「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やられた2012 | main | 栗ごはん >>

10月の糸島のイベント・ワークショップ


秋の到来ということで、
公私ともに、イベントのお誘いやお知らせを沢山いただいています。

直近では、10/6(土)・7(日)の「糸島市民まつり」を皮切りに、
糸島半島ではあちこちでイベントが開催されます!

10/21(日)13時からは、
芥屋Cafeさんで開催の佐世保市の久志冨士男さんによる、
ニホンミツバチと「家族」になろう

同日、10/21(日)11時からは、
二丈の龍国寺にて田んぼコンサートが開催されます。

わたしはどちらも、マリンメッセ福岡でのガススタイル2012に出店するため、
参加できないのが残念です。。。

また今朝の西日本新聞に掲載されていた情報で、
先日ももち浜ストアの撮影で来てくださったリポーターさんで、
福岡よしもと所属の金田昇大さん(スリーナイン)が、
10/7(日)あるあるYY劇場(北九州市)にて、博多弁の吉本新喜劇に出演されるそうです!


では、田んぼコンサート実行委員の亜樹さんからいただきました
「田んぼコンサート」の詳細を掲載いたします。



●○●○第8回・田んぼコンサート●○●○
       種まきのうた   

 ・・・・・松尾靖子さんを偲んで・・・・・


「田んぼコンサート」とは、
私たちのいのちを育んでくれる田んぼや豊かな自然が、
この地にこうしてあり続けることへの願いと感謝をこめて、
2005年より開催しております。
http://tanbo.konjiki.jp/

第8回を迎える「種まきのうた」は、特別に<追悼>の意を込めました。

私たちの友として、先輩として、毎年田んぼコンサートを応援してくれていた
松尾靖子さん。少女のような純真さと、グレートマザーのような大らかさ、
そして、常に命あるものへの慈しみを忘れなかった大きな大きな畑の人。

今年5月に、大地へと回帰された靖子さんを偲びつつ、
彼女が手渡してくれた一つ一つの思い出や、生き方へのまなざしを「種」として、
未来という大地にまいていく…
そんな時間にしたいと思っています。

ゲストには、靖子さんとともにブータンを旅された辻信一さん、沖縄でスローライフ
を送るhanautaさんをお迎えします。
私たちも大きな自然の中の一つのいのちであること、
人と自然がつながり調和し豊かに生きることを感じる時間になればと願っています。

なお、松尾靖子さんと直接のご縁がなくとも、趣旨に賛同される方であれば、
どなたでもご参加いただけます。
どうぞ、大切な方をお誘いになって、お越しください。

今ここからつながる「懐かしい未来」に向けて、
多くの方々とあたたかい時間を紡げることを楽しみにしております。


++++++++


●とき:2012年10月21日(日) 
    11:00 開場
       「種まき市」OPEN
        *松尾ほのぼの農園(自然農)のお野菜を使ったお料理、
         マクロビごはん、オーガニックコーヒー
         身体にやさしいおやつなど
    13:00 開演
    16:00 終了予定

●ところ:龍国禅寺(糸島市二丈波呂474)

●参加費:お志

●定員:200名(要予約)

●お申し込み・お問い合わせ
 田んぼコンサート実行委員会 http://tanbo.konjiki.jp/

 TEL(092)325-0585
 FAX(092)325-0948
 E-MAIL tanboconcert@yahoo.co.jp

 *参加者のお名前、人数(子どもも含む)、緊急連絡先(tel)をお知らせください
 *当日は、焼香台をご用意しております。
 *駐車場に限りがございますので、乗り合わせなどのご協力をお願い致します。
   また、公演途中でお帰りになる方は、予め駐車場係にお申し出ください。
 *「種まき市」では、環境への配慮のため、お弁当容器などを廃止し、
  すべて、各自のお皿への提供とさせていただきます。
  マイ皿、マイ箸、マイカップ、マイバックを必ずご持参下さい。


++++++++

<松尾靖子さんのこと>

結婚を機に農業の世界へ。
20年前に川口由一氏と出会い、深い感銘を受け、耕さず、肥料や農薬を用いず、草と
虫を敵としない「自然農」を始める。
松尾ほのぼの農園を営む傍ら、代表を務め、福岡自然農塾には毎回多くの参加者が
れた。自然の中に楽しみを見つけ、大きないのちの流れを感じることに喜びを見出す
ことが自然農だと説く。その人柄を多くの人に慕われ、研修生も絶えなかった。
2012年5月永眠。


<ゲスト紹介>

●辻 信一(トーク)
 http://www.sloth.gr.jp/tsuji/

文化人類学者。ナマケモノ倶楽部世話人。明治学院大学教授。
「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。
数々のNGOやNPOに参加しながら「スロー」や「GHN」というコンセプトを軸に環境=
文化活動を進める一方、社会的企業であるスロービジネスにも積極的に取り組む。
著書多数。最新刊に「自然農という生き方〜いのちの道を、たんたんと」(大月書
店)「ホーキせよ!〜ポスト3・11を創る」(ゆっくり堂)「ナマケモノ教授のぶらぶら人類学」
(素敬パブリッシング)。主宰するナマケモノ倶楽部はブータンへのツアーを定期的に企画、
2011年には松尾靖子さんも参加した。

●hanauta(うた)
 http://conconbe-house.com/

 沖縄在住のmasahaとこやまよしこのユニット。
 ○masaha
 福岡生まれ。20代はアジア、アフリカなどへの旅に明け暮れる。
 その後、沖縄に移住。奥深い森でコンコンベに出会う。
 現在、hanauta、Dinka Dunkなどで活動中。
 ○こやまよしこ
 99年より「ネーネーズ」の一員として、沖縄民謡、ポップスをうたう。
 00年よりソロ活動開始。童謡、子守歌、神唄など、世界各地に伝承されたうたを
 独自の世界でうたう。たおやかで、透き通る声は、人の心にあたたかく響く。


イベントのこと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成