「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

キモチイイ〜!

万年初心者でへたくそなくせに、台風スウェルを期待して、
今日は夕方から、いざ海へ〜!




どれくらいぶりか分からないくらい、久々の海。
ここの所、かなりモンモンとしていたので、海に入れるだけでも嬉しいDocomo80

パンツはなんと夫のおさがり...
あまりに気持ちが早まって、パンツのヒモを結ぶのを忘れてしまい、
気づいたら、お尻がはみ出ていた(笑)水着着てたから、まあいっか。





わたしが入ると、なぜかいつも波よサヨウナラ...
小さな波で残念。
でも、ボードを置いて、とりあえず泳ぐ(笑)
やっぱり気持ちいいぞー!
スカッとしたぞーー!!


家に帰ると、我家のチビ子たちが
「あたしたちもつれていけーーっ」と怒っていたDocomo_kao17

そのままの格好で、近くの海に散歩に連れて行くと、
もも&あんじも、海に入っておおはしゃぎ!





帰って、2匹をお風呂に入れて、
その後わたしもシャワーを浴びた。

水着やラッシュガードを洗濯して、干しているとき、
空を見上げたら、いつの間にか秋の空。
体に当たる風がものすごく気持ちよかった。

人間も家電製品のアースのように、
たまには自然の中で放電しないといけないんだなと思った。

今日は、ウォーキングもヨガもサーフィンもできて、
シアワセな1日。やっぱり海が大好きです。



へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

キモチイイ

昨日、今日と少し波が上がったので、ボードをもって2日連続で海へ。
こういう海の入り方はほんとに久しぶり。
相変わらず超がつくへっぽこサーファーですが、毎日こうもベタ凪続きだと
さすがにカラダがなまって変になりそうでした。



しかし、わたしが海に入ったとたん、どこかへ消えていった波たらーっ
二の腕エクササイズ(パドリングで)しに行ったようなもんでしたが、
それでも海と一体になれて、スッキリ!!
(上半身裸のように見えますが、実はラッシュガードが破れてしまい、Tシャツで海に入ってます)

糸島に住む前までは、よく風邪をひいたり、
体調を崩して病院のお世話になることが多かったけれど、
旬の食べものばかりのせいか、潮風を浴びているせいか、
だんだんカラダが強くなっている気がします。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

イタイ1日

「台風が来る前に」と、
今日の夕方、久々に波乗りの練習へ行きました。

はじめは、ぷかぷかと波待ちしていたけれど、
しばらくするとサイズが上がってきて
「よし、これに乗るぞ!」と決めた波は、
わたしにはめっそうもない肩くらいのサイズで、
乗ったとたんにボードの先っぽから直角に。
(梯子に逆さに吊るされる出初式みたいな格好)

背負い投げ→波の中で2回転→首&足を強打

・・・もう、慣れたもんです(苦笑)

その後、首が痛くてしんどくなったので、
しばらく小さな波ばかりに乗って遊び

車に戻る途中、疲れが一気にやってきたのか
今度は右足にボード(セミロング)を落としてしまいましたびっくり
板は無傷だけど、足は未だにいたい。

しかも今朝、夫の髪をカットしている途中、
ハサミで自分の左中指をチョキーンと切ってしまい
ふんだりけったりのイタイ1日でした。
(なぜか塩水には大丈夫だったけど、帰ってシャワーを浴びた時やたら染みた)
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

M?



2日連続で、日暮れ前に波乗りの練習へ。
昨日は、海面はぐちゃぐちゃ、だ〜れもいない海。
すぐに東→西に流されて、波にはぐるぐる巻きにされて
久々に溺れかけてしまった(苦笑)。

シャワーを浴びていたら、気持ちが悪くなって
なんとそのまま吐いてしまい(!)
「しばらく行くのやめようかな..」と思ったけど
夜寝るまえには「明日波上がるかなあ」とわくわくしている
ぜんぜん懲りてない自分がおりました。
あたしってM?(笑、波乗りのときだけね)


今日は、夕方に携帯でチェックしたのに
到着するやいなや、波はほとんどなくなっていて
砂浜でいじいじしていたら、知らないおじーちゃんがやってきて

「今日は波ないねえ〜。でももうすぐ上がるよ。ハハハ〜!」

と陽気に去っていった2-3分後。
今日はドルフィンスルー&波待ち練習日にしようと思っていたのに
膝サイズの波は、モモ〜腰サイズに!
じーちゃん、すげーーー!


