「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夢と筆と中国の置物 | main | 2歳 >>

脱穀

 


久々の晴天。今年も脱穀がはじまった。

今年は乾いたかと思えば雨が降り、なかなか思うように進まないけれど、

天気をはじめ誰かの生き死になど、

世の中には自分の力ではどうにもならないことがあることを米づくりを通して知る。

どうにもならないことに毎度心を痛めるより、流れに身を任せて寄り添う、

自分にその時できる精一杯をやる。

これに気づいて、結構心穏やかに過ごせるようになったかも。

今年のお米は濁りもなく、カメムシも殆どつかず、粒が大きく良さげ。

収穫の秋、満喫中です。






古い足踏み脱穀機って本当に丈夫。壊れない。
最近の電化製品なんてタイマーがついてるんじゃないの?というくらい、
決まった年数ですぐ壊れるのに・・・。
昔の道具は無駄がないし、本当によくできてると思う。
この頃はなんでも健全だっただろうなあ。




庭のチェリーセージが、朝日を浴びて葉が透けるほどキレイだった。
夕方、作業の途中にお茶を淹れ、久々に庭のベンチで一服。
野鳥の声と風に揺れる木々の下で疲れも癒されました。

脱穀初日は74kg。
あと3倍分くらいありそうとのことなので、初の200kg超になるかな?!



7年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成