裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< マシッソヨ〜! | main | 自家製みそづくり >>

10月の畑だより

芋掘りも終わり、いろいろな種を蒔いて、我家の畑も冬支度。
お隣の畑のおばちゃんによると、
「今年は雨が少なかったから、さつま芋は小さくて数も少ない」とのこと。
我家もまさにそうでした。みかんにも裏作があるように、芋にもあるのかな。





手前は、まだまだ元気な空芯菜とハンダマ。
うなだれているのはモロヘイヤで、これから種をとります。
ハンダマの隣の畝は、スティックセニョール(ブロッコリー)で、
その右はジャガイモです。ジャガイモは、伸びた芽を間引くと良いそうで、
畑担当の夫がせっせと手入れしていました。

奥は芽を出した大根と人参。どちらも発芽率はすこぶる良好で、
大根を間引いたものは藻塩と昆布で漬け物にしました。
空いた畝には、ラディッシュと菜の花の種まきを。
ほかには、ニラ、ネギ(買ってきたネギの根を植えてます)や玉ねぎ、
里芋、生姜、名前を忘れてしまったサラダ用の白菜みたいなものなど、
いろいろ植えていますが、これでも野菜の自給率は半分もいっていないかも。
いつかは、週に1個は買っているキャベツにチャレンジしたいです。

数年前は、雑草も育たないような痩せたマサ土だったのに、
生ごみ、牛糞、鶏糞、雑草、落ち葉(腐葉土)、草木灰、牡蠣殻などを
すき込んで、少しずつ肥えた土に変化しているのが野菜の成長からわかります。
でも、ある程度までいったら、有機堆肥に頼らない完全自然農法に
切り替えられたらいいなーと思っています。
我家の菜園だより | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成