サーフィンは、シンプルだから
へたくそでも楽しいね。
いやなこと、ややこしいこと、めんどうくさいこと、
煩悩全て波に消してきた。




 最近、以前となんかちがうと気づきはじめた
 上半身のムキムキ具合(笑)
 記録用に撮っておく。
 ちなみにここは自宅の風呂場。
 顔はすっぴんなので、カッパのよう。


 今日の晩ごはん。塩豚と冷蔵庫ののこり野菜スープ。
 それと、おかこん(←これでわかるひとはすごい)。
 先日、おからこんにゃくを10袋も買ったので
 今日はステーキ風にしてみました。
 これを食べると翌朝のお通じは感動モノ(笑)
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

人生できないことだらけでも

昨日は、仕事を済ませて夕方から日没まで、海で過ごしました。
桃は1歳から、あんじは0歳から海育ちなだけに、
泳いだり、砂を掘ったり、走り回ったり...と、がっつり遊びます。



みんなが波打ち際であそんでいるすきに、
波はスネ〜膝サイズくらいだったけど、先日買ったおさがりのショートボードで
ひたすらドルフィンスルーの練習をしました。
※ドルフィンスルーとは?
http://www.b-surf.net/bangai_14.htm



今まで使っていたファンボードでは浮力がありすぎて
どんなに押し下げてもボードが沈んでくれず、
波を顔面にまともにくらったり、ボードごとひっくり返ったりしたけれど
昨日は「ひょい!」とばかりに沈んでくれて
波が身体の上をするりと通過していきました。快感〜!

今までボードには「乗せてもらっている」という身体の感覚だったけれど
昨日は、まるで肌にくっつくような一体感をはじめて経験しました。

でも...「波待ち」は、まだお尻がプリプリしちゃう(苦笑)。

できないことをできるようにするための練習って、かなり好きかも。
自分の負けず嫌いな性格をフルに生かすことができるし、
できるようになったときの快感は、言葉では表現できないほど。
そして、なりより生活にハリがでるのがいい。
こうなったら「人生できないことだらけでもいい」と思うくらいです(笑)。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

最近買ったもの(その2)


 
 夏が来る前から物色していたショートボート。
 でもいろいろ種類がありすぎて、さっぱりわからん...。
 サーフィン雑誌を読んだり、JUNKOさんに聞いたりして
 ついに購入しました!



 「Thornton Fallander
 (ソーントンファーレンダー)5'11"」 
 なんと、これはJUNKOさんのおさがりなのです。
 ピンクのデッキパッドと、ピンクのリーシュコードで
 ちょいサーファー‘ガール’風(笑、おいおい32だで)
 頭文字をつなぐと「TF」サーフボード。


そうです、お店の名前とおんなじ!
TFサーフボード(ショップ)は、
オーストラリアの著名なサーファーであり、シェーパーである
ソーントンファーレンダーのオーダーサーフボード販売特約店だそうです。
詳しくは、オーナーの秀峰さんやJUNKOさんにお尋ねください。
http://tfsurf.net/


購入した日、同じ時間に店内にいた男性のお客さんが見るなり

「えっ、それ買うの??オレも欲しかったのに〜〜!
 それすごくいいボードですよ、ほんとに。」

と言われて、日々のへっぽこぶりや
年齢に負けずがんばって練習しよう!と誓ったのでした。
(先日、小学6年生の女の子がショートでがんばっているのを見て衝撃だった)



追記:

先日購入した↑のショートボードは、
JUNKOさんが2人目を出産したあと、ショートに復帰するため
短いけど浮力があり安定性に優れたものを..と、
ソーントンにお願いしたものだそう。

「そのボードには、たくさんいい波に乗せてもらったから
 これからは友香さんの相棒として信頼してデカ波につっこんでね。」

・・じーんとしました。
今、ありえないほど薄くて短いショートボードに乗っているJUNKOさんには
一生かかっても追いつけないけど、譲ってもらったボードは
相棒として、ずっと長く、一緒に海で過ごしたいと思いました。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

五感のように

昨日も台風前の海で練習してきました。
あまりの向かい風に、まともに沖へも出られず
2〜3本しか乗れなかったけれど、それでも結構満足しました。

足腰が立たなくなるくらいどっと疲れても、
帰りの車の中から見る、いつものなんてことない木々や畑の緑さえ
キラキラまぶしく見えたり、風が3倍くらい心地よく感じる
‘開いている’状態が、ものすごく好きです。

