裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「002:ビバリーヒルズ陶芸教室」 | main | 祝・ゴル子退院 >>

東京へ

お休み中、仕事で東京へ行っていました。
行きの飛行機は、エンジントラブルで突然の「欠航」。
福岡空港には早く着いていたので、
急遽1つ前の便に乗せてもらえることになり、あわててチェックイン!
東京出張らしきおじさまたちの大行列に並んでいると、
なんと2便前も同じ原因で2時間遅れらしく(そんなことってある??)
同じ飛行機にギューギュー満席状態。
おかげで、楽しみにしていたクラスJへも変更できず...。
でも、今回はサザンのみのチャンネルがあったので、
東京までの1時間半はサザンの曲とともに、揺れもなく快適な空の旅でした。


到着した羽田は、福岡よりも暑かった!かなりピークの沖縄に近い感じ。
そして、東京モノレールで天王洲アイルまで。
毎回「大井競馬場前」に差し掛かると、車窓からの風景が楽しみなのですが、
それは、メインの場所やパドックではなくて、
周りの馬舎で馬のお手入れの様子が見えるところ。
ああ都会のオアシスよ。どこへ行っても、牛や馬には弱いのよ(笑)




今回もインターナショナルギフトショーです。
残念ながら、会場は禁止なので撮影はここまで。
ここに来ると、仕事モードスイッチオン!
どんな状態でも完全にテンションが上がります。
以前から、おつきあいのある方とは楽しい時間を、
新たに出会えた方とは心地よい緊張を。
たくさんの刺激を受けた2日間でした。
今回は、中国やインドネシアからのアンティークの一点ものも、
いろいろと買い付けてきました。


おもしろいな〜!と思ったのは、
お昼12時になると、中国から来た各ブースは
テーブルにお弁当を広げて、みんなで楽しそうに食べていたこと。
まるで中国の路地に迷い込んだような、ほのぼのとした光景で、
環境の変化にはビクともしない、中国人はやっぱりたくましい!と思いました。
それにしてもインド人は、不思議ないい匂いがする(笑)


今回はハワイコーナーも用意されていて、
ステージでは、1日数回フラのショーが行われていました。

その隣に、布で仕切られたちょっと妖しげな小部屋に
吸い込まれるように入ってしまったのは「ロミロミマッサージ」。
中はホントに狭くて、雑踏の音、ハワイアンの音響が混ざり合った空間で
ありながら、静かな場所よりも居心地がいい。
お姉さんのソフトタッチな手技と甘いオイルの香りに、疲れが溶けてウトウト...。

「終わりました」と言われて、あわてて時計を見たら、
まちがいなく規定の時間よりも長くやってくれていました。
御礼を言って帰ろうとしたとき、両手でわたしの両手を包み込んでくれて
その瞬間、マッサージに匹敵するほど癒されました。不思議〜!
きっと、お姉さんは(・・といっても、わたしよりうんと年下と思う)
このお仕事が天職なんだろうなあ〜と思いました。
お名前聞いておけばよかった。







 宿泊は、お隣の「有明ベイワシントンホテル」。
 シングルを予約していましたが、同料金で
 なぜか「広めのツインをご用意しました」とのこと。
 半分くらい見える東京タワーと、レインボーブリッジ、
 ビルの輪郭をなぞるように点滅する赤いランプ...
 ひとり、美しい夜景をみながら眠りにつきました。
 オグシオ・潮田さん似のフロントのお姉さん、
 どうもありがとうラブ

 ←目の下に見慣れぬタルミ線が2本。
 とても疲れたので、湯船に入浴剤を入れて
 しばらく浸かっていました。あ〜極楽。
 



 帰りには、雑誌クロワッサンに
 も載っていた満願堂の芋きん
 が食べたくて、わざわざ無料
 シャトルバスに乗って、第1
 ターミナルから第2まで買い
 に行きました。

 消費期限が24時間以内という
 のもうれしい。ちょい甘めで
 したが、美味しかった〜!
 お隣さんにもお土産に。



帰りの便まで「使用機材到着おくれ」で、今回つくづく飛行機に縁なし。
でもでも!神戸〜岡山上空あたりで雲海の上にできた積乱雲が、
今まで見た中で1番幻想的で感動!!やっぱり自然ってすごい。
広島上空から見た瀬戸内海の島々も、言葉にならないほど美しかった。
しかも、こんな原油高にも関わらず、なんども気流の悪いところを避けて、
揺れないようにしてくれているのが分かって嬉しかった。


東京にしかないもの、沖縄にしかないもの、福岡にしかないもの...
その土地にしかないものを、体感するのが大好きです。
でも、ここ(糸島)に帰ってくると、カラダもココロも芯からほどける。
やっぱり「我家の風呂が1番」と思ってしまう、おんなおじさんです。

しんどいこともあるけれど、
今なんとなく、いい状態に向かっているなあと思えて仕方ないのは、
自分の状態を繊細に知ることができる、毎朝のヨガのおかげかも!?
仕事のこと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成