「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 蒸し野菜たっぷり | main | ほりほりあんじ >>

交換蚤の市



 今日はお昼から休みをもらって、福岡市方面へ。
 行きがけは糸島半島の海岸線に沿って、
 桜井のJUNKOさん宅前を通り過ぎると、
 HIDEMIさんのパンが販売されているのを発見!
 あわててUターンして、無事購入ラブ
 自家製レーズン酵母や九州産小麦粉など、
 使われているのは全て安心素材。
 バターなしなのに、こんなにふんわりパンに
 なるのはどうして〜?明日の朝が楽しみです。
 それにしてもHIDEMIさんって、モデルさんみたいね!



 そして、我家のお昼ごはんは、
 またも薬院の餃子李でやん
 す。今日はいつもと違い、
 焼きそば&タンタン麺&水餃子
 をオーダーしました。
 タンタン麺はゴマたっぷりで、
 後からくるマイルドな辛さが◎
 焼きそばは見たこともない平打
 麺で五香粉が効いてます。
 水餃子はもちもちつるんな皮&
 肉と野菜のバランスが最高ラブ
 う〜ん、やっぱりうまい。



 そして今日の目的地のひとつである、
 博多区の住吉神社で開催された
 スウェーデンと福岡の交換蚤の市「FRAMAT
 (フラムオート。ほんとはAの上に○がつきます)
」へ。

 仕事中に聴いていたLOVEFMで、
 このイベントを知りました。
 子どもの頃、家族で来たきりだった住吉神社。
 なんだかとっても懐かしい。




このイベントは、スウェーデンのあちこちで開催されている
蚤の市を福岡にも!ということで、企画されたのだそう。
さらにステキなのは、スウェーデンにある「レーヴランダ」という小さな町の
小中学生と物々交換をして、お互いに蚤の市をしよう!という企画。
中には、必要な分を買える量り売りのコーナーや、
北欧やエコをテーマにした約200冊の絵本が並ぶ
「旅する絵本カーニバル」など、能楽堂の隣のこじんまりとしたスペースに、
おとなとこどもが一緒に「楽しい!」を共感できる空間でした。










量り売りのブース。「必要な分だけを自分で選んで買う」って、
実はいちばん身近なエコかも知れません。



来場者の方はもちろん、
スタッフの方々がとってもいいお顔で作業されていたのが、
フラムオートの成功を物語っているかのよう。
ぜひいつか「自休自足」さんに取材していただきたいです!



     印
     象
     的
     だ
     っ
     た
     ス
     ウ
      ェ
     |
     デ
     ン
     の
     子
     達
     の
     笑
     顔
      。




その後、あれこれと天神で用事を済ませ、
帰りになにげなく立ち寄ったペットショップで、
販売されているあまりにも幼い仔犬たちを見たとき、
「この子たちが売れ残ったら、どうなってしまうんだろう...」と
想像しては、夫とふたり言葉少なに糸島に帰ってきました。
でも、それをただ憂うのではなくて、きちんと現実を知り、
自分には何ができるのかを、しっかり考えていきたいと思いました。
休日の過ごしかた | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成