これは、サーフィンをはじめた頃から
五感のように感じはじめたこと。

たぶんわたしは、いくつになっても
全力で海や山をかけずり回っていたいらしい。
小さなシアワセは、身近なところにきっといっぱいある気がします。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

荒治療

先日、体調を崩していた間、
治ったかどうか微妙な体調もイヤだったし、
ひさびさに波も上がったしで
荒治療とばかりに波乗りの練習へ行きました。

大雨のあとで濁っていようが、
もうこれ以上ないほど、クタクタになろうが
やっぱり海は気持ちが良かった。

翌朝、薬とは比べ物にならないほど体はスッキリしていて
体を動かすことの大切さを体感し
労わることと、甘やかすことの違いを知りました。


それにしても

わたしの波乗りは、ちっとも横へは進めません。
いつまで経っても前進のみ。

いい波に乗れたので、はりきって横に行こうとしたら
ワックスが不十分だったのか、足が滑って
これでもかというほど股が裂け、海に落ちたはずみで
ボードでふくらはぎを打ち、青アザができました。

また、あるときは
波に巻かれたはずみで、塩水を飲んでしまい
ぷはーーっと海面に浮上したら
腐ったみかんと農薬の空き袋が
ぷかぷか漂っていました...。おえ〜〜〜(泣)

スマートな、おとなのサーフィンには程遠く
相変わらずのへっぽこぶりです。
亀梨くんには負けないぜ(笑)



ある日のもも&あんじ




 こわいじょ〜〜
 こんなの乗りたくないじょ〜





 わーい
 たのし〜ラブ
 

 ※ちなみに、これは発泡スチロールのフタです
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

はじめての恐怖体験

ここ数日、
毎日のように夕方になると海に出ています。

しかし昨日だけは...
初めての恐怖体験をしました。

上手なひとは、昨日の波をどう思っているか分からないけど
わたしには大きく見えて(海面から2M以上)
それが、海面を叩きつけるようにぐちゃぐちゃに崩れていて

一応、へたくそなりにでも、小さめの
自分がいけそうな波を選んでテイクオフ!と思った瞬間
想像を超える大型強力天然洗濯機の渦の中へ〜〜

このときの記憶が不鮮明で
状況を確実に説明できないのがくやしいところ。
覚えているのは、

1)板が海面に刺さった。(パーリングっていうのかな?)
2)柔道の背負い投げされたような格好になった(と思う)
3)でかい渦にのまれて海中で回転した(どのようにかは覚えていない)

問題はここから

4)なぜか、足首に巻いているコードが首に1周巻きついた!!


・・・この恐怖、はじめての体験。
天然洗濯機はなんども経験済みだったのに、
昨日ばかりは海中で一瞬パニックになりました。

その後、どうしたかというと

次の波が来て、ボードが流されても首が締め付けられないように
首に巻きついた瞬間、右手を首とコードの間に入れました。
でも、左足はコードが繋がっているから
自由が利くのは、残された左手と右足だけで
どっちがどうなのか、海の中で分からなくなって
パニックになったように思う...

あとで、その様子を見ていた夫に聞くと

「ハデに吹っ飛んだなあ〜」

と笑っていました。
海中でこんな悲劇があったとも知らずに(泣)。

今朝は全身筋肉痛。サロンパスを5枚あちこちに貼っています。
また海には行きまーす。←へこみしらず
でも、今日はやめとく(笑)



おまけ:



先日「描けます」と言っていた、オバQ。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

ブッチャーのおでこ?

昨日もサーフィンの練習にいきました。



このときは、まだはしゃいでいて
「バイバーイ」なんてしている余裕がありました。

ぶよぶよの小さなボールみたいなクラゲの頭を
ドリブルするように、パドリングしていれば
そりゃクラゲも怒るわなーー

節のついた茶色の蝕手が、わたしの右腕に残っていて
海水で洗いまくりましたが、
みるみるうちにわたしの手首は、
まるでブッチャーのおでこのような傷跡ができました。




このどうしようもなくヘコんだ顔ときたら!
行きと帰りで、こんなに表情がちがうひともめずらしい(笑)


