「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アルケミストを表現したら、、、

 

 

パウロ・コエーリョの「アルケミスト」をコラージュで表現したら

こうなりました。まだ途中だけど、、、

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

2作品出来ました

 

ハナトライフさんに額装を依頼していた2作品が出来ました。

 

 

佐賀産の手漉き手もみ和紙に墨と日本画の顔料を使って描きました。

昨日、額装家の石川さんともお話ししましたが、

考えながらは描けなくて、硯で墨を磨る間、静かに心を整えて、

形、色、余白はすべて無意識というか感覚で描いています。

 

「これは、あなたの色ね」

 

と以前、あるお客様に言われたことがあって、

どんな言葉より、とても嬉しかったのを思い出しました。

細胞のいちばん芯にあるような色。大好きな色です。

 

この作品の額装は、

わたしはボードに包むタイプを、、、と思っていましたが、

石川さんのご提案で作品が活きる、この方法でお願いしました。

 

 

 

 

これは、あえてタイトルを付けないコラージュ作品です。

 

材料:

手漉き手もみ和紙(佐賀産)、藍染め和紙(徳島産)

無農薬コットン手紡ぎ藍染め糸(糸島産)

無農薬コットン手紡ぎ茜染め糸(糸島産)

藍の生葉染め和紙(糸島産・わたしが染めたもの)、リネン、

墨(わたしがモチーフを描いています)

漂流物(流木・ネット)、緩衝材

 

時間も原材料も作られた場所も何もかも違う異素材同士であっても、

仲良くできるのは、大きく遡れは元は同じ場所から生まれたもの

だからかも知れません。製作者のわたしも。

 

製作は、価値や意味の有無、時間、場所を越えたところで、

コツコツと感覚に任せて編集作業を行っているような感覚です。

 

 

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

だんだんと

 

 

だんだんと形になってきました。

まだ製作途中の段階なのに、お越しのお客様と作品について、

あれこれお話しできて楽しい時間。

 

わたしのコラージュは脇目もふらずに製作するのではなく、

途中で寝かせたり、熟成?させたり、同時進行したりと、

1作品にかなり時間をかけるほう。

途中に起きること、温度や湿度、空気、時間、

すべて吸収して変化していく、まるで発酵食品みたいだ。笑

 

ざっくり足早に過ぎていく今に少し足と手を止める勇気を。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

3作品進行中

 

自動代替テキストはありません。

 

my work

手もみ和紙と墨と布と藍染糸のコラージュ。
ちくちく作業は無心になれるから好きです。

 

自動代替テキストはありません。

 

今、3つを同時進行中。

仕事では使わない部分の脳を動かすのは難しいけど面白い。

 

価値があるものないもの

意味があるものないもの

時間も用途も越えて

すべてをここで混ぜ合わせ

もう一度その価値と意味をつくりだしたい。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

Mother and child

 

画像に含まれている可能性があるもの:室内

 

先日、近くの海で夫が見つけた石が赤ちゃんを抱いたお母さんに見えて、

今朝わたしが同じ海で見つけた石は勾玉のかたち。

一説では、勾玉の形は胎児ではないかとも言われている。

これらを作品にしようと、

わたしが和紙に墨で書いたモチーフと合わせるも、

石たちをどうしても貼り付けられない

石は自由でいたいだろうから。

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

 

結局どうしたかというと、

なんとかフレームの中に置いただけ。

動かすと、二度とこの形にはならない。

母と子の時間も同じね。

今この時間は二度と戻らない。

 

title: Mother and child

TOMOKA HAYASHIDA

 

追記:

この作品をご覧になったある方が、

「パウルクレーの絵のよう。色も形も」とコメントをくださいました。

みなさまの感性で自由に見てください❤

ちなみに、パウルクレーの作品には宇宙と音楽を感じます。

石と共通する何かがあるのかも知れません。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

額装

 

 

夕方、昨日完成した作品の額装をお願いしに近くのハナトライフさんへ。

ある程度、この作品に合うものは頭に浮かべて行くのだけど、

額装の方法にもいろいろやり方があって、作品を生かすも殺すも額装次第。

それくらい額装に重きを置いているわたし。

ときどき、個展などで作品は素晴らしいのに残念な額装を見ると、

石川さんをご紹介したくなる・・・。

 

