「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 17年の庭 | main | 巣箱2号館 >>

気配

 

自動代替テキストはありません。

 

版画のような、壁画のような、抽象画のような。

ここに好きなものが全てあると思った。

 

変わった子どもだっただろうけど、幼い頃からなぜか仏画が好き。

孔柏基さんの仏画を初めて見た時、この世でない、地球でない、

どこか遠くに行ってしまいそうな不思議な気持ちになった。

この方は、別の世界へ行き来しながら描いているとしか思えない。

孔さんが描く菩薩は気配がある。絵ではない。

 

この画集は神保町の古本屋さんで見つけて即購入(ここにしかなかった)。

表紙をめくるとご本人の直筆サインがありびっくり!

ちなみにこの方、苗字の「孔」からもわかるように、

孔子76代目の末裔なのだそう。

そして、これらの作品は敦煌の壁画の中で描かれたものだと知り、

点と点がつながった気がした。

 

 

アートひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成