「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おじさんと犬<その2> | main | 朴先生よりW.Sのお知らせです >>

2年ぶりの倉敷へ

今日は妹の27歳の誕生日であり、母の日。
去年は、母の四十九日法要をした日でもありました。1年って早いなあ。

今日は、岡山で開催された「フィールドオブクラフト倉敷」へ
2年ぶりにひとりで行ってきました。
(デジカメを持っていかなかったので、今日は全部携帯画像です)





新幹線も2年ぶり(画像は岡山駅にて)。
今回は、往復とも「のぞみN700系」に乗りました。速い!広い!乗り心地◎
夫は会社員時代、新幹線に関連する仕事をしていたので、
こういう時、以前の夫の仕事をちょっと垣間見るような気分になります。
(技術職なので、実際には見られないのですが)

行きは、小倉から記憶がなくなり、気づくと広島。
帰りは、岡山を出発して間もなく記憶がなくなり、気づくと小倉。
最近どこでも寝れちゃうわたしの1時間40分はあっという間ですたらーっ
広島では、眠気覚ましとばかりにユニコーンの「HELLO」を聴く。この曲大好きラブ
民生氏の故郷のせいか、風景ととても合っている気がする。

岡山で降りたら、山陽本線で倉敷へ。
在来線は、地元の元気なおばちゃんたちの方言が飛び交って、
「岡山に来たぞ〜!」と実感。テンションも上がりますラッキー





すでに夏のような岡山。帽子がないので暑くてクラクラします。
第4回のフィールドオブクラフト倉敷は、
出展者さんも77名と増えて、規模が大きくなっていました!
陶磁器、木工、ガラス、染色・布、皮、金属、紙...と、
洗練された作品の数々に、あれもこれも欲しくなってしまいます。





「わ〜、お久しぶりですねー!」
「わざわざ福岡からようこそ〜!」
久々に会う作家さん、はじめましての作家さんとの、楽しく充実した1日。





指編みでつくるアクセサリーや、はんこ染め、エコバッグづくり、
おもちゃづくり、型押しの器づくりなど、ワークショップもいろいろ。
こどもたちにも大人気でした。





こんなに懐かしい自転車で紙芝居も!
横に写っているのは、いつのまにか歩いている
田鶴濱さんご夫妻の長男・いっちーくん!
今日もかわいい笑顔をたくさんくれましたラブ
最近のトモカおばちゃんはイケメンを拝むより、
かわいいちびっこを見るほうが元気になります(笑)





会場である倉敷市芸文館近くにある、美観地区は今日も大賑わい。
川のある風景っていいな。柳川にも行きたくなりました。





2年前に、釣り針と糸がくちばしにひっかかっていた白鳥が、
今年も元気に泳いでいてホッ。





三宅商店(カフェ)も満席。お待ちの方も多数で、
泣く泣く帰路につくことに...。でも、また次回の楽しみが増えました。





タイムスリップできる情緒ある街、倉敷。
2年前に、ここの図書館で出合った本で、
ちょっと(かなり?)人生が変わったという、思い出の場所でもあります。
歩く度に癒されるこの街を、今度またゆっくりと訪れたいなあと思います。


余談:
どうでもいい話ですが、
新幹線は行きも帰りも「5号車9列E席」でした。びっくり!
トモカのふらりまた旅 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成