「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 神聖な場所 | main | めでたい日 >>

神社跡で

 

 

本日定休日。

1000年前に建立され200年前までここにあった神社跡に、

今朝もハンナと一緒に行ってみた。

 

藪を払った高台に登ってみると、立石崎(海の神様)がきれいに見えた。

わたしが拾ってきた賽銭箱の隣には、ここで出土したという石灯籠の笠が。

 

場が開けたこともあり、

ここにいると時間が穏やかに流れて本当に癒される。

蜂蜜みたいな香りがする黄色い花の木の下でしばし瞑想タイム。

 

ふとGoogleの地図を見てみたら太宰府の方を向いていた。

菅原道真公がこの神社の神様だからかな。ここに梅を植えたくなるね

 

 

ここから出土した石灯籠の笠と、

わたしが以前ここに運んだ浜に流れ着いていたお賽銭箱。

 

以前はダンチクで鬱蒼としていたのに地元の男性たちが綺麗にしてくださって、

こんなに開けました。

 

いつも、この木漏れ日の下で瞑想しています。

 

このほんのりと蜂蜜の匂いがする黄色い花の木は何と言う名前だろう?

どこか菩提樹にも似ている。

 

ハンナもこの場所が大好き。

 

 

神社跡からの帰り道、ご近所さんちの秋田犬くーちゃんと遊ぶ。

ひとり海開きなハンナのそばで、まだ海は怖そうなくーちゃん。

一生懸命ハンナの穴掘りのマネをしていました

今年の夏は一緒に泳ごうね!

 

激しく飛び込み泳ぐハンナに、ボーゼンとしているくーちゃん。

 

ハンナねえちゃんのまねっこが好きなくーちゃん。

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成