「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エビとズッキーニで | main | 白豚号みぞに落ちるの巻 >>

苗床づくりに挑戦

6月初旬のある日。
5月末に、海水に浸しておいた種籾(たねもみ/もみ殻付きの米)を、
専用の土にパラパラと蒔いていく作業をしました。









ここでも、アキくんはしっかりお手伝い。
大人たちの様子を、じーーっと見ていたかと思ったら、
「ぼくもする」と言わんばかりに、自分で道具を的確に選び、
大人と全く同じやり方を瞬時にマスター!
おそるべし1歳児です。





種の上から薄く土をかけたら、上から水をまきます。





そして、風と直射日光を避けるため(・・だったと思う)
黒い不織布で覆います。






作業が終わったら、田んぼのすぐ近くにある工房でお茶時間。
ここでも、田んぼの地主であるMさんに、米作りの質問攻め!

ヨウコさんお手製の「ごまクッキー」があまりにも美味しくて、
止まらなくなり、ほとんどわたしが食べてしまった(笑)
ヨウコさんからは、以前、紅茶のパウンドケーキを作って
頂いたことがあるのだけれど、完全にプロ級の腕前。

「ごまクッキー」のレシピを聞いたら、
砂糖→メイプルシロップ、バター→なたね油で代用して、
全粒粉と小麦粉に、すりごまをたっぷり入れて焼いたそう。
わたしも今度作ってみようDocomo80


明日は「白豚号みぞに落ちるの巻」をお届けします。
はじめての米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成