「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 時代の終焉。 | main | 7月の畑 >>

かかとの荒れと更年期を克服

 

今朝いつものように朝ヨガして、シャワー浴びて、ハンナの散歩に行く途中、

何かがおかしいと異変に気づいた、、、

しまった!下着をつけていない!ノー◯ラだ!どうりで、すーすーするわけだ!

 

でも、早朝誰もいないから、まあいっか♪と歩いていたら、

なぜかこんな日に限っている若い男子たち、、、思わず、猫背にして小声で

あいさつしてしまったよ

 

そんな夏のおばかな話はおいといて、

 

半年くらい前から、季節を問わずかかとが激しく荒れるようになり、

春は調子が良くてちょっと無理をしたら、GW明けから更年期の史上最悪な

症状がガクン!とやってきた

 

自動代替テキストはありません。

 

その時ふと目が留まったのが【杞菊地黄丸(双料杞菊顆粒)】

なぜか後からこの一連の原因が【腎(副腎疲労)】にある気がして飲んで

みたら、ものの1日でシャープに効いた

 

これはもう間違いないと毎朝1包飲んでみると、

激しい頭痛、ベッドから起きられないほどの回転性めまい、不正出血、だるさ

など、以前の不調は100%消え、なぜかかかとの荒れまで良くなった!

さらに乱視と診断されていた目のピントまでバッチリ合って、疲れ目とドライ

アイまで良くなった。

 

不思議だなーと調べてみると、やはりかかとは腎が影響するとのこと。

(そういえば、かかと周りに生殖器のツボがあるもんね!)

なにより、飲んで3〜4日くらいで綺麗になったので、その速さに驚いて

しまった。

 

日本での漢方は【症状】に対処する処方らしく、それも良いのだけど、

本場中国では【原因】に注目する。わたしの場合は後者が合っていたみたい。

漢方薬の世界は深いなあ。

 

※わたしは薬の効きが良すぎる体質なので、1日3包→1包にしています。

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成