「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< はじめての本づくり | main | ひと足先の夏、沖縄へ。∨榲臻棉堯Ρ川編 >>

ひと足先の夏、沖縄へ。.曠謄襯薀ぅ嬖


「ホテルは寝に帰るだけだから、どこでもいいよね」

数年前までは、そんなことを言っては、
「とにかく安ければいい」と思っていたけれど、
以前、うるま市にある「ココガーデン」に泊まってから、
だんだんとホテルにもこだわりたくなってしまいました。

毎年、旅行プランはすべて夫に任せていて、
「ここはどう?」と提案されたのは、
恩納村に新しくできたホテル&レンタカーのプラン。

「新しくできたホテル」や「○周年記念のホテル」は、
割引率が高いお得なプランが多く、
夫は、こういうものを見つけるのが大の得意(笑)
(前回もそうだった)

今回泊まったのは、恩納村に新しくグランドオープンした

カフーリゾートフチャク コンド・ホテル
http://www.kafuu-okinawa.jp/

58号線沿い、全室オーシャンビューのコンド・ホテルです。





エアー(JAL)&ホテル&レンタカー(OTS)のパックで
29000円の格安ツアーにも関わらず、
なぜか今回も、ジュニアスイートへUPされていましたあひょうパンダ





夫のイビキに悩まさせれずに済む(笑)ベッドルームが2つ。







シンプルでシックな東南アジア風のリビングに、
キッチン、洗面台と広いバスルーム。
特にバスルームは、足が届かないほど大きなバスタブと、
使い勝手のよいシャワーヘッドがとても気に入りました。
どこも使いにくいところ一切なし。こんなホテルも珍しい。
もし我家がこれから新築するのなら、絶対このお風呂がいい!!
(ナショナル製)





イ・ビョンホン氏の「アイリス」を観る夫。
沖縄でも韓流ドラマは忘れずチェック。
このホテルのテレビ(アナログ)は、
台湾・中国本土・アメリカ・韓国の番組も放送されていました。

そういえば、旅行中、韓国人観光客には全然会わなかったけど、
中国人観光客はたくさんいました。
沖縄で結婚式を挙げるというのが、流行りつつあるらしい。







これまた広いラナイからは、東シナ海を一望。
プールはこじんまりとしていたので、ファミリー向けというより、
おとな向きのホテルなのかも知れません。





水平線と境目がない、
フォーシーズンズホテルと似ているプール。





朝は早起きして、ラナイでヨガ。
嬉しいことに、ホテルでヨガマットが借りられます。
ほかにも、一度は使ってみたい家電製品や天体望遠鏡など、
いろいろなものがレンタル可能(ほとんど無料)なのですが、
わたしが借りたかったもの(天体望遠鏡・イオンスチーマー・フットバス)は、
3日間とも貸し出し中でした。残念。





朝や夕方は、まん前の海岸でウォーキングするひとも。
かわいいヤドカリくんもいました。





沖縄本島の西海岸側に泊まる楽しみのひとつは、夕暮れ時。
プールサイドで、ウェルカムドリンクをいただきながら過ごしたり、
ラナイでのんびりしたり。
何にも追われない、何もしなくていい非日常を味わえるひと時です。


こちらのホテルの凄いところは、毎朝、スタッフの方が、
駐車している全車の窓を拭いてくださっていたこと!
今までに見たことがないサービスでした。

ジ・アッタテラスとか、上を言えばキリがないけれど、
昨年のマリオットに続き、またステキなホテルに出合えて、
心身ともにリラックスできた3日間でした。







 おまけ


 実写版オバQ 発見!
 こわいよ〜!!

 いきなり日焼けした肌に
 月桃ローションが効きました。


 つづく




トモカのふらりまた旅 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成