「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パネル作品製作終了 | main | 高雄・台南2018.5(その1) >>

作品展がはじまりました。

 

TomokaがKomokaになっているのは置いといて、、、笑

 

 

5/10〜31まで、

林田友香作品展「時間」が台湾・台南市にて開催中です。

 

今年のお正月に開催が決まり、この4ヶ月は本当にあっという間で、

未知のものに対する恐れや不安はなかったけれど、

(これを怖いもの知らずという。のちに現地で知ることになります)

 

普段の仕事もあるので、スケジュールに余裕を持たせてはいたものの、

現地からのリクエストや、思うとおりに書けない時間も過ごしたりして、

自分自身にこんなにも「圧」をかけたのはどれだけぶりだろう、、、。

 

でも、自分を追い込むことは長期間だと疲れるけれど、

追い込んだからこそ見えたものが確かにありました。

超特大のスーツケースに詰め込んで、タイガーエア(LCC)の受託荷物制限

15kg以内におさめて自分で納品に行くという荒業?もこなし、

見た目には何にも変わっていないでしょうが、わたし自身はひと皮むけた

気分でいます。おお〜、できたぞ!と。笑

 

やりたいことは何でも「いつか出来たらいいな〜」ではなく、

「絶対やる」「絶対やりたい。なぜなら理由はこうだから」というくらい強い

気持ちや「熱量」がないと、人の心は動かないし、機会も巡ってこないと

今回思い知りました。今回、他のアーティストさんの作品展を開催したという

逆の立場もG.Wに経験したので、とくにそう思います。

 

それと、強い気持ちがないと、途中で心が折れるかも知れない。

仕事をしながら別の何かを形にするのは、体力もメンタルも根性も必要

なんだとも。根性=昭和の人間と思われるけど、やっぱり根性はいるし、

最後は根性だけで乗り切った感じさえするから。(とくにG.Wは)

 

 

 

初日の今日は17時からご来場の方々に作品についてご説明させて頂きました。

(大洞さん通訳ありがとうございます!)

地元台南の成功大学で中国語を教えていらっしゃる方や、貿易商の方、

以前台南に駐在しておられたご夫妻、書のコレクターをしておられる方など、

貴重なお時間を割いてお越しくださり、さらにはご購入まで頂き感謝の気持ちで

いっぱいです。

 

今日ご購入頂いたのは「空蝉」「東風」「糸」の3作品で、

どれも二度と同じものが書けない思い入れのあるものでしたので、

とても驚きましたし、台南の方々の書を見る目に始終背筋が伸びっぱなしでした。

 

そして今回、台南での作品展の機会を与えてくださった大洞さんご夫妻に、

心から感謝申し上げます。多謝你們

 

 

 

 

 

 

G.Wまでうちにあった作品が、こうやって台湾に飾られている不思議。

ババジの言葉はご存じの方もいらっしゃって、ご購入くださった方も。

 

 

17:00〜18:30まで、ご来場の方々へごあいさつと、

オープニングトーク(というか、全作品の説明)をしました。

事前に打ち合わせなしだったこともあり、

組み立てがへたくそで、つらつらと説明してしまい申し訳なかったです。

 

そんなわたしの説明でも、皆さま熱心に聞いて、尋ねてくださり、

ご購入を検討されている方は、その後長い時間ご覧になられていました。

 

それとやっぱり母国語ではないというハンデ。

もしどこかで次回があれば、できるかぎり現地の言葉で説明したいです。

 

 

台南マダムの皆様と一緒に。

 

 

大洞さんご夫妻に、作品展のDMを作って頂きました。

わたしも台南滞在中に知り合った方々や、ホテルのフロント、カフェ、

お買物をしたお店など、片言の中国語でDMを配って回りました。

驚いたのは、配布させて頂いた方全員がまるで自分の事のように手をたたいて

喜んでくださったこと!それになんだかじーんとして、人の温かさと、

の街の芸術に対する関心の高さを知りました。

今、自分の店には作品が殆ど無いので、DMを窓辺に飾ってみたらいい感じ。

日曜日の雨がまさに万物を潤す慈雨でした。

 

 

林田友香作品展「時間」

期日:5/10〜31

展覽“時間”將於5月10日至31日在台南市舉行。

 

 

TomokaHayashida ARTS&CRAFTS | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成