「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 人気作家サミット | main | ナスで2品 >>

出穂(しゅっすい)

 

遅れてきた夏休みのような暑さ。
田んぼの稲は、夫によると10数株ほどイモチ病にやられたらしいけど、
うちは農薬NGなので、葉をちぎって対処しました。

今朝は、イモチが広がっていないかドキドキしながら見に行くと、
青々とした元気な稲♡
ほぼ出穂もし、かわいらしい小さな花が咲いていました。
ひとまず峠は越した様子。

天気も良いし、風に手伝ってもらって、
がんばって受粉してね〜!



育てた人に似るのか、なぜか毎年下半身おデブな我家の稲たち・・・。
少々の風雨じゃ倒れねえぜ、という気の強さも感じます(笑)
見た感じでは、昨年より穂は多そう。
あんまりローカルな動物たちを「敵」呼ばわりしたくないんだけど、
目下の強敵はイノシシだな。。。

米も野菜も「完璧」という年は本当になくて(たぶん永遠にない)、
無農薬だと「ある程度は仕方ない」という考えに自然となってくる。
そうすると、ほかの事も完璧を求めないようになってきて、
米づくりをはじめる前よりも、やわらか頭になってきた(つもり)。



田植え前は雨が降らなくて心配だった山の水も、
今日はこの水量!


イノシシ対策は、いつもの夫特製の「唐辛子木酢液」。
これをあぜ道やけもの道に噴霧して、イノシシたちにくっさ〜攻撃します。
1回の噴霧で効き目は約1週間だそう。
そしてこれは、さらにウンカ対策にも良いそう♪
(あくまで予防の段階で使うものみたい)

稲刈りは10月下旬の予定。
台風やイノシシに負けず、元気に育っておくれ〜!


追記:


田んぼの近くに咲いていた葛の花。
マメ科らしい、きれいな桃紫色の花です。

葛は我家の周りをはじめ、
糸島じゅう、あちこちの土手にたくさん自生しています。
根っこは、葛粉や葛根湯の材料なので、
なんど掘ろうと思ったことか…(≧∇≦)
糸島産葛粉とか、繊維を使うとか、
なにか有効利用できないものかなー
それを言うなら、ダンヂクもだね。
(夫によると、ダンヂクはバイオ燃料になるとのこと)

ちなみに、下記のサイトで読んだところ、
葛の花は、中国や韓国では二日酔いの漢方薬なのだそう。


6年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成