「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 人間の存在意義 | main | 誕生日と月 >>

脱穀はじまる

 

 

 

今年も、11/11から脱穀作業が始まりました。

「ハンナもくるくるした〜い」

と、とうちゃんの所へ行きたくてたまらないハンナ。

 

 

庭のもみじを剪定したので、そこに夫手作りの竹の風鈴を移動させました。

脱穀や唐箕作業という単調な作業の合間に、

やさしい風が吹いて、カランコロンと癒してくれます♡

 

 

今朝の様子。

脱穀はあと半分くらい。

今日は、脱穀が終わった稲を田んぼに還しに行きます。

それはまた貴重な堆肥になり、

残りや細かい藁は畑や庭にも撒き植物の保温や栄養分になります。

そして、落穂はスズメや野鳥たちのごはんにも。笑

 

 

今日と明日は、脱穀作業はお休み。

夫は朝から畑しごとをしたり、庭木の剪定をしたり。

そして今季も椎茸が育ってきた♡待ちに待ったぞい。

 

昨日の夕方来てくれたJUNKOさんとも話してたけど、

やっぱりわたしたちは、こういう作業が大好きなんだなあと思いました。

 

土を触ったり、海に入ると、身体がアースされてスッキリする。

そういえば今朝、海で観光客らしき子どもたちが大はしゃぎで、

海に向かって石を投げたり走り回ったりしていたけれど、

あの子たちも一緒だね。

ありあまるエネルギーを自然の中に放電しているんだろうな。

 

 

8年目の米づくり | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成