ブラックがつくった造語と言われている。

 

ピカソは、新聞などでコラージュ作品を造っていた。

観客はそれを、全体ではなく、

その新聞に何が書かれているのか読んでいることを知り、

素材に意味を持たせることを思いついた。

 

と何かに書かれていたのを読んだ時、

わたしは勝手にピカソと思考でつながった気がした。笑

 

今造っているもののテーマは、時間や素材の価値のあるもの・ないものなど、

すべての「枠を外す」こと。そして出来上がった時、その素材ひとつひとつが、

どんな意味を持ちはじめるのかを再考したいと思っている。

 

以前にも書いたように、わたしはゼロから何かを創り上げるより、

素材そのものが好きで、それを組み立てることにとても興味がある。

これをやっている時は、脳がバランス感覚と自由さを求めて、

びゅんびゅん動いている気がするし、枠思考的な日本人にはもっとも不向きな

作業だとも思うから挑戦し甲斐がある。

 

正解を求める行為は安心に繋がるけれど、

これには正解がない、決まりもない上に、よくわからないというのがいい。

不安の最中に身を置くのが快感なのは、一種のMなのかも知れない。笑

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成