「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 福岡ギフトショーへ | main | 夏じたく >>

ジャンボタニシの襲来

今年もわが家の田植えが終わり、ほっとひと安心...と言いたいところですが、
なぜか、2回目の今年もすんなりとはいかない、わが家の米づくりあせ





これが今年の稲です。
天候不良だったせいか、どこも生育があまり良くないらしく、
わが家の稲も昨年に比べると、ちょっと華奢なように思います。





暴れ馬・春風1号に操られている(?)夫。





うちが借りている田んぼは、約200坪。
四角形ではないので、Uターンが大変!
田植え機が入らない1/3以上の部分は、せっせと手植えします。





「今年は2回目だから楽勝だ」と思っていたのに、
「田んぼの表面に、小石がごろごろしてる?」と不思議に思っていたら、

それはなんと、ぜーんぶジャンボタニシだった!!!

昨年は「雑草食べてくれるから、ジャンボタニシっていいな〜Docomo80」と、
のん気なことを言っていたのが、この大繁殖で、
植えたハナから稲を食べられるという、タイヘンな事態に_| ̄|○

でも、アメンボも、カエルも赤トンボも居たし、
昨年はいなかったイトミミズも、たくさん住み着いていました。
タニシがこんなに増えて、うちの田んぼはある意味居心地がいいとかいな?





消防団の出初式?
(やっと、田んぼから足が抜けたとこ)





「わーーい、お昼だーー!」





今回は、はるばる東京から2名、
この日のために飛行機でやってきた
お隣のヨウコさんのお友達も田植えに参加したので、
総勢11名のにぎやかなお昼ごはんです。

ヨウコさんは、3品の彩りキレイなサラダと、
うちの「う米」を使って、玄米と黒ゴマ&梅のおにぎりを作ってきてくれました。
ヨウコさんのお母さんからは、豚の紅茶煮や、かしわおにぎりを。

ちなみに、手前の色がわる〜い3品が、トモカ作の料理。
手前が夫のリクエストの「ウィンナーとピーマン炒め」
左が「鶏と夏野菜のマリネ」右が「夏野菜のチャプチェ」です。
畑で採れた、ズッキーニなどで作りました。






バイキングみたい?





去年はまだ赤ちゃんっぽかったあきくんも、夏で3歳。
食欲モリモリ度も、さらにパワーアップして

「おにぎり4こめ〜Docomo80

と、大きな口を開けて頬張る姿が、なんとも頼もしく、
すでにたくましいのでした。



朝9時からはじめて、終わったのは16時。
午後は、いきなりスコールのような雨。ずぶぬれの田植えでした。

2回目の米づくりは、しょっぱなからタニシの襲来を受けて、
田植えより、タニシ取りのほうが大変だった!

今年もまたイロイロありそうですが(苦笑)
今回は堆肥も、林田家特製EMボカシ(米ぬか・菜種の油かす・海草・魚粉・
もみがら薫炭・シーライム(糸島の牡蠣ガラ)入り)と、竹パウダーのみなので、
昨年とは違う新たな無農薬・無化学肥料・無除草剤の米づくり。
どんな味の米が実るか、楽しみでもありつつ、ちょっとドキドキもします。。。

でも、みんなでワイワイ楽しく、2回目の米づくりを楽しみたいと思います!




2年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成