「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< idea note | main | 海の季節はじまる >>

「やわらかくあること」

 

自動代替テキストはありません。

 

今日の西日本新聞朝刊の美術家 藤浩志さんの

【地域と美術のすきまのやもり】より。←おもしろいタイトル!

 

今朝のタイトルは『やわらかくあること』

世の中を見回すと、やわらかい人が夢を叶えたり、

自分の思う人生を歩んでいる気がする。

 

藤さんに前原の工房で人を介して初めてお会いしたのは、

まだわたしが20代の頃。

全く知らないわたしに、惜しげもなく作品を見せてくださったり、

これからのお仕事を教えてくださったり、なんてやわらかい方なんだろう!

(それも、とっても楽しそうに!)と感激したのを思い出しました。

 

そして、藤さんもノートを持ち歩いていらっしゃると知り、

嬉しくなりました♡(わたしのノートは書きなぐり型ですが。笑)

恐れ多くも、「びょっと動き出す」感じや「時間の質が変化する」こと、

まったく同感です!

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成