昨日は波もなく、ただクラゲに刺されに行ったようなものでした。
でも、あんな小波でも、ちゃんと乗っているお兄さんは何人もいたから
わたしは、波を捕まえるのが下手なだけ。
どうやったら、あんな風に上手く小波を捕まえることができるんだろう。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

材料費ほぼ0円。

昨日から、夫が
捨てそうな廃材をひっぱりだしてきて、
なにかやってるなーと思ったら

こんな優れものを作ってくれました。



「あんまりちゃんと撮るなよ!」

と言われたので、寄れませんでした(笑)

うちのロングボードは約280cmあるので、収納が悩みのタネ。
実は「作ってくんないかなー」と、密かに思っていたものでした。
材料費ほぼ0円。
お金がかかっていないというところが、
さらに感激度を増します(笑)
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

観たい!!

わたしが今、とっても気になっているのは
ご存知の方も多いかと思いますが
50代にして、はじめてサーフィンをはじめたという
大杉蓮さん主演の「Life On The Longboard」。
公式サイトより、こちらの方が詳しいようなので
ご興味のある方は、ちらりとのぞいてみてください。

http://www.j-surftrip.com/life_on/


いつも思うけれど、
好きなことさえ見つかれば
青春はいくつになっても来る!!!

そう思わずにはいられない、今日この頃です。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

買ったばかりのボードに...

昨日の海と空は、こんな感じでした。
息をのむような幻想的な空。
ちなみに、真ん中は「アンパンマン」
妹が幼いとき、ぐずっては紙に描いてあやしていました。
他には、オバQと、パーマンも描けます(笑)



実は昨日の夕方、
買ったばかりのロングボードに、3ヶ所も傷をつけてしまい
リペアに出そうと思ったら「3週間はかかるよー」と言われ
がっくり落ち込みましたが、気を取り直して、いつものボードで練習。
(結局、リペアキットをwebで注文して、自分で直すことに)

もう、いいかげん帰れば〜〜
と自分でも思うくらい、日暮れまで練習していました。
まるで部活みたいに。
波に乗って立てたときの快感が「もう1回!」の欲にかわっちゃう。



新しい民族の浜踊り??
疲れて足がくがく。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

経験の引出し

昨日と一昨日、2日連続で海に行った。
気持ちよく沖に向かってパドリングしていて
右手にモヤモヤしたものを感じた瞬間

ヂクーーーッ!

糸コンニャクみたいな触手を持つクラゲに
とうとう刺されてしまった。

あまりの痛さに動揺していたら、
大きめの波がやってきているのも気づかず
横からまともに受けて、
上も下も前も後も分からなくなる、天然洗濯機の渦へ(泣)

こういう時こそ慌てない。
海底は意外と静かなものだから。

静かな海底で、次はどうしたらいいのか考える。
1分は息を止めていられるのだから、ゆっくり考えられる。
左足首に巻いたリーシュコードは、身体とボードを繋いでいる。
海面に浮上したら、次の波を確認して
それを手繰り寄せればいい。


仕事でも、アクシデントは稀に起きるけど
なんとなくこの状況に似ているなあーと思う。

経験は、とても大切だと思う。
一見無駄なように思えることでも、決して無駄にはならない。
それに気づいたら、一瞬一瞬がとても意味ある時間に思えてくる。
毎日生きていれば、当然のようにいろんなことがあるけれど
経験の引出しをたくさん持っていれば
そうなる度にいちいち慌てなくてもいいのかも。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

海へ



昨日は、18時-20時までサーフィンの練習に行きました。
今年は夫も「サーフィンしたい」と言うので、
9'2"のロングボードを購入し、かわりばんこで練習。



はじめてなのに、1本目から波に乗るだけは乗った(笑)夫。
立てなかったことを悔しがっていました。
わたしも昨日、はじめてロングボードでやってみたけど
いつものボードに比べたら、
比較的簡単に波に乗れて、浮力があるからひょいと立てちゃう。

これは楽しいっっ
ハマりそう!!!