今日は、自分が思っていたやり方とは違うものを石川さんに提案いただいて、

それに決定。やっぱりプロの目は違う。

 

石川さんは芸術に精通されているし、やわらかく優しくもストレートな方。

今まで書ばかりで、コラージュの額装を依頼するのは初めてだったので、

ちょっとドキドキしていたら、

「わあ、面白いですね!テーマはなんですか?」

「この素材はなんですか?」

などなど、作品を作る経緯やテーマなどを聞いてくださり、

こちらも説明したくてウズウズしているので(笑)その時間もほんとうに

楽しいのです。

 

 

約600種類の中から選ぶ至福の時間。

 

 

 

 

いくつか候補を並べて。

 

 

最初にピン!ときたものに決定。

フレームという「枠」を使って、和でも洋でもない、書でも絵でもない

こうあるべきという常識の「枠」を外します。

 

 

お店の入口に飾られていた石川さんらしい素敵な作品。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

いちじく

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

普段、なにひとつ褒めない夫が「おお!それいいやん!」と初めて褒めた

新作「いちじく」。なんだかわたしらしい色だし、すごく好きな色。

描いた本人なのに、ずっと見ていると不思議な気持ちになる。

材料: 手漉き手揉み和紙、墨、日本画の顔料

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

REborn

 

自動代替テキストはありません。

 

雨の日はヒラメキの日。夜中に夢の中でも作ってた。

今日は以前墨で書いたものを自分で藍の生葉で染めた和紙や、

漂流物などでコラージュ。

ずっと書と組み合わせたかったし、やっと枠が外れた感覚。

昨日まで価値や意味のあったものが捨てられる時代に息を吹き込みたくて、

このシリーズのタイトルはREborn。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

Moon&Earth

 

画像に含まれている可能性があるもの:室内

 

昨日、ひたすら書いていたものがやっと乾いた。

和紙は乾きにくい。でも、この手への馴染みよさは、

やっぱり機械ではなく人が漉いたものだから。

 

丸がふたつに見えるものは、明け方、半覚醒状態のまどろんでいた時に、

わたしがすでに書いていた映像が見えて(映像では完成形だった)

すぐさま実際に書いたもの。タイトルはMoon&Earth。

 

地球は月がそばにいてくれないと大変なことになる。

1日が24時間なのも(月がもっと近かった頃は1日4時間だったらしい)

人間が暮らせる気候なのも

衛星がぶつかってこないのも

全部、地球のそばに月があるかららしい。

地球とはいえ、ひとりでは生きていけない。

なんだか人との関係みたいだ。

ときどき、ひとりで生きてる気がして忘れちゃうよね。

 

書をやっていると、書けない日はどうしようもなく落ち込むけれど、

なぜか、翌日には必ず救世主が現れる。

それは人のこともあるし、無意識の領域のこともある。

うまく言葉にできないけれど、

製作活動をはじめたら毎日不思議なことだらけだ。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

エネルギーと時間

 

自動代替テキストはありません。

 

店の営業が終わってから硯と筆を出して練習。

しかし、お腹が空いてきた途端に、調子が狂ってきた。

なかなか思うように書けない

 

気負いなく、それこそ鼻歌まじりくらいのほうが、

わたしの場合、思うものが書ける気がする。

 

筆と紙と墨の3つがピタッと合わないと絶対に書けないし、

(それと、わたしの呼吸も)

書くものによってそれは変わるから、

本当に見た目以上にエネルギーと時間の消費量がすごいです。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

和紙+墨

 

 

手漉き手揉みの和紙を墨でランダムに染めてみました。

このムラ感が好き♡

 

アプリでは今日10時から始まったNHKの3ヶ月英会話。

まるで、FMの深夜放送みたいで斬新♪

しかも、Lesson1はBruno Marsの【Just the Way You Are】は、

偶然にもわたしの作品と同じタイトル!!

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 

自動代替テキストはありません。

 

今日は、この秋【オパ】セラピストになられたお客様から、

少しだけオパして頂いてびっくり!

