「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< たぬ子とおいも | main | 満月の日に >>

今年の新米「う米」


実はまだ、1/3くらい脱穀が終わっていないにも関わらず、
我家の米が底を付いたので、とりあえず食べる分だけ籾摺りをしました。
 


このように、籾付きの米をセットして、


ガラガラとハンドルを回すと、籾と米が「一緒に」でてきます。
どのようにして、籾と米を分けるかというと、

「フ〜〜〜ッ」

と、息を吹きかけます。アナログというより、原始です・・・。
さすがに、がんばっても1.5合くらいで疲れるそうで、
今日は60kgくらいを持って、お米屋さんに籾摺りに行きました。
(約1時間待ちだったそうな)



我家の新米の儀式は土鍋炊き。


土鍋は古米でも美味しく炊けてしまうので、少々ずるさを感じつつ・・・
その辺を差し引いても、客観的に味わってみて、
味に旨味と深みがあるというか、味の向こう側があるというか、
この4年の中で1番美味しい気がしました。(お腹空いてたからかも)
明日は、炊飯器で炊いてみよう。


4年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成