夕暮れの空に天の川のような雲や
丸い太陽が水平線に沈むのを
波の上に浮かんで見ていると
解決しがたい悩みや、迷いなんかが
とっても小さなことに思えてきて
ただただ、気持ちがよかった。

こんなにも「今が楽しい」と感じたことって
今までなかったかも。

こんなに楽しいなら、
もっと早く始めればよかったのに、って思ったけど
たぶん、今だから楽しいような気がする。

自分なりに経験を重ねて
「つまんないなー」と思う日々も重ねて
興味のあることに、
どんどんチャレンジしている今だからこそ
感じることができる楽しさなのかも。


どうでもいいことだけど
昨日、海でサーフィンしていたのは

・アンジャッシュの渡部さん似
・ケツメイシの真ん中のひと似
・キムキムニイサン似

のひとが多かった(笑)。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | - | -

サーフショップにて


サーフィン用のウェットスーツは持っていなかったので
ついに買っちゃいました。が、金欠のため、長袖スプリングです(笑)
私は気合と根性が欠乏しているので、真冬のサーフィンはきっとムリだと思い
とりあえずこれで、11月頃まではがんばるつもり。

お世話になっているサーフショップのわんこは、
いかつい顔をしてるのに、鼻で泣く声は小型犬みたいにカワイイの〜〜
どこか、パパイヤ鈴木に似てなくもない(笑)
へっぽこサーフィン日記 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

波にのまれもまれ

「なんで、わざわざこんなツライ思いしてんだろ〜〜」

と言いたくなるほど、波にのまれ、ボードで身体を打ち...。

台風明けの昨日、仕事を済ませて17:00から海へ出ました。
糸島の中で穏やかなここ野北でも
ゆうに頭を越す高波が次から次に押し寄せる。
怖くて怖くて、はじめから沖に出る気なんてなく
スープ(波打ち際の白い波の部分)で練習しようと思っても
頭から何度も波をかぶる始末。これだけで体力を消耗するのに、
沖ではショートのお兄さん達が、きゅんきゅん乗っていて
ものすごい体力の持ち主だな、と関心しました。


人もまばらなスープで呼吸を整えて、やっと3本ほど乗ることができたけど、立とうと思ったらヨロヨロっっ!おばあちゃんの正座のような格好で波打ち際まで波に運んでもらいました(笑)。今日はさすがに波酔いはなかったけど、わたしはなんて危険なスポーツに足を突っこんだんだ、としみじみ思いました。
18:00、誰よりも遅く来て、誰よりも早く帰るオイラ(笑)。高波にのまれ、もまれている最中「今日でサーフィンなんか、やめてやる〜〜」と何度も思ったけど、家に帰ってカレーを食べていると、なぜだか急にまたやりたくなって不思議...。今度は穏やかな日に、練習させてください。


追伸:わたしのではないけど、これも携帯カメラで撮影。
   画素数が違うとこうもキレイなもんなんだね。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

おおっ、びっくりした!

今日もいつものように、ライブカメラで近場の波情報を見ようとクリックしたら、いきなりドドーンと水着のおねえちゃんのナヤマシイ映像がっっ
そっち系のサイトに繋がったかと思っちゃった!
そしたらそこに、今度は同じく水着姿の男性が現れて...
キャー、もうこの先は書けないわっ(..って、別になんにもなかったけど(笑)。たぶん、カメラ曲がってるな〜。砂浜ばっかり写るんだもん。

画像をご覧いただくとお分かりいただけるように、
このライブカメラは角度や、in/outを操作できるんです。
観たい所を観ることができるというスグレモノ。
糸島のサーフポイントの様子をリアルタイムに観れて、ほんとにありがたい。
私もここで練習することがあるから、いつか
へっぽこぶりをライブカメラで披露してしまうかも!!(笑)
http://www.sealive.net/hp/
へっぽこサーフィン日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ああ波酔い・・・


今日はあんじの誕生日。早いもので、5歳になりました。
いつも蝶やカニを追いかけたり、穴を掘ったり
水鉄砲でシュッとされるのが大好きなようで、毎日「ねーねー‘シュッ’して〜!」と、しつこくせがまれます。そんな赤ちゃんみたいな行動が、かわいくてたまんない。誕生日記念に?おNEWのボードの上に乗せてみました(笑)

(これは今日のハナシではないんだけども)
白いラッシュガードがまぶしいぜー
カッコだけはいっちょまえ、
笑ってるのはこの時だけ、、
波には乗れずパドリング強化日だった。
関心のあること(ことさらスポーツのみ)の中で
「できない」というのが昔から耐えられないあたし。(勉強もそうだったら良かったのになー、これは諦めが早かったわん)できるまで、しつこく練習したいんだけど「波酔い」でダウン。
これは陸上でも三半規管を鍛える必要がありそうだ。
昔はこんなに‘酔う’ってこと、なかったのにな..(涙)