わたしはこれから「3つ」のことをやっていくらしい、、、

そして、それは全部繋がっていて、来年バクハツするとのこと!笑

 

さらに、明後日10/11に何かあるみたい。

その方は「門をくぐる」と表現されましたが、

実は10/10〜11は、オパとは関係ない全く他の方からも同じことを

言われているので、なんだろな〜ワクワク♪

 

お話ししていて思ったのは、人間って、ちょっと辛い、ちょっと大変な

くらいでは変わらないということ。

底を見た、底を知ってる人は、本気になる。これはまちがいない。

今日のセラピストさんもおっしゃっていましたが、

「要は行動するかしないか。10人いたら、行動するのは2人くらいね」

とのこと。

 

【オパ】に関しては、わたしは完全に受けるだけですが、

周りの方は講座を受けられて、ぞくぞくとブラッシュアップされてます。

セラピストさんも増えて頼もしいな〜!

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

関東へ

 

 

「心」は本日完売しました。

これは中国の手漉き紙に揮毫したもので、

宇宙を感じるほど雄大な気持ちになれる自分でも大好きな作品です。

お買い上げくださいましたO様、誠にありがとうございました。

これからきれいに拭き上げて、関東へ旅立ちます。

 

This japanesecalligraphy is written as ”heart”in Japanese.

and it was sold out today.


https://thac.theshop.jp/

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

2作品掲載しました

 

ひっそりと運営しております、店主の作品展示販売しているWEBサイト。

Tomoka Hayahisda ARTS&CRAFTS

http://thac.theshop.jp/

 

今日は、

「JUST THE WAY YOU ARE#001」「かがやきの雨」を掲載しました。

今後、書・コラージュ作品は随時こちらにUPDATEして参ります。

 

過去の作品集はこちら

http://www.kurumian.com/tomokahayashida.htm

 

 

かがやきの雨

 

JUST THE WAY YOU ARE

 

Tomoka Hayahisda ARTS&CRAFTS

http://thac.theshop.jp/

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

藍の生葉で和紙を染める

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、夜、木、屋外、自然

 

本当は開花前にしたほうが良いそうだけど、

今日、紙漉思考室さんの楮の手揉み和紙に藍の生葉染めをしました。

深みある野趣溢れるグリーン。

空気に触れて、これからどんな藍色に変化していくのだろう。

 

自動代替テキストはありません。

 

染め上がった和紙は、素材として作品に使用する予定。

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

価値があるものとないもの、

意味のあるものとないもの、

美しいものとそうでないもの、

意識と無意識を、

ひと針ひと針繋ぐ。

すべては同じ所から生まれたもの。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

my work

 

 

コラージュ2作目。

徳島の藍染め和紙に、糸島の藍染め糸などを素材に使用しました。

右上の黒い物体は、近くの海で拾った海藻。

元々リースみたいな形をしていて、どこかで使いたいと保存しておいたもの。

所々にわたしの書も紛れ込んでいます。笑

 

素材:

藍染め和紙(徳島・吉野川産)、藍染め糸・茜染め糸(福岡・糸島産)

リネンはぎれ、海藻(福岡・糸島産)、ドライフラワー、書(林田友香)

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

バランス感覚と自由度

 

自動代替テキストはありません。

 

コラージュアーティストは皆、己のバランス感覚と自由度のせめぎ合いだと

思う。チクチク刺しながら藍染め糸の青にうっとり♡

 

この自然から生まれた藍の色にうっとりとしてしまうのは、

ハワイ島のマウナケアの山頂で、朝日が登る前の群青に涙を流す感覚と同じで

はないかと思っている。自然の美に惹かれるのは、人間の本能に備わったもの

 

 

前衛芸術のひとつとした20世紀に始まったとされるコラージュは、

パブロ・ピカソと、ジョルジュ・ブラックがつくった造語と言われている。

 

ピカソは、新聞などでコラージュ作品を造っていた。

観客はそれを、全体ではなく、

その新聞に何が書かれているのか読んでいることを知り、

素材に意味を持たせることを思いついた。

 

と何かに書かれていたのを読んだ時、

わたしは勝手にピカソと思考でつながった気がした。笑

 

今造っているもののテーマは、時間や素材の価値のあるもの・ないものなど、

すべての「枠を外す」こと。そして出来上がった時、その素材ひとつひとつが、

どんな意味を持ちはじめるのかを再考したいと思っている。

 

以前にも書いたように、わたしはゼロから何かを創り上げるより、

素材そのものが好きで、それを組み立てることにとても興味がある。

これをやっている時は、脳がバランス感覚と自由さを求めて、

びゅんびゅん動いている気がするし、枠思考的な日本人にはもっとも不向きな

作業だとも思うから挑戦し甲斐がある。

 

