裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 味噌づくりと畑のサラダ | main | 仕事の意味 >>

ただいまこんな感じ



なかなか稲刈りが終わりません。




やれ「海に入りたい」だ、「甘いの食べたい」だ、
やたらうるさい36歳。




稲刈りと、束にした稲を紐で結ぶ作業で、
手の豆が3つつぶれたり、鎌で腕をかすったりと生傷が耐えませんあせ
夕方薄暗くなってから、電流線にスイッチが入ったことに気づかず、
稲刈り中に右頬をビリッ!!夫は足をビリビリッ!!!




今日のお弁当。
(右は鶏とナスとしめじの和風マリネ。おにぎりは梅おかかごま紫蘇)
畦道に停めた車のハッチバックを開けて、夫婦でちょこんと座ってお昼ごはん。
幼い頃大好きだった畦道のお昼ごはんを30年経ってもやっている(笑)
空気も景色もいいから、何を食べてもおいしい。

お弁当を食べ終わって、大人買いしておいたお菓子を見て夫がひとこと。
「おまえは遠足かっっ」




イノシシとタヌキの足跡。

夕方遅く、今年の種籾(ニコマル)を分けてくださった、
ご近所のスーパー農家Kさんにお会いしたので聞いてみると、
「この品種はイノシシの大好物」なんだそうな..._| ̄|○
さらに、ニコマルは全国で7品種しかない「特A」という品種だそうで、
うるち米ともち米の間くらいの食味で、とても美味しいのだとかDocomo80
(薄暗い中でよく見えなかったけど、Kさんの息子さんは小栗旬くん似だった)




ポケットに鎌も馴染んで、
この格好のままでイオンに行こうとしちゃった!
(足は地下足袋やし。笑)疲労がピークに近い模様kyu
「来年はもう手刈りせんどこう」と夫と誓いあったのでした。



2年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成