「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フェイジョアを食べる | main | 冬のあそび >>

さつま芋とりんごのパン


 先日、実店舗で販売していただいたPAOさんの
 「りんごとさつま芋」の組合わせが絶妙だったので、
 自分でも焼いてみたくなりました。
 しかし今日は、いつものバナナくるみの生地を
 仕込んでしまっていたので、
 そのままこの生地でチャレンジすることに。
 どんな味になるのか想像しにくかったけれど、
 これは正解だったかもしれないラブ
 うちのバナナくるみは、いろいろ配合を試した末
 グリーンコープの国内産強力粉&全粒粉&米粉に、
 ホシノ酵母、バナナ、米油マーガリン、牛乳、
 きび砂糖、塩でしっとりもっちり生地に。


そこに、マッシュしたさつま芋とりんごの甘煮、
シナモンシュガーを混ぜたものを生地に詰めて丸めました。
クープを入れたらさらにシナモンシュガーをふりかけて、オーブンで20分。
焼き上がる頃は、ケーキみたいないい匂い。おいしーーい!
やっと人様に「おひとついかが?」と言えるパンが焼けたよ〜、おろろーんてれちゃう

実は「シナモン」って、子どもの頃からダメだったのに、
以前から飲んでいる漢方の煎じ薬に大量のシナモンが入っていて、
80ccを飲むのに30分もかかりながら、
ときには吐き気を催しながら、来る日も来る日も鍛えてもらいました。
たいていの漢方薬は大丈夫だけど、
これは「良薬口に苦し」どころじゃない「良薬口に拷問」並みのまずさムニョムニョ
でも慣れると「おいしい」とまで感じる、人間って不思議な生き物なのねん...。
天然酵母パンのこと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成