「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 半分強 | main | 稲刈り終了〜! >>

がんばれ我家

 


夫4日目、わたし3日目。
今年は、イノシシになぎ倒された稲が例年より多くて、
途中で折れたり枯れたものあり、泥だらけのものあり・・・。
いつものようにテンポ良く刈れず、やたらと時間がかかってる。
しかも、周りはみんな終わってるという精神的なモノもあり、
今年は今までで1番しんどいなあー




しかし、あともう少し!というこの風景を見ると、
またがんばれそう(笑)
それにしても、この年齢にして、こんなにクタクタになるのって、
年に2回しかない(1回は田植えで、もう1回は稲刈り)

稲刈りで巡りが良くなったか、可也山の気が良い作用をもたらすのか、
しつこかった膝はほとんど痛みもなくなり、
数週間前からの梅核気(ばいかくき/喉のつまり)もいつのまにか治って、
本人が1番驚いています


梅核気のファーストチョイスは、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)で、
わたしもこれに温胆湯(うんたんとう)を飲んだけれど、
今回ほとんど効かなくて(漢方が効かないというのは実ははじめて!)
本棚の中医学の本を読み漁ったり、あれこれ手を尽くし、
ふっと「今、自分のからだが望んでいることをやろう」と原点に返り、
喉を潤すために梨と、みかん、台湾から買ってきた杏仁湯、
気を補い、巡らす漢方薬、セロリ、かぼすの皮を料理に使ったところ、
翌日には、びっくりするほど軽減!
梅核気といっても原因はひとつではなく、
いろんなパターンがあるんだな、と今回すごく勉強になりました。



カヤネズミの巣を見つけました。みんな巣立った後みたい。
稲をくるくるっと巻いて、とっても器用に作ってるね。


6年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成