「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 盲導犬の顔に | main | 朝昼晩ごはん >>

あきくんファーム

梅雨より先に夏がやってきたような糸島半島。
お隣のあきくん(2歳10ヶ月)は、
見るたびに大きくなっている気がして、毎日元気いっぱい!







「こっちだよ〜!」と案内してくれた先には・・・





なんと、あきくん専用の畑ができましたあひょうパンダ
その名も「あきくんファーム」。
あーちゃん(あきくんのお母さん)と一緒に植えた、
とうもろこしや、トマト、ひよこ豆などなど、すくすくと成長中。
あきくんも、はじめての「マイファーム」にとっても嬉しそう!






真ん中の小路から右側は、我家がお借りしている畑。





こちらも、スイスチャード、黒豆、エゴマ、ヤーコン、にんじん(2種)
トマト、ナス、サニーレタス、ルッコラ、ズッキーニ、オクラ、ラディッシュ
ピーマン、しし唐、落花生、ニラ、モロヘイヤ、空芯菜などを植えました。





元々の土質が良いのか、
植える前に入れた、EMボカシ&竹粉のおかげか、
ここで育った野菜は素直な味で、とても美味しいです。





数年前までは、どうでもいいことで悩んだり、時に怒りっぽくなったり、
こだわりすぎから、気持ちががんじがらめになったりしたこともあったけど、

野菜や米を育てるようになってから、
不思議なほど、いい意味でチカラが抜けてきた。
逆境に、力づくでどうにかしようとしても、
自然のパワーにはかなわない。

打ち負かされることを繰り返していたら、
自然とチカラが抜けてきた。
そうしているうちに、

土や花のにおい、青い未熟なトマトのにおい、
西から吹いてくる海風のにおいや、
巣に帰る鳥のはばたき、風でゆれる木々のざわめき、
太陽が葉を照らす些細な一瞬、
家族と過ごすさもない日々が
楽しく、かけがえのないものに思えてきて、
わたしたちは、こういう生活を一生選択していくのだろうなと、
野菜の手入れをしていて、ふと思った。



新しい野菜畑より | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成