追伸:パンツがずんだれているように見えますが
これは生地の一部がベージュ色なのです(笑)
へっぽこサーフィン日記 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

へっぽこサーフィン日記・その1

先日ついに、初めてのサーフィン教室に行った。
先生は私よりたぶん年上のYさん。男性。
全身から「サーフィンなめんなよ」というオーラがでていた(笑)

「今日は全然波がないから、パドリングの練習だけですね」
朝、電話でサーフショップのお姉さんから聞いていたので
そのつもりで出かけたら.....ざっぷんざっぷん!
まずはストレッチをして、一通りのことを習う。

「さ、実際にやってみましょう」
「へ?もう??」

先生は振り向かない(笑)
ずんずんずんずん歩いて、もうボードの上に乗っかってる。
ちょ、ちょっと待ってくれ〜〜と焦りつつ、後から付いていく。
さっき陸で習ったパドリング。
私、子供の頃水泳やってたから、ちょびっと自信あんだよね〜と
内心思っていたのに、先生と並べない。速い!

「はい次、波待ちしてみましょう」
先生はいとも簡単に、両足でボードをまたいで‘ひょい’と座った。
私もマネして‘ひょい’→‘ずるっ’→‘ざっぷーん’
簡単に海に落ちた。
よし次こそと乗っかっても、腰がぷるぷるしてカッコ悪い。

そしていきなり「あの波に乗りましょう」「えーっ!」
躊躇しているヒマはなかった。
陸上部出身のわたしに、先生から分かりやすく
「リレーのバトンタッチのイメージでね」と聞いていたので
思いっきり、あの頃を超高速で思い出す。
パドリングは全開!すると・・・

びゅーーーーーーん!!!

体が波と一緒に移動してる?なんなの、これ!!!
「ぎゃあああああーーっ」

・・・気が付くと波打ち際でウツブセになっていた。
きっと、砂浜から見ていた人には
大掛かりなドリフのコントみたいで楽しんでいただけたと思う(笑)

ハッと振り返ると、海から先生が満面の笑みで
両手で大きく「○」を描いていた。「のった!のった〜!!」
でも「これが波に乗るということなのか」とイマイチ実感できなかった。
なぜならば、どんなタイミングで乗ったのか、既に記憶になかったから。
その後、何度かチャレンジして、あと1本同じ体験ができた。
「立ってみよっかな」と思い
ボードに置いている手の位置を変えてはみたけど
全然チカラが足りなくて‘立つ’なんて、とんでもなかった。

海に入って1時間が過ぎる頃。
うねりがあまりなくなって、浮かんでいることが多くなった。
まだまだ体力的には平気だったのに
どんどん気持ちが悪くなってきて、海から上ることに。

「この本を読むといいよ」と先生から2冊の本を借りた。
ショップから家までは、車で5分の道のりなのに
気持ち悪さは絶頂で「こんなの、きっと私だけだ」とかなりヘコんだ。
でも回復してくると「立ちたい」という欲望がむくむく...

この日の朝読み、1日中忘れられなかった
こみやまたみこさんのメルマガに書かれていたフレーズ。

「まだまだ使っていない可能性がいっぱいあるのに」

ボードの上に立てなかったこと
英語はいつまでも簡単な日常会話のみなこと
フランス語にも興味があること
これからの仕事の方向性のこと

できなかったり悩んだり。
だけど、どれも、時間をかけたり、やりかたを考えたり、
工夫をしたりすることで、いつかはマスターできると思った。
要はその‘やる気’と‘本当に好きなのかどうか’
それさえあれば、なんでもできる気がした。

キムタクが出演している、あるサーフィン用品メーカーのCMで
「開いてるひとと、閉じてるひと」というフレーズがある。
意味が違うかも知れないんだけど、
興味のあることを実際にやってみること
できないことに、ちょっとずつでもチャレンジしている途中って
「開いてるひと」になっている気がする。

サーフィン教室から帰ってきて、波酔いが回復して
橙色の空の下で、ちょっとひんやりした風を肌に感じながら
水着や買ったばかりのサーフィン用のパンツを干しているとき、
子供の頃の、開放的で無邪気な自分に戻ったような気がして
「開いてるひとなのかな、今」って思った。
へっぽこサーフィン日記 | permalink | comments(19) | trackbacks(0)
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成