「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

最後の稲刈り

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、草、空、屋外、自然

 

稲刈りが終わった。

今年は最後の米づくりにして、猪、雑草、水、この3つにことごとくやられ、

過去9年間でもっとも悪かった。収量はたぶん半分いかないだろう。

これだけやられると、心置きなく猪が食える。

 

午前中に稲を掛けていたら、すぐ近くでカサカサッと物音がして振り返ると、

ウリ坊がじーーーっとこっちを見ていた。

「シッ!」と言うと、お尻を向けて山に戻っていったけど、

そのお尻を見て、可愛いではなく「うまそう」と思ったわたしって、、、苦笑

 

画像に含まれている可能性があるもの:草、植物、自然、屋外

 

しかし、陽を浴びる稲の神々しさは今までで1番かも知れない。

今年は特にきれいだな。もう来年から見られないから見納めだ。

来年からは、野菜の収穫量を今の3倍を目標にがんばるつもり。養蜂もね。

 

実際にやってみて、この9年間、思いのほか夫が頑張ったことと、

地味で大変な作業だけど、自分たちで米が作れるという自信もついたし、

個人的には、じーちゃん&ばーちゃん孝行がちょっとは出来たし、

(収穫したお米をまるでひ孫のように抱いてくれた)

本当に良かったと思ってる。

 

この米づくりを経験して思うのは、やっぱり、

 

【食べ物を残したり捨てたりしてはいけない。】

 

ということ。

 

自分が食べる分だけ買い、きちんと、残さず食べる。

 

誰だって当たり前のことだと思うのに、

どうしてこの国は食品廃棄量が1人当たり世界一なのだろう?

(食品自給率は先進国の中で1番低いのに)

 

ちなみに、損失額は1年で11.1兆円(1世帯あたり6万5千円)とのこと。

なんと消費税5.5%分。

 

もちろん売るほうにも問題があるけど、

毎年6万5千円捨てるくらいなら、もっと意味のあるものに使いたい。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

稲刈りが終わって、甘味補給に近くのcafe TANNALさんへ。

いちごのスムージーを作ってもらいながら、猪にやられたグチを聞いてもらう。笑

 

自動代替テキストはありません。

 

井田原のTANNALさんの隣に、中華のお店がオープンしてる❤

早速チラシをもらってきたから、今度行ってみよう!

 

9年目の米づくり | permalink | - | -

9年目

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、草、屋外、自然

 

9年目の米づくり。

今年は日照時間が長かったせいか、稲の成長が今までで1番良い♡

病害虫にもまったくやられず元気いっぱい!台風にも負けるな〜

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、植物、屋外、自然

 

自動代替テキストはありません。

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、草、空、屋外、自然

 

今年は雨が少なすぎて、田んぼもカラカラ( ; ; )

足がいぼらず田植えしやすいかと思いきや、土に稲を植えるのにふた手間

かかり、同時に草も抜きながらやってるから、もうタイヘン!

2日目は雨が降ってきたので、ドラ鳥で唐揚げ定食食べて終了。

(最近、ドラ鳥は料理雑誌danchuに掲載されたせいか、平日でも満席)

あと1/3くらい、もうひと頑張りだ

 

画像に含まれている可能性があるもの:犬、屋外

 

家に戻ると、しとしとと雨音が心地いい午後。

庭の西洋菩提樹が濡れて、うつむき加減な花がいとおしい。

あえて雨に濡れて、心身を潤したくなるような気分。

ハンナもリラックスしてウトウト、、、お昼寝タイムです。

 

画像に含まれている可能性があるもの:フルーツ、食べ物

 

お尻がいっぱい

田植えが急遽中止になって、雨の中収穫したすもも。

木で熟らせたので酸味が少なく濃厚です。

そのままかぶりついても、甘酒とmixしても美味しい♪

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然、水

 

田植え3日目。

夏至の昨日、今年の田植え終了\(^o^)/

この9年間で最もしんどかったかも、、、。

 

帰りに運転しながら、周りの田んぼにも並々と水が入っているのを見て、

つくづく日本は水の国だなあと思った。

今年も国民の胃袋を満たすべく、田んぼにいのちの水が注がれている。

毎年の風景ではあるけれど、特に今年は雨が少なかったから余計そう感じた。

でも、ちゃんと必要な時に降ってくれる。

人間がそのありがたみを忘れそうな時、思い出させようとしているのかも

知れないね。

 

9年目の米づくり | permalink | - | -

今年も・・・

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、植物、屋外、自然

 

腰を痛めたり、秋の稲刈りと脱穀作業が時間的にしんどかったりで、

今年でやめる、やめると言い続けて9年目。笑

今年も可愛い稲たちが芽を出しました。

 

 

追記:

 

野生動物が出る場所は気が良いと聞いたことがあるけど、

頼むからそこでくつろぐのヤメテー(T_T)

餌を探すふうでなく、木陰でのんびりしている毛艶の良い若いサル。

うちも東南アジア化してきたなあ、、、

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然

 

9年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成