正解を求める行為は安心に繋がるけれど、

これには正解がない、決まりもない上に、よくわからないというのがいい。

不安の最中に身を置くのが快感なのは、一種のMなのかも知れない。笑

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

collage

 

 

藍染の和紙をちぎったり、ハギレを組み合わせたり、

藍染と茜染めの糸を刺し子したり。

考えない。ひたすら感覚で手を動かしていく。

こんな自由演技(?)がとても性に合っています。

 

 

台風の日に、チクチクしていたもの。

A型である自分を消して、チクチク。

 

うちは父がO型で叔父はBとAB型、祖父AB型。

女子は揃ってみんなA型。

 

全部の血液型が3親等以内にいるので、

祖父母は家の壁にどでかい絵を描き出すかとおもったら、

その傍らで父と叔父は囲碁にふけり、

母と叔母たちはおしゃべりが止まらない。

まわりで孫たちがワイワイ遊んでいるのが日常でした。

見事にみんなバラバラ!笑

 

製作中その1

 

製作中その2

 

基本的に、なんでも同時進行するのが好きです。

 

 

ちぎった藍染めの和紙はインスタレーション風に、

ガラスのフラワーベースにふんわり詰めて。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

製作中

 

画像に含まれている可能性があるもの:靴

 

製作中。

蓼藍染めの和紙と茜染めの手紡ぎ糸で。

この糸に合う刺繍針がなくて、買いに行かなくちゃ、、と思っていたら、

自宅に偶然『ぬいぐるみ用』の針があった!

 

切ったり、貼ったり、書いたり、塗ったり。

何も考えない、手が勝手に動いている。

製作中は不思議なくらい心が落ち着くのは、和紙のおかげか藍のおかげか。

 

正直なところ、

藍染めの和紙を目の前にして緊張してしまうようだったら、

扱うのは時期尚早だと思っていた。素材に負けているということだから。

今回、それはなかった。どちらかというと高揚した感じはあった。

 

「作品をつくる」と肩肘を張らず、勝手に手が動く感じを楽しもうと思った。

そうしたら、ひと針ひと針刺すごとに、なぜか泣けてきた。

この気持ちはまだ言語化できないけど、どうも自分の奥底から湧いてくる

ポジティブでありがたい感情のようだ。

 

自動代替テキストはありません。

 

昨夜は、素敵な方とのあらたな出会いがあり、

めずらしく父親が出てくる夢も見た。

彼は今どこで何をしているのかも知らないし、今更会いたいとも思わないけど、

藍は父親のルーツであることはまちがいない。

 

わたしは自分のルーツをとても大切に思っている。

その思いが強いせいか、

ご先祖が誰で、どこで何をしていたのかなど様々なことが分かった。

 

そのベースを今わたしが継ぎたいと思っているし、

それだけにこだわらず、未来にどう表現していくのかも楽しみたい。

 

「素材」が大好きで、それを組み立てることに生きがいを感じているわたしは

自分のルーツと、今暮らしている糸島の素材を組み合わせているけれど、

先々は、自分が訪れた土地の素材を活かしてみたい。

 

【過去〜現在〜未来】の枠も、【素材】という枠も、

【思考】という枠も、【場所】という枠も、取り払うものをつくりたい。

 

今朝も、ハンナと海へ散歩に行く道すがらに、次の作品の構想が降ってきた。

藍を扱うようになって、いろいろなことが動き出した気がする。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

阿波蓼藍染和紙

 

自動代替テキストはありません。

 

ご先祖に祈りを込めて。

 

#阿波 #藍染め #和紙 #藍染和紙 #阿波蓼藍染め #県指定無形文化財 

#あわつち#artwork #indigo #awa

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

my works

 

自動代替テキストはありません。

 

マイケル ジャクソンのHeal the Worldを聴きながら。

 

今まで、こういう感じは書いてこなかったのだけど、

なんにも考えない、狙わない、好きな曲を聴きながらただ手が動く感じを、

表現したいと思いました。

 

for you and for me

 

客観的に見ていると、

ぶつかりながら離れながら、混沌とした世界に生きる者、

その中で自分の道を探す者、ちいさな平和を見つけた者、

無意識の内に、今この世を表しているようにも見えた。

 

なにも考えない、狙わない、無の中で手を動かす面白さに、

ひとつの表現方法として目覚めてしまったかも知れない。

 

