「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 脱穀 | main | 糸島牛のカレー >>

循環


 


脱穀が終わった納豆菌たっぷりの稲藁は、
田んぼに返します。冬の間は土づくり。

納豆菌は、保水効果をはじめ、水の浄化作用、
有機物を分解し、病原菌などの増殖を抑えるはたらきがあるそう!





今朝の西日本新聞より

「人生80年時代の食と農と福祉
 働くこと、食べること、そして看取り文化伝承へ」

というシンポジウムが博多区で開催されるそう。
興味あることが全部詰まってる・・・行きたい!!でもその日は行けない(泣)
資料だけでも購入したい・・・。

こういう内容に急に興味が湧いたのは、祖母が要介護になったから。
わたしの母は59歳のとき、脳出血で倒れてすぐ逝ってしまったから、
母の老後も介護も知ることがない。
(ちなみに父とは生き別れ。風の便りによると筋肉ムキムキで超元気らしい)

わたしたちが高齢者になるころ、
まわりも高齢者だらけになるであろう今後に、
老老介護、過疎地、農業、暮らしかたなど課題がいっぱい。
すこしずつ、今から勉強したいな。



6年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成