裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

浄化と調和

 

 

 

 

 

墨染めをして気づいたこと。

遠赤効果とか消臭、浄化作用があると言われているけれど、何より、場の気が整ったというか、すごく心地良くなったと思う。邪気がない感じ。これは何だろう。本当に不思議。

 

墨と炭は焼成温度の違いだけど、炭を畑の土に漉き込んでも発酵が進んだり、土と作物を元気にしてくれる。さらに飲めば悪いモノをくっつけて排出してくれる。これを身に着けると、きっと人も元気になる。現に、感覚が繊細な方々はいち早くそれに気づいてくださった😊墨染めの奥深さ、人と自然の調和に虜になってます。

 

 

染めもの | permalink | - | -

自分用

 

 

今日、お客様にお話ししながら、墨染めはアートだとつくづく思った。筆で描くか、身体全体で描くかの違い。わたしは何でも大きなもの、広いものが好きなので、自然とここに辿り着いたのかも知れない。

 

ここ数日、増税前のあれこれ情報を何気なく見ていたらどっと疲れた。海外で買物したら、10%以上の税なんてどこでもある(ちなみに近場では韓国10%、中国17%、台湾5%)。増税しようがしまいが、欲しいものは買う、欲しくないものは買わない。事業者としては良いものを追求し作りつづける。単純にただそれだけ。もちろん消費税なんてないに越したことないが、増税するなら、その内訳を細かく教えてほしい。ちゃんと国民のためなのかどうかを。もし、国民のための社会保障が手厚くなり、老後の心配がなくなるのなら、増税はむしろ歓迎なのに。

 

 

染めもの | permalink | - | -

ichigo ichie LABO

 

 

店舗は今日までお休み中。

火曜〜木曜日の休みの3日間は何をしているのですか?とよくご質問を頂きますが、

毎週このようなことをしています。

 

新作のリネンのブラウスはデザインに合わせて薄墨で染めました。

前回のシャツワンピースはビンテージシックに染めましたが、今回はムラと均一性を

バランス良く上品に染めてみました。課題もひとつクリアできて良かった。

 

キャンバス地のバッグはこれがなかなか大変。

厚手だし吸水しづらいしで、もうヘトヘト。木材のカンナ掛け中だった夫にも手伝って

もらいました。そんな中、頭に浮かんだ一言。

 

 

世の中に好きな仕事はあっても楽な仕事はない。

 

 

以上。笑。

 

何でもひとつの物事をものにするには10年かかると言われますが、

わたしも例外ではなく、35歳の頃から次のステップのことを考えていたので、

その勉強と準備に、やっぱり現時点で約10年かかっています。

 

そして、35-45歳のこの10年間は楽しいことよりも、しんどいことのほうが多かった。

でも、人生の中でまだ体力もあり、頭も回転し、脂の乗った時期でもあるので、

負荷のかけ甲斐はある時期だと思いました。

今から10年、以前と同じことをやれと言われても、正直身体がしんどいです。

次のステップはすでに決まっているので、これからはそれを深めていく10年にします。

 

 

 

ビフォー(昨日)

 

そして今日はバッグを中心に染める。

油断していた、、、バッグが1番大変だった!

腱鞘炎の腕版になりそう。

 

 

アフター(今日)

 

 

 

それと、実験してみたい染め方があり早速やってみる。

筆を使わない墨象画のようで楽しい。まだあと1回くらい同じように染めたい。

 

ひとつ課題をクリアすると、また新たな課題がやってくる。

 

わたしの性格上「できない」ということが好きなので、この「できない」を徹底的に

やっつけたくなる笑。だから、どんどん深みにはまっていくんだな。

 

 

 

染色による墨象。

 

 

 

 

今日は腕も着ている服も墨に染まった。

これを見ていると、書道をはじめた幼い頃の自分を思い出す笑。

 

 

 

染めもの | permalink | - | -

墨染め

 

 

数年前に購入したanoneさんの真っ白なワンピースを墨染めしました。

 

一度しか染めてないので、淡い墨色だけど、

このワンピースにはこれくらいが良いのかも知れない。

墨染めは、濃度よりも回数を重ねることで濃くなるそうなので、

濃い色にしたくなったらまた染めよう。

 

クタクタになった服、色褪せた服、出番が少なくなった服なども

染めることでまた息を吹き返す。染色ってすごいなと自分で染めて思いました。

 

 

6歳から墨を使ってきた身としては、家のようにいちばん落ち着く、大好きな存在です。

 

#墨染め #墨 #松煙 #naturaldye #anone #ワンピース #染色 @ Itoshima-shi, Fukuoka, Japan

 

 

染めもの | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成