「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2年ぶりの倉敷へ | main | 夕暮れの花たち >>

朴先生よりW.Sのお知らせです

ただ、体操のようにアーサナだけを練習していた頃は、
体の変化はありつつも、内面の大きな変化はさほど感じられませんでした。
夜寝る前に、ヨーガスートラを読んでも「なんのこっちゃ全然わからん...」と、
途中で寝てしまったこともしばしば。

徐々に変化を感じはじめたのは、
やさしいヨガの哲学を、少しずつ毎日の生活に生かすようになってから。
その頃から、自然に自分の思考のクセを意識するようになったり、
自分を見つつ、周りも見るようになってきて、
生きやすくなったというか、複雑に絡み合った糸のようだった物事も、
スムーズに進むようになってきて、ストレスも感じにくくなりました。
これにはちょっと驚いています。

しんどい事もあるけれど、不思議と前向き。
特別「楽しい!」というわけではないけれど、毎日充実していて何だかいい感じ。
それと、たまたま今年がそうなのか、何なのかは分からないけれど、
明らかに以前と違うのは、毎日ツイていると思うことが多くなりました。なんで??



そんな今日この頃、すっかりご無沙汰している、
YOGA BREEZEの代表・朴先生より、ワークショップのお知らせがありました。

これは、6月13日(火)19:00〜22:00にYOGA BREEZE(薬院)で開催の
ジバムクティヨガ創始者のシャロン先生とディビット先生による、
3時間のジバムクティヨガW.Sの前に(アシスタントには、ダンカン・ウォン先生も参加)
予習の意味も込めて、朴先生による「プレ ジバムクティヨガW.S」を開催予定だそうです。



以下、朴先生からのメッセージをご紹介いたしますね。


-------------------------------------------------------------------------

6月に迎えたJivamukti Yogaの創始者であるシャロン先生と
デイビッド先生のWSの前に、Jivamukti Yogaの正式指導者である朴が
プレ・ジバムクティ ワークショップを開くことにしました。

‘WS(ワークショップ)って何? Jivamukti Yogaって何?’と疑問の方から
さらにJivamukti Yogaもっと知りたい方のための予習クラスだと
思ってください。どんな方でもお気軽に参加いただけます。

参加費はドネーションで500円からご自由にお気持ち程度で構いません。
集められた参加費はHappy Animal Projectのポスター制作、
プリント代としてつかわれます。
このプロジェクトはマット外でのヨガの活動として、
YOGABREEZEが始めたプロジェクトです。

ヨガ=つながり、動物たちも大切な命、
まずは身近な所に起きている人間に
親しみ深い犬や猫の動物殺処分を全国的に知らし減らすべく、
地味なことかもしれませんがポスターを制作し
全国のヨガスタジオさんに協力してくださる所に、
このポスターを張って頂きます。
これがきっかけでオフマットでのヨガ(つながり)を考えるような
きっかけになればと思っております。


日時: 5月30日(土)13:00〜15:00

場所: YOGA BREEZE 天神スタジオ

参加費: 500円、または500円〜(寄付制)

内容: Yogaとは? Jivamukti Yogaヨガとは?ヨガをする目的などを
    できる限りわかりやすく説明し、Jivamukti Yogaのビンヤサ
    シークェンスのアサナレッスンも行います。

予約: 各スタジオにて(天神・薬院)


お問い合わせ: YOGA BREEZE
http://www.yogabreeze.jp/index.html

-------------------------------------------------------------------------



余談ですが、この間、
「チョン・ボソクと、チェ・スジョンが大好きです」と朴先生に言ったら、
「マニアですね〜!」と言われました(笑)
お二人とも、40代の色気たっぷりで、すごくかっこいいと思うんですけど〜〜
しかし、どうりで周りに「(男性の好みが)変わってる」と言われるはずだたらーっ
お知らせ | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成