裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 取材と博多駅 | main | 誕生会&忘年会 >>

前進と後悔のはざまで

 
取材で「このお店をはじめようと思ったきっかけは何ですか?」
という質問からはじまり、あれこれとお答えしていくうちに、
自分は、この店とともに成長しているんだなあ・・・と、
取材を受けながら、ふと気づくことがある。

以前は冬になるとあんなに冷えたり、体が痒くなったりしていたのに、
オーガニックコットンを使うようになったここ数年、気づかぬうちに、
そういえば、痒くなったり、強い冷えを感じることがなくなった。
何より、毎回寝込むくらいひどかった生理痛が、
今ではほとんどなくなったことは、驚きの変化だった。
(布ナプキンの他にも、運動や漢方薬も飲んでいたからだと思うけど)

毎日の当たり前のことは、なるべく楽に手早くやりたいと思っていたけど、
ちゃんとごはんを作って食べることが、体と心に大きく作用することが、
来月38歳になる年齢になってもなお、大切なことであるとわかった。

それを思うと、きちんと出汁からとった和食中心のごはんを
毎食欠かさず作ってくれた母には本当に感謝している。
やんちゃな娘がふたりがいて、仕事もしていたのに大変だったろうな。

我家の両親は、その後離婚してしまったけど、
皆でテーブルを囲み、ごはんを食べた記憶は今でも強く残っている。
あの時、器が好きな母のごはんがあったから、わたしがこの仕事を選んだということを、
生きている内に母に伝えたかった。結局、言えずじまいだったけれど。

あの時こうすればよかったとか、こう言えばよかったのにとか、後悔もたくさんある。
でも、前進と後悔のはざまで、きっと人は成長していく。
そして、成長の中で得たものを、もったいぶらず惜しみなく伝えたい。
挫折や後悔の真っ只中でも、元気を失っていても、いつか人は必ず変われるということも。


今を暮らす。
ちゃんと暮らす。

ごはんをつくる、食器を洗う、洗濯をする、掃除をする・・・
当たり前の日常が愉しみの日常になるように。


ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成