「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3/30 | main | 定休日 >>

藍の用と美

 

昨日、いつもお越しくださるあるお客様と藍染の話をしていたときのこと。

本棚にある「ヨーガンレールとババグーリを探しにいく」という本に、

中国・浙江省にある藍染め工房の写真がとても印象的だったのを思い出し、

お客様にお見せしたくて、引っ張り出しました。

 

 

「きれい、、、」と発したあと、

藍の布がたなびく様子にしばらく無言になるわたしたち。

絹の藍染の巻きスカートを着ている女性のすこし日に焼けた飾らない美しさ。

この方が中国人だろうが日本人だろうがどうでもいい、

アジア人の地に根を下ろしたような強さとしなやかさを感じる美に

魅了されてしまったのでした。

 

藍は元来、中国から伝わってきたもので、

毒消しの生薬、浄化、抗酸化、解毒、消臭、作用があると言われています。

さらに糸を丈夫にするそうで、かつては野良着に使われていたのはそのため。

鎧兜にも使わていたなんて驚きです。

天然の材料と発酵に人間は少し手を加えるだけ。

昔のひとは心身で感じ知っていたのだと思いました。

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成