「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ソデイカのペペロンチーニ | main | ガトーショコラ >>

リモートビューイング?

 

アメリカ陸軍とCIAとスタンフォード研究所が考えた「リモートビューイング」

とやらが15分練習すれば出来ると知りやってみた。

(この15分という手軽さがいい。笑)

 

雑誌を使ってランダムにページにあるイラストや写真を当てるのだけど、

最初の4回は大はずししかし5回目からはイメージの色や形は連続的中

夫はなかなか信じないので、夫がランダムに言うページの画像を当てると、

やっと信じ始めた。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 


画像は、夫がお題を出した坂口憲二のマクドの広告。

もちろんわたしはこの広告はまったく知らないし、この時も見えていない。

 

(↓これは本にあったやり方ではなく、わたしが閃きやすいやりかた↓)

 

・ページ数を言われたら、その数字をイメージして集中

・よっしゃ当てるぞ!ではなく、リラックスした遊びみたいな感じ

・しかし脳はそこにフォーカスしている状態

・透視したいものは近くにあってもなくてもいい(距離は関係ないみたい)

 

そして、わたしが出した答えは、

黄色か金色の丸、チョコレート色の縦模様、市松模様みたいなもの。

坂口憲二は全く出てこなかった、、、。彼のこと好きなのになぜ??

その後もやってみて分かったのは、

 

・正解率は70〜80%

・リラックスして集中できる環境にないと正解率は下がる。

・うるさい環境や気が散る場所ではできない。

・「りんご」とは分からないが、赤・丸のようなイメージで浮かぶ。

・ときどき「ヒゲのおじさんが右側を見ている」と具体的に的中する。

・印象が強いものから当てている。

・印象が弱いものは苦手らしい。

 

・・・ということは、好きなのに坂口憲二は印象が薄いのか、、、笑

 

このリモートビューイングとは、

ユングの言う集合的無意識を使うとのことらしく、

だれでも練習すれば出来るようになるのだとか。

毎日練習すれば精度は上がりそうな気がする。たぶん。

 

準備運動?みたいなものとして、やはり「瞑想」が必要不可欠らしい。

その証拠に、瞑想をやったことがない夫もチャレンジしたけど

全く何も浮かばなかったとのこと。

現代人は左脳中心の思考回路なので、最初は出来ないのが普通らしい。

 

わたしの場合、瞑想は日常のようなもので、

「瞑想とは自然や宇宙とのチューニング作業」

であると、常々思いながらやっているので、

集団的無意識に繋がりやすいのかも知れない。

プラス、日々の製作活動が右脳を開かせたのかも知れないし、

そう考えると、いろんなことが腑に落ちる。

 

しかし、なぜこんなことをしようと思ったかというと、

前にも書いたとおり、コラージュを製作するようになってから、

未来の自分を見ているような不思議な夢を見たり、

突然、頭に浮かんだ言葉の通りに動いたら、すごく良い結果になったとか、

ほかにも書けないほど、いろんなことが起こっているので、

これは偶然?それとも何??と本やネットを読み漁っているうちに、

この「リモートビューイング」にたどり着いた。

 

でも、これが出来るからといって、

米軍やCIAに就職したいわけじゃないし(笑)

かといって、何にも役に立たないわけじゃなくて、

本来、自分がめざすところに到達するためのツールになると思った。

なのでこの手のものを極めたいとは思わないし、巷にたくさんあるけど、

これらが本来の目的実現のための手助けになればいいな、と思う。

 

しかし、おもしろいね。

 

古代人は右脳中心→現代人は左脳中心→これからはハイブリッド型

 

なんのために人間には脳が2つあるかってことを考えさせられる。

福山雅治じゃないけど、実におもしろい。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成