「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< わたしの腸内フローラ | main | 土曜日の朝 >>

膝掛け

 

 

ちょっと席を外している間に、ハンナに膝掛けを取られた(≧∇≦)

あまりにも気持ちよさそうに寝てるから起こせないなあ、、、

 

 

 

2/8(水)に配信したメールマガジンに書いた、

43歳になって思うこと。忘れないように書いておこう。

 

 

26歳でWEBSHOPとしてくるみあんをはじめて、早16年半。

実店舗は、2/4で丸13年になりました。


店主は1月下旬に43歳になりましたが、
あっという間のようで、
やはりそれなりに年月は過ぎているのだと思いました。

 

2000年の3月に越してきて、
はじめは周りに誰もいなかった糸島半島の生活も、
今では、たくさんの方々が移住してきて、
地元の方々と移住者のみなさんとワイワイ
毎日がにぎやかになりました。

 

わたしは、自分と同じ周波数を出している人を、
一瞬で嗅ぎ分けるので(笑)そんな人を見つけると、
あれこれ人を紹介したり、いろんな情報をお教えしたりして、
つい話が長くなってしまいますが、
そういう方は、不思議とあっという間に移住してこられます。

そして、その方々がまた人と人とを繋いでいく。


糸島半島は豊かな自然環境の中、
古代から大陸との交易で様々な国の人々を受け入れ、
つながる土地であったように、
今もなお、そんなパワーがあるように思います。


43歳。平均寿命まで生きられるとすれば、今ちょうど半分。

 

タイミングが合えば、物事は自然と進んでいくことを知ったし、
やりたいと思ったことは知らぬ間にやっている性格なので、
目標を立てたり、強く願ってみたり、
自分のことはもう意識してやらなくてもいいかなと思っています。

 

あと半分の人生の中で、
わたしは誰かのために何ができるだろう?

 

個人的には、ただ人と繋がって終わりではなく、
昭和の暮らしがそうであったように、
誰もが淋しさを感じない、
自分らしく生きられる、心が満たされる暮らしを
みんなと分かち合いたい。
たとえ違う周波数の人とでも。

それが「愛」だと思うし、
誰もが生きやすい、生きるのが楽しくなる世の中なのかなと、
今、そんな風に思っています。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成