「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1歳 | main | 脱穀 >>

玄米茶

 



約200坪の田んぼを借りて、今年で6年目の無農薬の米づくり。
2年目から、前年度に育てた籾種を自家発芽させて稲を育て、

田植えしています。


堆肥は、米ぬか、近所の海岸で拾った海藻、油粕、魚粉を

EM自家発酵させたものを使っています。

雑草はタニシに頑張ってもらってます^ ^


その玄米を土鍋で煎り、耐熱ポットでコトコト煮出してお茶にしました。
煎っているときの香りがたまらない♡
遠赤効果のおかげか、市販の玄米茶より味が深い気がします。


調べてみると、玄米のお茶は乾煎りすることで、

デトックス効果など、いいこといろいろのようですが、なにより美味しい♡
五臓六腑があったまる♡
煮出した後の玄米がこれまたうまい♡
クセになりそうです。


玄米は、ごはん、乳酸菌(ヨーグルト)、お茶と3通りも活用できて楽しい♪

ますます米づくりはやめられませんな、とうちゃん!



※玄米について

良い点: 栄養豊富(ギャバなども)、毒素排出、抗がん作用など

悪い点: 消化が悪い、発芽抑制因子がミトコンドリアを傷つけるなど


玄米をそのまま炊いて食べ続けると健康によくない説があるそうで、

これは、発芽抑制因子(アブシジン酸)がミトコンドリアを傷つけるからで、

玄米以外にも、種ものには発芽毒があるのだそうです。

これを防ぐには

<乾煎りする>または<水に浸して発芽状態にする>

と良く、お茶は乾煎りに、ごはんは一定時間水に浸しておくと良いようです。

簡単♪


※市販の玄米には、水に浸しても発芽しないものがあるようなので、

栽培方法・乾燥方法を確認されることをおすすめします。



おいしいもの | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成