自動代替テキストはありません。

 

そしてこちらは、先日書いたマハトマ ガンジーの大好きな言葉を、

インドの手仕事である真鍮のフレームに入れて。

偶然なのか何なのか、やはり相性が良いと思いました。

 

これは「自分が見たいと思う世界に、あなたがなりなさい」という

ガンジーさんの言葉と強さを表現しました。

なぜこの言葉にこんなにも惹かれるのだろう?と思うのは、

自分の今やっていることと思いが、その言葉のままだから。

 

でも時々、それが世の中の実際と乖離している気がして、

すこし苦しさのようなものも感じているのも事実。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

my works

 

自動代替テキストはありません。

 

【平和への道はない。平和こそが道なのだ。マハトマ ガンジー】


彼が当時どんな思いでこの言葉を発したのか想像しながら書きました。

わたしが好きなマハトマ・ガンジーの言葉の中のひとつ。

 

そして、もっとも好きな言葉がこちら。

 

自動代替テキストはありません。

 

【あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい】

 

この言葉からは「意思」を感じたので、自然とこんな書体に。

初々しいエネルギーというか、これから生まれる卵のような。

書いていて、坂本龍馬を想像してしまいました。

想像力を膨らませていると、最近、筆先から自分でも思いもよらない

何かが出ている気がします。

 

そして、これを見ていたらなんだかTシャツを作りたくなりました♡

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

屋号の練習

 

自動代替テキストはありません。

 

ある方から、お店の屋号をオーダー頂いていて、ただいま練習中。

書くの大好きだから楽しいな

#kurumian #くるみあん #書の仕事 #屋号

 

自動代替テキストはありません。

 

【人生にはスピードよりもっと大切なことがある マハトマ ガンジー】

#kurumian #くるみあん #糸島 #書の仕事 #マハトマガンジー#mahatmagandhi

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

漢詩

 

 

title ”COSMIC LOVE”

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然

 

先日書いた『COSMIC LOVE』は、

まるでムドラー(手印)のような枝を持つこの木がモデルなんです。

この日の朝も美しかった♡

 

 

自動代替テキストはありません。

 

漢詩を書くのが大好きだ。
でも、一行目を自由に書きすぎと収まらず失敗(≧∇≦)
いかん、漢詩ばかり書きたくなってきた、、、やっぱりルーツだね。

 

自動代替テキストはありません。

 

この本無くしていて、どこに行ったんだろう、、、と思っていたら、

夕方ひょっこり出てきた♡

 

 

それにしても、なぜ漢詩を書くのが大好きで気持ち良かったのか。

思い起こせば昔、漢詩ばかり書いていた時期があったからなのかもしれない。

 

その頃は、まるで競技のような書道で、

頻繁にコンテストに出品したり周りと競いあっていた。

ある時、わたしだけ約2年間昇段しない時期があって、

子どもながらとても辛かったのを思い出した。

 

練習してもしても、わたしだけ上がらない。何が悪いのか全く分からない。

教室の日は誰とも口をきかず急いで家に帰り、毎週毛布に包まって泣いていた。

そんなわたしを見て母は何も言わず、

わたしも母の反対を押し切って書道を始めたので(なぜ反対されたかというと、

持って生まれた癖や持ち味を矯正されると母は思っていたから)辞めたいとも

言えなかった。

 

そんな停滞期を抜けた時、競技会でも試験でも全く緊張しないというメンタルの

強さを手に入れた。誰かと比べたり比べられたりしようが

昇段しようがしまいが、慣れてしまっていて、すっかり太々しくなっていた。

 

もう見たくもないであろう漢詩を大好きだと思った自分にも驚いたけど、

辛酸をなめたあの2年間は挫折知らずのわたしの成長期に必要なことだったんだ

と心から思った。辛くても辞めなくて本当に良かった。

辛さが大好きに昇華することもあると知ったから。

 

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

色即是空 空即是色

 

 

書作品『色即是空 空即是色』が同じ糸島市内のご家庭へ旅立ちました♡

ありがとうございます。お包みする前に1枚パチリ。

 

これは10cm×10cmくらいの小さな作品で、

書いていてとても気持ちよく伸びやかな作品になりました。

 

『書をもっと気楽に、リビングでいつも楽しめるものを』

というのが、わたしが書をお仕事のひとつとして始めたきっかけでしたので、

それを体現できて心から嬉しく思います。

 

