「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 味噌仕込み | main | 急遽変更 >>

おうちえん

本を書くことが決まって、もうすぐ1年。
思いが叶って嬉しい反面、仕事をしながら本を書くということが、
想像よりもとても大変!だということを思い知った1年でもありました。

以前から知っている人のことや、大好きな人たちのことを取材させていただいて、
今まで知らなかったことや、いつも笑顔で楽しそうにしている人の、
とてつもない過去の苦労話を聞いて、取材中にウルウルしてしまったことも。

みんな、迷ったり悩んだりしながら、
この糸島という場所で、自分らしい人生を一生懸命生きている。
みんなキラキラしてまぶしい!
そんなことを強く感じている今日この頃です。





こちらは、この春から幼稚園でも保育園でもない「おうちえん」を開園することになった、
同じ糸島在住・Oさんを取材中の様子です。
以前から、人づてに「おうちえんをしたい」ということを聞いていたので、
取材させて頂きたい!と、この日が来るのを楽しみにしていました。

この物件は、元々、あるパン屋さんの移転先候補になっていたところ。
昨年の12月に第1希望の物件に決まったということで、
わたしに「どなたか他に借りたい方がいらっしゃったら」ということで、
ちょうど物件を探していた、おうちえんのスタッフでもあるYさんにご紹介したのでした。

やっぱり「物件は縁」だな〜と思いました。その後は早い早い!
あっという間に「決まりました〜!」という喜びの声とともに、
築30年の「おうちえん」の改装が、みなさんの手ではじまりました。





大きな暖炉がある、まるでトトロに出てきそうな古いおうち。間取りは4LDK。
まだ開園前にも関わらず、子どもたちは大喜び!
室内は、これから杉材の床に張り替えたり、壁には漆喰を塗ったりするそう。





メイちゃんがまっくろくろすけを追いかけていそうな、雑木が生茂った広い庭。
お父さんたちのチカラも借りて、どんなおうちえんが開園するかは、
これからも追いかけていきたいと思っています。



はじめての本づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成