「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

準備期間

 
「今は子育て中だけど、いつか夢を叶えたい」
「子育てが一段落したら、仕事をはじめたいんです」

・・・と、先日、店頭でお話くださる方がいらっしゃいました。

わたしは仕事が好きで、死ぬまで続けると決めているので、
「仕事がしたい」という方には、知りえた情報を共有したり、
マッチングさせていただいたり、微力でも何かご協力したいと思っています。

なぜ、仕事が好きかというと、
金銭的なこと以上に、こころの豊かさを実感できるからです。
もちろん、紆余曲折、大変なこともありますが、
仕事をしていなければ、こんなにたくさんの方と知り合うこともできなかったし、
世代や職業、国籍を超えて、よく笑い、共感・共有し、
時には一緒に泣いてくれるお客様がいるなんて、
なんて幸せな人生なんだろう・・・と。



仕事から距離を置いている期間は、まぎれもなく「準備期間」で、
新聞や本を読んで、今世の中で何が起きていて、
何が問題になっているのかを学んだり、
専門分野の勉強を続けたり、さまざまな人に会って見聞を広めたり
主観的・客観的に自分を見ることができるようになる必要があると思います。

わたしは、くるみあんをはじめた26歳の時、
ほとんど準備なくはじめてしまい、
やりながら勉強する毎日で、それはそれはタイヘンでした・・・
でも、過去にしてきたアルバイトや企業に勤めた経験が、
少なからず仕事の基礎になっていて、役に立ったのは間違いありません。
これらの経験がなかったら、もっと苦労が多かっただろうなと思います。


その仕事が「対人」であるかぎり、社会と関わりがあるかぎり、
良くも悪くもさまざまな人や事柄の出会いがあり、
悪いと思っていたことが、逆に学びの師となる時もあり、
山あり谷あり、自分の心は慌しく、ぜーぜーと息切れし追いつかなくなる時もあります。

そんな時はやはり、何事も経験がモノを言うもので、
動じない人は、総じてみなさん経験値が高いなあ・・と思います。
クラブやスナックのママさんたちは、ちょっとやそっとのことでは動じませんし、
動じているママさんを、わたしは中洲で見たことがありません。

また、経験値の高い人は大らかで、気前もよく(豪快)
お話していても否定語がほとんど出てきません。
そして、まわりの人を包み込むようなオーラがでています。
わたしが知るかぎり、うまく回っている方は、ほとんどこのタイプの人です。
(逆を想像してみたら納得)


今、何もしていないからといって焦る必要はまったくないし
着々と粛々と、準備を進めて「その日」を待ちましょう♡
・・・実は、わたしも今、この真っ只中です。

旅と同じで、この時期は妄想も膨らんで、1番楽しかったりします(笑)
妄想で終わらせないようにしないとね・・・
何事も行動することで道が開ける。これまちがいないです。

先日、facebookですてきな言葉をシェアさせていただいたので、
こちらにも♪ きゅ〜んと響きます。



あなたの長所は
あなたのために
あるのではありません。

それを使って
世の中のたくさんの人を喜ばせるためにあるのです。

だから、
誰にも遠慮はいりません。

どんどんよいところを
伸ばしてください。

それがあなたが生まれてきた
意味であり使命です。

あなたの短所は
あなたのために
用意されているのです。

自分の短所に気づき
自分が成長する
きっかけを作る為です。

短所はあなたの
個性でもあり
魅力の一つです。

短所に気づいたら
自分の中に成長のための原石を見つけたと
喜んでみてください。

それはきっと
磨くと光輝く原石になるはずです

好きを仕事にする | permalink | - | -

人間観察モニタリング

 
昨夜、TBSの「人間観察モニタリング」という番組で、

<女性限定・スーパーでヘディングシュートを決めたら3割引>

という企画に、何人挑戦するかをモニタリングしていました。
チャレンジした人は、
確か東京が1/20で、大阪が7/20だったと思うけど、
実際にされた方の少女のような笑顔がとっても印象的♡
この方たちは、好奇心旺盛、今を楽しむ術をご存知で、
きっと毎日楽しく過ごしていらっしゃるだろうな〜♪と思いました

でもこの企画、糸島でやっちゃったら大変・・・
ずら〜〜っと行列ができることまちがいなし
しかも、かなり本気度の高そうな(笑)
あの人この人、並んでいる人の顔が浮かぶ〜〜
(体育系部活動出身者が多いからねー)