こちらのお客様にはもうひと作品オーダーをいただきましたので、

これから心を込めて揮毫させていただきます。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

サイン

 

 

本日定休日。
朝からぽかぽか陽気で気持ちいい。
庭のもみじのグラデーションが綺麗。

 

 

昨夜、湯船に浸かっていたら思いついた、わたしの作品に添えるサイン。

 

すごく三角形が書きたくて、これは天と地みたいな形だなあ、

【あわつち】の頭文字のAみたいにも見えるなー♪

父親は阿波の人で阿波忌部が父方のルーツだし、

書いていてしっくり気持ちがいい。

 

そういえば、先日3度目のオパを受けたときに、吉本さんから再び、

『友香さんはエネルギーの扱いが得意で上手』

と言われて???だったんだけど、今はなんとなくわかる♪

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

subconscious(潜在意識)

 

 

今日の1枚。
タイトル『Subconscious』

 

やっと、思う1枚が書けた!

頭に浮かんだ割にはなかなか書けなくて、、、

今回は、紙や墨など道具の神様に助けてもらった気がする。

 

書き手のひとりよがりでは書けない。

幼い頃、厳しかった書の先生が言っていたのは、

こういうことなのかも知れない。

 

この作品を書いたきっかけは、昨日の夜中3時すぎに目が覚めて、

もう一度眠ろうとするかしないかの時に、急に頭に思い浮かんだもの。

 

タイトルの意味は『潜在意識』。

潜在意識は宇宙と繋がっているという研究者もいて、

禅の世界で宇宙も表す『◯△□』と、

『心』という文字を合わせ、私なりに表現しました。

 

あれこれと全部書いてしまうと、

見る方の想像の時間を奪いそうなので、これくらいでやめます。

この<余白>が、とても重要な役割を果たしています。

でも、正解はないので、自由な解釈で見ていただけると嬉しいです。

 

面白いのは、潜在意識は睡眠中にも現れやすいということ。

私の潜在意識が『これ書いてみて!』と教えてくれたのかも♡

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

今日の1枚

 

 

今日描いた1枚。

色も好きなのだけど、今の気分はシンプル&モノクロなんです♡

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

土のピース

 

わたしにも、これから何が出来るのかナゾ。笑
ひたすらちぎってピースづくりをしています。
土との即興セッションという感じ。
乾いたら野焼きする予定。

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

書の見方とは

 

わたしが再び筆を手にしたきっかけは、

3年前に東京国立博物館で開催された『和様の書』に行き、

そこに来ていた書の先生方が、

 

『絵画はたくさん見にくるけど書は少ないのよ。』

 

とおっしゃっていたのを聞いてから。

 

 

その最大の理由は『書は見方が分からないから』だろう。

わたしも書きかたは習っても見方は習った記憶がない。

(しかし、書きかたの中に見方の基礎となるものは教わっていた)

 

和様の書では、御三家の真筆を前にし、

信長は妖艶で、秀吉は人懐こい、家康は均整が取れた字を書き、

伊達政宗はとてもセクシーな字を書く人だとお見受けした。

 

名は体を表すように、字は人柄を表す。

九州国立博物館館長の島谷弘幸さんが言うには、書の見方とは、

 

 

線の美。筆の機能を最大限引き出せる人が上手い人。

いいものには無駄な動きがない。

安定感を生み出す造形美。

余白の美。空間処理が大切。すなわち全体の調和。

平面の書の立体的な表現。

 

(ちなみに、筆の機能を最大限活かしておられる方で1番に浮かんだのは紫舟さん)

 

 

ここまで紹介させて頂いて恐れ多いが、大切なことが一つ抜けている。

 

まず、その書の前に立ったときに何を感じるか?

やはり良い書には、迫り来る圧を感じるものあり、

爽やかな風が吹き抜けるものあり。

 

絵画より遥かな、究極の想像力の世界だとわたしは思っている。

真筆には、当時の匂いまで伝わってきそうな墨の佇まいがある。

見方と素直に感じる心。

この二つがあれば、書はどこまでも深く面白く、

書いた人と深層で繋がれるような愉しみがつづく。

 

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -

秋の気配

 

 

庭掃除で刈ったススキを1本、硝子に生けてみたら、

それだけでその場が秋になった。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成