裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バースデーイブ | main | 今年の抱負 >>

薪取りへ行く

 
先日、夫の元同僚の方から「畑の上にかかっている木を切ってほしい」とお電話いただき、
この1週間、仕事の合間や終わってから、ほぼ毎日のように現場に通っていました。
田舎暮らしは(薪ストーブ生活は)本当に体力勝負だなあ〜と、冬になると思い出します・・・。このために日々カラダを鍛えているという感じ

昨夜は、ライターSさんに家まで送っていただいたので、
グランデリさんに我家の車ゴル子を迎えに行ってから、現場へ直行しました。



今朝は、同じ町内に暮らす平川家のおふたりと一緒に作業しました。



大木もなんのその!慣れたチェンソーさばきがステキなご主人。



夫:「どの角度から切ろうかな・・・」



夫:「よし、こっちから切ろう」



夫:「切れた!」
この直後、幹の部分がバランスを崩し落ちてきて冷や汗
瞬間的に逃げたわたしと順子さんです(笑)




木の種類は、椎や樫の木が多かったので、小さなどんぐりがたくさん落ちていました。
それを拾い集めて、また新しい芽を出すように森に返しました。
成熟しきった木々より、ひこばえや若い木は、二酸化炭素をたくさん吸ってくれるそうで、
カーボンニュートラル効果もさらに期待できるみたい。
また、薪ストーブは1台でハイブリット車5台分のCO2削減効果もあるそう。

昔はみんな薪で暖をとっていたと思うけれど、
それには当たり前ながら、こういった肉体労働作業がもれなくついてきます・・・。
作業中に順子さんが言った、

「わたしたち、何歳までこの作業しようかいなね?」

に、なんだかじーーんときてしまいました。
「生きとうかぎりよ〜」と答えたけど、みんながおじいちゃん、おばあちゃんになっても、
今みたいにブンブンとチェンソー使ってたり、薪を担いでたりしてたらすごいね(笑)

自然からのおくりもの、大切に使わせていただきます。


当日の様子は順子さんのブログにもUPされています!




順子さんからいただいた、地鶏のたまごと田んぼで育ったという黒米。
黒米大好き!卵はまたロールケーキ、パウンドを焼こ〜っと













 余談:

 誕生日はどこでケーキを買おうか・・・と
 思っていましたが、今日どうしても
 食べたかったのは、なんと、ミスド!
 4〜5年ぶりに買いました

 このスヌーピーの紙袋がかわいい!!
 子供の頃、スヌーピーヲタクだったけど、
 やっぱり今でもかわいい
 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成