話は変わって、
先日書いたブログ「好きを仕事にするということ。」で、
メールをいただいたり、
店頭でお話をお聞かせくださる機会が何度かありました。
みなさん「好きを仕事にすること」について、
日々、真剣に考えていらっしゃるんだなあ・・と思いました。
そこで、わたしがある方にお送りしたメールを下に貼ります。

---------------------------------------------------

前略
改めて、自分のブログを読み返してみると、
なんだか生意気なことを書いているなーと思いましたが(汗)

14年間この仕事をやってきて、
まわりの人もたくさん見てきて、
たくさんの人に相談されて、
やっぱり「好きを仕事にする人」にはセオリーがあると思いました。

今、好きを仕事にしたい方のきっかけづくりや、
ちいさなお手伝いをしていますが、

やっぱり最後は「ご自身」なんですよね。
ご自身の気持ち、恐れないこころ、強い信念。
これさえあれば、なんでもできる気がします♪
失敗したって、命取られるわけではないので(笑)
何度チャレンジしたっていいじゃーんと言っています。

ブログでは書き忘れてしまいましたが、
これから必要不可欠なのは「発信力」だと思います。

自分は何をやる人で(何ができて)
こういうことを日々考えていて
こんな未来になったらいいな

これを伝えることができるかどうかで、
好きが仕事になるか、
趣味のまま終わるかが分かれるキーのような気がします。

今、うまく回っている方は、この辺がやっぱり秀逸です。
シンプルに考えても、伝えなければ伝わりませんものね。
ただ、日本人は少しここが苦手な方が多いのかなとも思います。
(周りと同じでないと。。という教育をされてきたので)

後略
---------------------------------------------------


最後に、「好きを仕事にする」だけじゃなくて、
「自分らしく生きられたら」
人生に後悔はないし、自分の人生に責任を負えます。

そして、過去見ていた風景や人が、
光り輝くようにガラリと変わる瞬間があります。

たぶん、なかなか一歩が踏み出せない方は、
自分の中の「恐れ=ロック」がこころを支配しているのだと思います。

ロックを外す方法もたくさんあります。
どうかいつの日か、ご自身でそのロックを外し、
光の輪の中へ飛び込まれますことを、お祈りしています。

大丈夫、最初はみんな 1年生。

↑われながら、良い句ができたと思った(笑)
でも、どっかで聞いた感じもある

それから、
「わたしタフじゃないし体力に自信ないです」という方が多くおられますが、
これからなればいいんです(←カビラJ風に)
何を隠そう、わたしは今でこそガタイが良く、
最後に風邪をひいたのは確か2006年ですが、
20代の頃はしょっちゅう体調を崩して寝込んでました。
なので、大丈夫でーす。



好きを仕事にする | permalink | - | -

好きなことを仕事にするということ。

 
「毎日、楽しそうでいいですね」
「好きなことを仕事にできていいですね」

と、よく言われます。
偶然そうなったのではなく、あえて毎日楽しくなるように、
好きなことを仕事にできるようにとやってきました。

好きなことが「自営業」であると仮定すると、

◎疑問点を自分で探しにいけるか
◎孤独に耐えられるか
◎体力に自信があるか
◎批判されても耐えられるか
◎打たれ強いか
◎勉強(学び)が好きか
◎失敗を恐れない性格か
◎自分だけの成功(成長)を考えず、
 回りの人や世の中がうまく回るように考えることができるか


などなど、向き不向き・適性もあると思いますが、

「好きなことをして、食べていけるわけがない」
「仕事とは苦しいものだから仕方ない」

と、何か行動を起こす前から、
自分に「ロック」をかけている人が多いなあ・・・と思います。
そして、それはまっすぐ、真面目に育ってきた人に多いです。

「ロック」をかけているのは、新しいことをやろうとした時に、
「そんなことしてどうするの?」「どうせすぐ飽きるんだから」
が口癖だったご両親かも知れないし、自分自身の性格かも知れない

でも、好きなことを仕事にするには、
必ずその「ロック」を自分自身で外さなくてはいけない。
ロックを外せて、やっとスタートラインに立てる。
ここからがはじまり。

好きなことを仕事にしても、辛いこと、苦しいことには遭遇するし、
ほぼの確立で批判もされる。壁には必ずぶちあたります。
見えないところでもがきながら、そんなことを顔に出すこともなく
毎日笑顔で仕事をしている人を見かけると、
そこにその人の強さを感じます。

それでも、

好きなことを仕事にしている人にしか見えない世界があるので、
みんながんばっているのだと思う。わたしも。




好きを仕事にする | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成