「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新作できました。 | main | 二度と再現できないスリランカカレー >>

布袋さんに学ぶ、HOWTOより面白さを。

 

昨夜、寝ようとしたら、

ちょっとギターが弾ける夫が関ジャニの番組を観ていた。

普段とっくに寝ている時間帯だったけど、

布袋さんとコブクロ小渕さんが出ていたこともあり「これは面白そう!」と

結局最後まで観てしまった。

 

布袋さんの熱狂的なファンという小渕さんのギタリストならではの

トークをはじめ、ほぼ初見という映像を見て即興で音をのせるという

布袋さんの凄さに、ギターのギの字もないわたしも興味津々!

 

その中でもっとも驚いたのは、実は布袋さんは

 

「そんなにギターのコードには詳しくない」ということ。

 

一般的には、ギターに限らずなんでも「やり方」を学んでから、

曲を練習するなり、実践的なところへ向かうのだろうけど、彼は違った。

 

「だって、面白くないじゃん。俺流を貫いたってことかな」

 

何事も基礎を学ぶのは大事だけど、

もっと突き抜けたところにある「好き」と「面白い」という強い感情

彼の今をつくってる。

 

爪がボロボロになるという彼独自の弾き方、

アーム使いで女性のオペラ歌手の声に似ている音もそこから生まれた。

 

昔以上に今からはそこが大事になってくると思う。

やり方を学ぶのは(特に日本人は得意)みんなやってるし、

圧倒的マイノリティーの強さ。効率的でない、デジタルでもない、

HOWTOでもない。ほかの誰でもない布袋寅泰というブランドとカリスマ性。

 

これはミュージシャンだけの話ではなく、

ごくごく一般人のわたしたちにも同じことが言えると思った。

好きなことをやっているか?面白いことをやっているか?

HOWTOに支配されていないか?

 

布袋さんの才能は持って生まれたものも大いにあると思うけど、

一般人のわたしたちだって、ちょっとした思考と感性の使いかたで、

明日からの自分がガラリと変わるかも知れない。

 

しかし最近は、芸能人の本音トーク番組が多いね。

以前、タモさんとコブクロがスピーカーについて熱く語っていたのが面白くて、

この手の番組が増えないかなーと思っていたので嬉しい♡

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成