「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東京出張ヨガ日和 | main | 春はもうすぐ(糸島半島編) >>

気づき

何がそうさせたのか分からないけれど、
今年は早々から、兼ねてから思っていたことが実現したり、
ひょんなことから、出会いたい人と出会えたり、
長い間悶々と悩んでいたことが、ある本をきっかけに一瞬で解決したり、
少々のことではへこたれる気がしない(笑)
めずらしく、体の中からパワーがみなぎる感じです。


話は変わって、ヨガのインストラクターって、
難しいアーサナができたり、ヨガの哲学を勉強しているだけではなくて、
それを通じた「人としての生き方」を実践している人のことだと、
何名かのヨガの先生とお話して思いました。
形だけのアーサナや、口先だけの哲学は、
きっと生徒に見抜かれるだろうし、なにも伝わらないんだろうな。

「伝わらなければ、言っていないも同じ」

誰かが言っていた、そんな言葉を思い出しました。
ヨガの先生って大変だなあ..と思いつつ、
それは、わたしたちの仕事も何ら変わりがないんだと気づき、
じっくりと、今までとこれからのことを考える良い時間を持てました。



先日、あるテレビ番組で勝間和代さんが

「体が変われば、心が変わる」

と、おっしゃっていました。
これは、いまいちやる気が起きない人のために、
「とりあえず動いてみよう」という意味で言われたことだったと思うのですが、
わたしはその時「ヨガも同じだなあ...」と、思いました。

5秒くらいでやめたくなるようなしんどいポーズを
5呼吸といわず、10呼吸くらいできるようになったら、
なぜだか、忍耐力と集中力がでてきたり、
えずきそうになるくらい柔軟性がいるポーズを、
毎日練習していたら、いつの間にかできるようになったとき、
なんとなく、いつもより穏やかな自分だったり。

ヨガは気づきの連続。
「ヨガをしていると、人生は良い方向にいく」
ということを、あの時は素直に信じられなかったけれど、
今、それが少しわかる。
きちんと論理的に言えるようになったら、
いつか理由を書きたいと思う。
ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成