「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 100冊越えの秘策 | main | 米粉入り黒豆チーズパン >>

今日の晩ごはん

真央ちゃんは残念だったけど、
元陸上選手のわたしから見て(・・・といっても三流だけど)
筋力も、脚力も、柔軟性も、ジャンプ力も、真央ちゃんが上だと思いました。
スケートのことはよく分からないけど、客観的に見て
演技のひとつひとつもメリハリがあって、しなやかで、誰よりも美しかった。
ただ、メンタル面はキム・ヨナの方が強かったのかも知れない...。
彼女は15歳の時からカナダ在住で、英語のトレーニングや、
内気な性格を変えるべく、どんどん表舞台に出したそうで、
このオリンピックに全て賭けて、照準を合わせてきたのだろうな。

真央ちゃんを思うと切なくて悲しくて、
だけど感動もして、インタビューを見てもらい泣きしてしまう。
「キム・ヨナは韓国の妹」というキャッチフレーズがついているらしいけど、
真央ちゃんだってそうだ。妹のようにかわいくて、ひとりリンクで戦う姿に、
何かしてあげられないのだろうかと本気で思うほどだった。

「負ける」ということはどういうことなのか、久々に全身で感じた1日だった。
負けは悔しい。だけど、新しいモチベーションになるし強くなる。
こういう感情は、最近の日本人に欠けていたことなのかも知れない。
それに、勝ったときよりも学ぶことは多いと思う。

勝敗はともあれ、切磋琢磨できるライバルがいるっていいな。ということも、
今回の戦いを見ていて思いました。感動をありがとうハート








 今日の晩ごはんは、かぼちゃの
 そぼろあんかけ、蓮根・ごぼう・
 春菊・かつお菜の白和え、
 菊芋のきんぴらです。

蓮根とごぼう煮は先日仕込んだ常備菜。
やや濃いめに味付けしたので、和え物や混ぜごはんにしました。
菊芋は、ちょっと前に亜樹さんから頂いてその美味しさに目覚め、
伊都安蔵里に買いに行くも売り切れ...だったところ、
今日、お隣さんから偶然お土産にいただきましたDocomo80
シャキシャキの歯ざわりと、ごぼうとじゃが芋を足したような味が大好きです。
ぜひうちでも植えたいのだけど、3m以上に育つらしく、
土の養分を吸い取ってしまうそう...。ん〜〜どうしよう。




うちのごはん<常備菜編> | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成