「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沖縄ぬちぐすいの旅<その1> | main | 沖縄ぬちぐすいの旅<その3> >>

沖縄ぬちぐすいの旅<その2>

沖縄でたべたもの、買ったもの。

今回は、全食事付きでしたが、
昼は1日をのぞいて毎日沖縄そばを食べました。



どのお店もそれぞれの個性があって、美味しい〜ラブ
なので、どこが1番好きかは決められない...。
その時の気分で食べたいそばが変わりそう。

画像左:当南食堂(沖縄市)
東南植物楽園の門の前。地元のおじさんでいっぱい!
あっさりめ。きっと誰でも美味しいと思うはず。



画像中:亀かめそば(那覇市)
やや細麺。この中では最もあっさり。外のテーブルは月桃も咲いていて、
沖縄らしさいっぱい!街中とは思えない心地よさ。
ちょっとタイプのお兄さんがいました(笑)

画像右:まんてん(今帰仁村)
Aコープのとなり。平太麺で、あっさりめ。女性でもペロリと完食。
とってもやさしそうな女性おふたりでそばを作っておられます。

画像なし:アサヒ食堂(那覇市)
30年前からお値段そのまま250円!コクあり。お出汁は山原そばに似てる。
博多っ子はここの沖縄そばにDNAが反応するかも。コーレーグスなし。






夜は、系列ホテルのひとつである恩納村のルネッサンスホテル
「セイルフィッシュカフェ」のアジアンバイキングへ。
ピリ辛料理が大好きなので、食べすぎました...。特にベトナム料理が好き!
ハンダマの雑炊は毎日食べるほどお気に入り。



ココガーデンの広東料理は、アサリの醤油蒸しからはじまるコース料理。
手がどろどろになってしまうけど(笑)メイン料理のガザミのチリソースも、
もずくの焼売もエビがぷりぷりで美味しかった。
フリードリンクだったので、5年ものの紹興酒をいただきました。
甘い干梅が絶妙に合う!(その後、スーパーで探して購入)
画像中は、ココガーデンのコラーゲンスイーツ。
嬉しいことに、1人2種類選べます。
この中では「ココナッツアイス&コラーゲン」が1番好き。

どうでもいい話ですが、
朝、ビュッフェで食事をした後、新聞をカウンターに返しに行ったら
ホテルのスタッフに間違えられて「コーヒーお願いしま〜す」って
言われてしまった。実は、母の葬儀のときも、
喪主にも関わらず葬儀社の人に間違えられたので2回目。
しかもその時は祖母にまで間違えられたので、
いろんな意味でかなりショックだった。




気を取り直して(笑)
こちらは、雑誌に載っているのを見て以前から行ってみたかった、
個性的な沖縄Tシャツの店・浮島通りの「琉球ぴらす」へ。



右の紅型風アインシュタイン「ある科学者」は夫が購入。
わたしは写真家の垂見健吾さんが撮った南大東島の
シュールなヤシの木がプリントされた「うふあがり島」と、
恩納村の「HABU BOX」でひとめぼれした、
波乗りオバアが素敵すぎる「かじまやー」を購入。
ちなみに「かじまやー」とは沖縄の言葉で、
「97歳になると子どもに戻り、風車をもって祝う長寿の生年祝い」のことだそう。
こんな波乗りオバアになりたいね(笑)
※いずれも各webshopで購入可



つづく
トモカのふらりまた旅 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成