「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雨 | main | 夏の残り >>

旨激辛発散昼食


毎日、梅雨末期のような大雨つづきで参りました...あせ
今朝はやっと陽が差して、久々に洗濯物を外に干せました。

じめじめが続くと、からだが重だるくて仕方なくなるので、
夫の希望もあり、福岡市早良区にある四川料理店「中国大明火鍋城」へ行ってきました。





1本入ったところにある、かなりソソる外観。
ここは、一貴山の中国東北地方の料理店「かしん」さんから教えていただいたお店です。
場所は早良区役所のすぐ近く。ここは区役所のほかに、警察署や税務署もあって、
予想通り、12時すぎの店内は満員!早めに行っててよかった〜。





四川料理というと「激辛」のイメージ。
入口で食券を買って、ほどなくやってきたのは、スープの赤い坦々麺(500円)。
むむむ〜〜、色にちょっとびびる・・・kyu

でも、かしんさんの「日本人向けに味付けされているから」を信じて(!)麺をすすると、

なんだ!おいしいじゃん!!長浜系っぽい麺からして好みDocomo80
楽勝、楽勝〜あひょうパンダ

・・・と思ったのも束の間。


きました、
舌の表面より深いところまで届く、日本にはない辛さがぁぁぁぁ
辛い


でも不思議。これがただ辛いだけじゃなくて、旨味もある。いつまでも辛くないし。
今まで食べたことがない香辛料がきっと入ってる。花の様な?スパイスのような?





そして、夫が頼んだのは日替わりランチ(700円)。
さらに赤い麻婆豆腐が恐怖感をそそりますが、夫は好き嫌いなく辛いのも何でもOKなので、
安心していたら、みるみるうちに顔が赤くなってきた(笑)いい血色だね。
ちょっともらうと、こりゃさすがに辛い!!
でも、鶏肉とナッツの炒め物は美味しい〜!これ大好きDocomo80
この調味料売ってないのかな〜?これに使われているスパイスは何だろう?

お隣の席の男性が「辛さ控えめで」と注文していたので、今度はそうしようと思いました。
でも「辛い」と言っても、胃痛どころか翌日お腹をこわすことも全くなく、
逆にからだの中の余計な水分が発散された感じで絶好調〜♪
さすが四川料理。暑い地方の食べものだけあります。

そして、あれだけ「ヒーヒー」言っていたのが嘘みたいに、クセになる味・・・。
また行かねば。


中国大明火鍋城(本店)
福岡市早良区百道(ももち)1-5-1
http://www.daming.jp/index.html
http://r.tabelog.com/fukuoka/A4002/A400203/40000637/







余談:
土曜日のミニワークショップの
チャートができました。
準備OKです!



【Kurumian+ ココロとカラダ研究所】 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成